HOME   »  海外FF事情  »  念願の台湾釣行 ~Epilogue編~

念願の台湾釣行 ~Epilogue編~

読者の皆様

拙ブログの中でも全6部作の最長の釣行記となった『念願の台湾釣行』、最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

せっかくの機会ですので、数年前より台湾釣行に憧れを持った経緯を、ここに纏めてみたいと思います。

2011年夏、身近な川でZaccoを餌釣りしていた私は、なぜか久しぶりにFly Rodも持ち込んでいました。餌釣りで魚が釣れず、思わず久しぶりにFlyでも・・・と思って#16のエルクヘアカディスを何気に投じてみたら、いきなりカワムツとご対面。Zacco Fly Fishingはまさにそんなひょんなことがスタートのきっかけになりました。

その日は、実に25年以上前に購入した#5の鋼のようなDAIWAのFly Rodを使用しており、EHKに反応したカワムツはすっ飛んで来ました。その夏、何度かZacco FFに通い魚は釣れるものの、毎回とも魚が空を飛んでしまうので、Zacco専用のRodを購入しようと思い立ちました。

その頃は、“ブログを読む”、という経験が全く無く、TNKメンバーをはじめとする数々のブログの存在も知りませんでしたが、ウェブを辿ることでいくつかのブログに出逢え、そして、我が愛竿であるBlue Heron Rodsと巡り合うことができました。

Blue Heronさんから様々な情報を頂き、今のTNKメンバーのような諸先輩方のブログとも出逢うことができ、いよいよZacco FFにのめり込んで行った訳ですが、そんな中で、拙ブログにも登場したMr.Cが日本から遠く離れた英国でBlue Heronを使ってZacco FFを愉しんでいることを知りました。

そして、彼と連絡を取り合うべく始めたのがfacebook。やがてメールアドレスも交換でき、拙ブログでもご紹介させて頂きました通り、Mr.Cの侘び寂びテンカラのエッセーまでも紹介させて頂く運びとなりました。

その頃より、facebookを介して、Blue Heronさんのご友人の台湾の方々とも知り合え、台湾のFly Fishingが熱いことを知りました。Fly Fishing in Taiwanというfacebookのgroupの存在も知ることができ、メンバーとして参加させて頂くことになりました。

その後、徐々に台湾のfacebook友達も増え、昨夏には文中にも登場するCさんと日本でのご対面も果たし、Cさんと共に、EZFF (Easy Zacco Fly Fishing)というfacebook groupの設立に至り、現在は英国、カナダ、台湾、日本のメンバーでワイワイとZacco FFの情報交換を継続しています。

こんな経緯を経て今の私のZacco FFがある訳ですが、皆様も既にお気づきの通り、全ての原点には、Blue Heron Rodsの存在があります。Blue Heron Rodsと出逢わなければ、今の私のZacco FFスタイルは存在しなかっただろうと思います。

憧れの台湾釣行が実現し、台湾の地で撮影したかった写真の中から一枚をご紹介します。台日友好Blue Heron Rodsご対面の画で、右側はJさんのBlue Heronです。
台日友好BH

改めまして、このBlue Heron Rodsが齎してくれましたご縁に感謝申し上げたいと思います。

台湾釣行の初日。Cさんと共に訪れた埔里の媽祖廟にて。媽祖(まそ)は、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神を祭った寺院です。
20150427_P3_1.jpg

ここで、Cさんと共に、楽しく安全な釣行になるように祈りを捧げました。その甲斐あってか、文中にもありますように、生涯の中で忘れられない釣行となりました。

言葉はしゃべれなくても、釣り語は世界共通言語であることも、自ら身を持って体験できました。しかし、やっぱり喋れる方が断然楽しいことは間違いありません。せめて台湾語が少し読めるようになるだけでも数倍は面白くなることは間違いなく、せめてカタコトくらいは勉強してみようかという気持ちにもなりました。

台湾ではたくさんの人々の優しさに振れることができました。中でも、Sさんには本当の兄貴のような優しさで始終接して頂けました。本当にありがとうございました!!

そして・・・、この念願の台湾釣行は、Cさん、Jさん無くしては決して実現できませんでした。改めましてお二人に感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました!!

最後に・・・、台湾でお世話になりました全ての皆様の温かな御心に感謝申し上げます。本当にありがとうございました!!

由衷地感謝所有熱情接待我的台灣釣友和民眾 !!

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして・・・

親愛なる台湾のZacco ・・・ また遭う日まで!! 最後はSさんの素敵な写真で締めさせて頂きます。

20150427_P3_3.jpg 
※おまけ

台湾オイカワと日本オイカワの大きな違い・・・、それは、眼に赤いアイシャドゥがあるかないか、でした。

台湾オイカワ。
台湾オイカワ

(台湾で釣った)日本オイカワ。
台湾の日本オイカワ

瑞芳での釣行を終えて、台北市内でJさんと一緒に羊鍋をつつきつつ(Jさん、御馳走様でした!!)、このことを教えて頂きました。Jさん曰く、台湾オイカワよりも、台湾ハスの方が日本オイカワに近縁なのではないか・・・、と面白い考察をされていました。

鮎の放流と共に台湾に日本オイカワが移入したとの説が有力のようですが、真相はどうなのでしょうか? この度、国内外来魚の本を購入しましたので、まずは日本国内の状況について学んでみようと思います。





スポンサーサイト
Comment
お疲れ様でした!(色々と)
まずは、お仕事お疲れ様でした。
そしてブログ記事アップお疲れ様でした。
これだけ沢山の記事を書いて頂いたので素晴らしい台湾での日々がすごく伝わってきました。
でも、きっと実際の出来事と比べたら全然まだまだ書きたいことがあったのではと推測します(笑)
本当に人生で忘れられない素敵で素晴らしい台湾訪問でしたね。
あえて、「おめでとうございます!」と書いておきます。
パチパチ(´人`)パチパチ

いつか自分もこんな素晴らしいグローバルな出会いができたらと素直に思いました。
(コメ返信も大変と勝手に思い最後のこの記事のみコメで失礼します)
うおさん、こんばんは。
温かいメッセージありがとうございます。そして、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。 <m(__)m>
以前、釧路でアメマス釣行している時、河岸にいる釣人に、『お疲れ様です!』、って声をかけたら、ガイドの方に、『楽しいことしているんだからお疲れ様ではない!』、ってご指摘(いやお叱り)を受けました。私の場合、実はブログにアップして自分で愉しんでいるだけでして・・・(^^ゞ 
コメント返信へのご配慮も本当にありがとうございます。そんな諸々も込めて、あえてエピローグを別に書かせて頂きました次第です・・・(^^ゞ
まだまだ発展途上のFly Fisherではありますが、海外のFFを経験できる貴重な機会を得ましたので、自身への振り返りのために、六部作の記事にさせて頂きました次第です。結局、自分自身のために書いているようなものですね・・・(^^ゞ 
そんな訳で、最後まで読んで頂き、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!! 
おはようございます。

最後まで拝見させていただきました。
最初におっしゃっていた、「生涯の中でも最良の思い出の一つ」というのに納得してしまいました。
まず、いつも思いますがGreenCherokeeさんのバイタリティと誰とでも仲良くなっちゃうオーラが凄い!このご縁は何よりGreenCherokeeさんのお人柄の賜物ではないでしょうか(^^)

実に楽しい毎日の様子が文章からも写真からもビンビン伝わってきました!
このブログも何度も読み返せる宝物になりますね。

私の母が、6月に台湾の知人の結婚式に招かれています。
母が数年前の台湾旅行で出会った娘さん(超美人!)ですが、以来お付き合いが続き、結婚式に呼ばれるようになりました。
そんなことがあって台湾には良いイメージがあったのですが、今回の一連のGreenCherokeeさんのブログを拝見し、益々台湾が好きになりました(行ったことはありませんが(^^; )
台湾の方は本当に方達ばかりですね!!
Green Cherokeeさん おはようございます!

素敵なお話満載で毎回ワクワクしながら読ませていただきました。
zacco釣りは「釣り語」で繋がれるのですね(*^^)v

憧れの風景でのたくさんの記念写真も宝物ですね。
「また行きたい!」という思いはきっとまた行けることに繋がると思いマス。

僕もいつかGreen CherokeeさんのようなCosmopolitanになれるよう(「釣り語」はなんとかなりそうですが)
まずは英語からしっかり学んでいきたいと思いました(汗

こんにちは。
日本のオイカワは、元々は近畿地方の固有種でしたよね?
アジア全般に生息していたわけじゃないですよね。

それが海を隔てた台湾に、とっても近い種が生息していること自体、驚きです!
しかも山女魚と雨魚の違いよりもそっくり…不思議な感じです。

また、それを釣りに行ってしまうGreen Cherokeeさんのパワーも凄いです^^
Green Cherokee さん、こんにちは!
全6部、拝読させていただきました。執筆おつかれさまでしたm(_ _)m
念願の台湾釣行はひとつの区切りなのかもしれませんね。身近な川でのはじめてのZacco FFから始まり、Blue Heron Rodとの出逢い、TNKのみなさんとの出逢い。そしてCさん、台湾のFFのみなさんと…。
Green Cherokee さんが次はどんなステップアップされるのか楽しみであります(^_^)
co-dropさん、こんばんは。長い記事にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
私のオーラと言うよりは、極めて親切な台湾の方々に巡り合えたことが大きいようです・・・ (^^ゞ 巡り合いって人生の財産だと思っています。
お母様が台湾に!! しかも、なんと旅行で知り合った方の結婚式に!!?? これこそ巡り合いですね。何がきっかけでこんな展開になるのか・・・人生って面白いものですね!!
二度目の台湾でしたが、今後、何度も行ってみたい国の一つになりました (^^ゞ
ヤマメ愛くん、こんばんは。長い記事なのに最後までワクワク読んでくれてありがとう!!
釣り語って面白かったです。何かしゃべっているんだけど言葉は全くわからず、けど、なぜか内容がわかる(わかっているつもりだけかもしれないけど・・・)。これって初めての経験でした。(^^ゞ
僕自身、英語を真面目に勉強始めたのが既に40歳近くになってから・・・これが人生最大の後悔の一つです。
40歳のオヤジでも1年勉強すれば基本会話はできるようになるので、ヤマメ愛くんなら成人になった時はペラペラかもね~♪ 頑張ってね!!
しげさん、こんばんは。長い記事にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
本日、『見えない脅威・国内外来魚』、という本が届きました。日本魚類学会自然保護委員会編集の本です。これによると、オイカワは北陸以西~九州北部までは元々の分布、関東以東には導入された魚とのことでした。
不思議なのは韓国に日本とそっくりのオイカワやカワムツが居たこと。おまけに台湾オイカワという模様や色以外は身体がそっくりな魚が居たこと。けど、沖縄にはオイカワは居ないって言いますよね・・・
結局、元々は大陸に居た魚なのではないか・・・というのが、現段階での私の予想です。機会あらば淡水魚の学者さんに是非とも聞いてみたいですね!!
今回はまったくの偶然の仕事が入り台湾行きが決まりました。仕事が入らなくても同日に個人的に行こうと思っていました。こういう偶然も何かの悪戯かもしれませんね・・・ (^^ゞ
実は今月のJAL機内誌の浅田次郎さんの”つばさよつばさ”の中で、『王妃の館』の映画化に際して、こう書かれています。
『きっと雲の上には小説の神様や映画の神様がいらして、地上であれこれ物作りに励む人間たちを操っているに違いない。だとすると、その成果が瞭らかになればなるほど、私たちは謙虚にならねばならぬ。人間は万物において創造者たりえず、信託された者だからである』・・・
この仕事を貰ったのは浅田次郎さんのエッセーを読む前でしたが、仕事自体はかなりチャレンジングだったのですが、これは台湾で釣ってこい・・・って誰かに言われているような気がして、前向きに受けてみました・・・ (^^ゞ その結果、自分にはプラスの経験となり、次への自信に繋がるような気がしています。
Gran Lussoさん、こんばんは。長い記事にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
GLさんがおっしゃるように、一つの区切りとなる大きなイベントとなりました。次のステップへの大きなきっかけになってくれたりすると良いですね・・・ (^^ゞ
けど、次のステップって何でしょうね・・・!? 個人的にはグレーリング釣ってみたいなぁ・・・なぁ~んて (^^ゞ
お疲れ様でした^ ^
長編作、お疲れ様です。
インターネットの普及は凄いなぁ〜と改めて感じます。
同じ趣味の方とは言葉を超えてつうじ会えるのですね。
ますますのご活躍楽しみにしております。
これまでのZaccoFFの集大成とも言えるような台湾釣行でしたね。あのような規模の大きい河川でのFF、ぜひ私もしてみたいなぁと思いつつ、ヨダレ流して画像も拝見しました。
普段、私などFBでのやり取りしか出来ずにいる方々と、こうして直にお目に掛かって同じひとときを過ごすことが出来たGreenCherokeeさん、ホントに羨ましい・・・。
ジョニーさん、こんばんは。
我がジョニー印・愛竿バンブーの曲りっぷりには台湾の皆さんが驚かれていました。台湾のfacebook上でも盛り上がっていて、台湾語なので良くわからなかったのですが、竹、竹!、って漢字が飛び交っていました・・・ (^^ゞ
このGWでは良型のヤマメや、まずまず(20cm ... (^^ゞ)のイワナも愛竿を曲げてくれました。
いつも大活躍の愛竿・・・改めましてジョニーさんに御礼申し上げます!!
カチーフさん、こんばんは。
何より嬉しい発見は、国は違えどやっぱり”TNKだった”ということです。Zacco FFのノリってNKが付きものみたいですね・・・ (^^ゞ
Sさんの婚姻色韋駄天さんが入った水槽の後ろに、既にTNKの文字が見えます・・・ 気づいて頂けましたか!? (^^ゞ
・・・ということで、台湾にもTNKという呼び名を広めて参りました。TNK隊長、事後報告で申し訳ございませんでした <m(__)m>
TNK!!
SさんのTNKバッジ、気づきませんでしたぁ!
いよいよこれでTNKもワールドワイド?
盛り上がってきたところでこちらもそろそろ次回の計画を練り始めましょうかね(笑)。
カチーフさん、こんばんは。
再びコメント頂き、本当にありがとうございます!! 実は記事を書いた時、私も気づかなかったんです。自分で読み返していた時に気付いてしまいました・・・(^^ゞ
実は今回、Cさん、Sさん、Jさんの御三方にTNKバッジをプレゼントさせて頂きました。『TNKバッジ、台湾に羽ばたく』です!!
次回は夏のTNKになりそうですね!! ・・・となると、あの魚・・・!? (^^ゞ
『念願の台湾釣行』全6部作、超素晴らしい
Green Cherokeeさん、こんにちは。
『念願の台湾釣行』全6部作の完結も超素晴らしい内容でした。
Blue Heron Rodsと巡り合ってZacco FFにのめり込んで行った過程や、
Mr.Cの侘び寂びテンカラのエッセーのこと、私の中でもやっと糸が通った気がします。
素晴らしい出合いを重ねられて、次のステップへ進まれたこともよくわかりました。
グローバルにご活躍され、皆様と素敵な時間を共有して来られているGreen Cherokeeさんが羨ましくもあり尊敬しております。

釣りはトータルで楽しむものと思っております。
事前準備、往復路の様子、川の状況、釣法、魚の反応や釣果、同行者との時間共有、写真整理や原稿書き、皆様のコメント等々…
そうした諸々のことが相まって素敵な釣行記が出来上がると思います。
単独釣行では味わえない同行者の方との共有時間。
Green Cherokeeさんの釣行記にはそれらが存分に内包されているから素晴らしい!
台湾の皆様の熱き心、よく伝わってきました。
Cさん、Jさん、Sさん、EZFFでおつき合いいただいておりますが、残念ながらイマイチお顔やお名前(発音)がよくわかりませんw。
それに台湾語も…。
でもお目にかかれば釣り語で一気にわかり合える気もします。
日本に来られてご一緒できる機会がございましたら、是非よろしくお願いいたします。

台湾オイカワと日本オイカワの大きな違い・・・、それは、眼に赤いアイシャドゥがあるかないか
なるほど!これはわかりやすい。
Sさんの婚姻色韋駄天さんが入った水槽の後ろに、既にTNKの文字が見えます・・・
もう一度見直して、気がつきました。(笑)
いいね!!
numassan(さん)、こんばんは。温かいメッセージ、本当にありがとうございます。そして、最後までお読みいただき、重ねてありがとうございました!!
釣りはトータルで愉しむもの・・・おっしゃる通りですね!! 私の場合、釣り+釣行記、は既に二個一みたいな感覚になってしまいました。(^^ゞ
そして何より、やっぱり、人との輪、ですよね。何とも不思議なご縁に感謝しています。こんな不思議な出逢いは釣りを始めるまでは皆無でした。釣りを始めて本当に良かったと思っています!!
台湾でTNKバッジを付けてワイワイと釣りを愉しんでいる釣友が居るなんて・・・何だか嬉しいですよね!!
こんばんは。
たいへん遅いコメントとなってしまい、すみません。
6部作の最後にZacco Fishingのプロローグに触れながらエピローグを迎えるとはなんともにくい演出でした。
Green CherokeeさんのZaccoへの愛情、そして台湾のもっといえば各国の友人たちとの友情がドラマの大団円を迎えたように感動しました。
フライフィッシングで海外釣行といえばカナダやニュージーランドなど大型のトラウトを求めてというのが世間相場。
アジアの川でZaccoを釣るなんてまったく新しいジャンルじゃないですか。
この分野を切り開いたぐりちぇろさんに乾杯!
wind knotさん、こんにちは。嬉しいコメントありがとうございます!! そして、最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。
確かに、わざわざ台湾までZacco FFに出かけていく人って、世の中には相当少ないと思います。Blue Heronさんと私くらいかもしれません・・・ (^^ゞ
けど、Zacco FFの面白さは是非とも広げて行きたいですよね!! 
カナダやニュージーランドでの大物トラウト釣りにも憧れますが、一方で、Zaccoって居るのかなぁ・・・、興味は尽きませんね!!
GreenCherokeeさん こんにちは
遅いコメント失礼いたします。
素敵な長編釣行記お疲れ様でした。
読み終えて、余韻に浸る様な満足感と感動すら覚える気分です。
それと同時にとてつもなく羨ましい!
いつかこんな釣行がいければと遠い夢を見てしまいます。

ナシオさん、こんばんは。
長い記事なのに最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。
ナシオ印オイカワネットが国境を越え、台湾のCさんによりたくさんの愛すべきZaccoを優しく掬っている姿を私自身の眼で見て来ました。まさに感動ものでした!!
私もまたいつか訪れてみたいです。ご一緒できたら最高ですね!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク