HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  GW_2015 釣行記その② ~春の身近な里川でお花見~

GW_2015 釣行記その② ~春の身近な里川でお花見~

5月2日(土)の釣行記・・・、いや、散策記。

毎年恒例行事・・・、それは湧水豊富な身近な里川でこの時期にしか愉しめない花見。昼下がりと言うには遅すぎる午後の汗ばむ陽気の中、通い慣れた道を自転車のペダルを漕いだ。

程なくして到着したいつもの光景。河岸も水面も緑一色。相変わらず惚れ惚れとする湧水豊富な里川。
20150502_01.jpg

さて、上流に進もうか・・・
20150502_02.jpg

必ず立ち寄る小さな沢。ミズハコベが群生する。紛れもなく、この植物を愉しみにしている訳だが、決してミズハコベが花を咲かせる訳ではない。
20150502_03.jpg

途中、『夏の子供達』、を発見。季節はまだ春なのだが、川辺の子供達はいつも元気、そして、逞しく見える。
20150502_04.jpg

『もう飛び込みの季節なんだね・・・(笑)』。 良くみると女の子だった。
20150502_05.jpg

目的のポイントに到着。釣りのポイントではないので、もちろんロッドは不携帯。しばし歩いてみると、早速、お目当ての光景を発見。
20150502_06.jpg

私が勝手に命名した、『水生オオイヌノフグリ』。
20150502_07.jpg

『水生オオイヌオフグリ』は、ミズハコベとオオカワジシャの花のコラボレーションで成立する花。オオカワジシャの花弁が水辺に落ち、湧水の綺麗な川にしか生息できないミズハコベの葉の上に落ちて、このような形になる。

満開の『水生オオイヌノフグリ』
20150502_08.jpg

そもそもオオカワジシャは外来種。生命力も強く、川辺の在来植物を駆逐する勢いであることは確か。クレソンも同様の外来種だが、あくまでも個人的な感想を言えば、クレソンよりも生命力が強いような気がしなくもない。

本来は『水生オオイヌノフグリ』を見ることができない環境が理想的なのだろうが、正直、私自身もこの時期を愉しみにしている訳でもあるので、人間とはつくづく身勝手なものだと思う。そのうち、ミズハコベもオオカワジシャに駆逐されてしまうのだろうか・・・。『水生オオイヌノフグリ』は綺麗だが、毎年やっぱり複雑な心境になり色々と考えさせられる。

小さな女の子が父親とガサガサをしていた。良い光景だなぁ・・・と、しばらく眺めていた。小さな水槽にはたくさんのエビが入っているように見えた。
20150502_09.jpg

『どんな魚が採れたの?』

声をかけてみると、女の子がちょっと困ったような顔をして父親の顔を覗き込んでいる。そして、『魚の名はわからないんですが・・・』、と代わりに父親が答えた。

『ちょっと見せて貰っても良いですか?』

そう伝えると、女の子がわざわざこちらにやってきてくれた。良く見るとキーホルダーサイズのカワムツ。『へ~、カワムツって言うんですか!!』、と父親からの返事。

花見も堪能したし、元気で微笑ましい子供達も見ることができたので、更に上流側にペダルを漕いでみた。ここにもたくさんの『夏の子供達』。これぞ、川辺に住む子供達の正しい遊び方。そのうち、彼らにとってスマホやゲームより川遊びが楽しくなるような日々が来るだろうか・・・? いや、現時点で既にそうかもしれない。
20150502_10.jpg

さて、せっかく竿も持ってきたので少しだけでも・・・、ということで、この川から離れ、いつもの身近な川の上流側に降り立った。河岸の草はかなり伸びてしまい、もう歩くにはかなり厳しい状況。秋になって草を刈るまではこのあたりのポイントとはしばしお別れ・・・と思いつつ、愛竿Blue Heronと記念撮影。
20150502_11.jpg

毎年GWには大いに楽しめるのに、今年のこの川はいったいどうしたのだろうか・・・。魚が圧倒的に少なすぎるような気がする。

それでも小さなオイカワやカワムツとご対面できた。そのうち、カワムツ一尾を記念撮影。撮影中にドンピシャのタイミングでオオカワジシャの花弁がナシオ印・オイカワネットの中に落ちてきたので、そっと掴んでカワムツの横に添えてみた。
20150502_12.jpg

わずか30分未満で納竿。陽も傾いてきた中、身近にこんな素敵な川があることに改めて感謝しつつ、家路を急いだ。






スポンサーサイト
Comment
水生オオイヌオフグリ
こんばんは。
うまいこと名付けましたね。気に入りました。
場所はすぐにわかるので、時間があったら見に行きます。
Green Cherokee さん、こんにちは!
オオカワジシャの花がかわいい(^_^)
最後のカワムツ写真はナイスアイデアです。
美しく清らかな身近な川ならではのシーンですね。
Green Cherokeeさん、こんにちは。
私もまさに今日、行ってきました散策に。それも夫婦でチャリンコで、もちろん竿不携帯。
竿持っていると妻をほったらかしにすること間違いなし!ですから(笑)
妻も綺麗な川〜っと喜んで二人でiPhone撮影しまくり。
冬場の風景しか知らないので、一面に草で覆われた風景は新鮮かつ緑が眩しい。
水辺では家族連れが声を上げて水遊び、ワンコもはしゃいでいました。
湧き水源流域も散策の人が数人。コンビニの菓子とコーヒーでゆったり休憩し帰宅。
あっ、そうそう。
明日のNHK BS3の確か11時からの火野正平の自転車の旅では、この川沿いを走るシーンらしいです。日本全国を巡るこの番組、好きでよく見ます。よろしかったら是非どうぞ!
こんばんは。

いい!とってもいいです!
友達と飛び込みをしていた子、ガサガサをお父さんと楽しむ子、なんていい光景なんでしょう!!
そして、声を掛けるGreenCherokeeさんもい~い!
本当に良い記事を読ませていただいた気持ちです。
ありがとうございました。
kuromeさん、再び、こんにちは。
是非見に行ってみてください。そして、kuromeさんのカメラワークで是非撮影してみてくださいね!! 長靴持参を忘れずに・・・、もしくは、サンダルでじゃぶじゃぶも気持ち良いですよ!!
Gran Lussoさん、こんにちは。GW中はたくさんお世話になり、本当にありがとうございました!!
どういう訳か、デジカメを構えている最中にオオカワジシャの花弁が落ちてきまして、思わず魚の顔の近くに置くことを思いつきました・・・(^^ゞ
numassan(さん)、こんにちは。
今日、TV見ました!!素敵な番組を教えて頂き、誠にありがとうございました!!
我が家近郊の見慣れた風景ばかりでとても愉しめました。AM11:30からの番組では、まさに拙ブログの過去記事で辿った道そのままでした・・・ (^^ゞ この番組をきっかけに、この川を好きになる人がもっと増えると良いなぁ・・・と思います!!
co-dropさん、こんにちは。嬉しいコメント、本当にありがとうございます!!
都心近くの湧水豊富な川、子供達が遊び親しむ川・・・、この奇跡のような川を是非散策してみてくださいね!! きっと、思わずニコニコと微笑んでしまうようなシーンをたくさん見ることができると思います!!
こんばんは。
自分はいつも魚いるかな?目線で川を見がちです。
でも、グリチェロさんの目線は流石植物(自然)フェチですね(笑)(誉め言葉のつもりです)
「最近の若いもんは」のセリフは紀元前から使われてるそうですが、なかなかどうしてまだまだ子供たちは今も昔も元気一杯ですね。
この季節、自分もnumassanさん同様初めて迎えるシーズンです。色々妄想が膨らみます!
釣り+α、今後もよろしくお願いします!
うおさん、こんばんは。コメント遅くなり申し訳ありません・・・ <m(__)m>
そうなんです・・・(^^ゞ 釣りをしていても地面や木の上ばかり見てしまいます・・・ (^^ゞ
川で遊ぶ子供達は今も昔も変わらないですよね。何より都心近くなのに身近にそういう場所があるなんて素晴らしいです!!
釣り+α、これからもたくさん一緒に愉しみましょう!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク