HOME   »  渓流FF  »  GW_2015 釣行記その⑤ ~完結編~

GW_2015 釣行記その⑤ ~完結編~

5月6日(水)の釣行記。GW_2015完結編。

前夜後半はかなり良いペースで甕に入った泡盛を飲み続け、いささか二日酔い気味で目覚めた朝。めざましは朝5時にセットしていたが、結局起きたのは6時過ぎだった。もちろん、イタチョーは深い眠りの中。できるだけ物音を立てずにそっと別荘を出発。

朝の爽やかな空気の中、窓を全開にして愛車・緑チェロキーで通い慣れた道を走る。林道脇に車を止めて歩き始めた。至る所に花を咲かせているウツギ。混生しているフジの葉が朝陽を浴びて輝いている。
20150506_01.jpg

クマ出没地帯を歩くので今回から秘密兵器を導入。100均ショップで購入したオモチャのピストル。フライベストの中に8連発の火薬もいくつか装備。気持ちは遠慮がちに、音だけは盛大に、パンパンッ!!、と2発鳴らしてみた。
20150506_02.jpg

竿をセットしフライを結んで、いつもはまずは塩で身を清めてから入渓するのだが、この日はそれを怠った・・・いや、入渓してから行うつもりだった。極めて何でもない入渓路の岩を注意して越えたつもりだったのだが、どういう訳か派手に転んでしまった。足元にあった小さな岩で右膝を強打。ウェットゲーティングだったが、Little Presentsのウェットゲーターが膝を守ってくれたのが不幸中の幸い。

しかし、人間50歳近くになるとしばらく痛みから遠ざかっているので、この手の痛みには滅法弱い。近くの岩に腰かけて、膝をかかえたまま痛みが治まるのを待った。その間にポケットからお浄めの塩を取り出して、身体の周りにパラパラと撒いた。

まだ結構痛いが、何とか釣りをできる状態だったので釣行開始。膝を曲げられないので、せっかくのポイントも立ったままでフライを投じた。一か所目の第一級ポイント、こんな状況にも関わらずいきなり良型が反応してくれたが、あえなくバラしてしまった・・・

続いての第一級ポイント。反応が無いなぁ・・・と思いつつ、何度かフライを投じていたら、いきなり水しぶき。まずまずのイワナが顔を出してくれた。
20150506_03.jpg

早速、観察水槽に入れて、お顔を拝見。正面から見ると結構カワイイ顔をしている。『狭いよ~、早く出してよ~』、と言っているようにも見える・・・
20150506_04.jpg

口を閉じたところ。無言で、身柄の解放を懇願しているようにも見える。
20150506_05.jpg

脂鰭を観察。脂鰭という命名に思わず、なるほど・・・と頷く。
20150506_06.jpg

ジョニー印・愛竿バンブー、AMIYA印・渓流ネット、そして、Nさん印・観察水槽のセットで記念撮影。
20150506_07.jpg

膝がだんだん痛くなってきた。安全第一、勿体ないこと極まりないが、この一尾で納竿を決意。昨夜、イタチョーが持たせてくれた“鮎飯”のおにぎりを頬張り退渓。
20150506_08.jpg

ゆっくりゆっくり歩きつつ、膝を守ってくれたウェットゲーターを撮影。
20150506_09.jpg

ようやく車にたどり着いて安堵。林道近くの決して険しい渓流ではないが、こんな渓流でも単独行で怪我をして身動き取れなくなったら命取りになることを再認識した。

イタチョー宅に帰還するも、『あれっ?めちゃくちゃ早いですね・・・』、と開口一番に言われる。痛い足を引きずって家の中に入り、まずは鮎飯の御礼を述べた。

せっかくここまで来たので、お気に入りのカフェに行かずして帰る訳にはいかない。びっこを引きつつお店に到着。イタチョーとコーヒーをお代わりしつつカフェ・ママさんとおしゃべりを続けていると、とある話題の時にママさんが昔の地図を持ってきてくれた。
20150506_11.jpg

なんと昭和42年発刊。私はまだ2歳。
20150506_14.jpg

もちろん、関越自動車道もない。
20150506_12_2.jpg

その後、村の歴史に関するプリントなども持って来て頂き、色々と話が盛り上がった。

カフェを後にし、膝が激痛状態になってきたので、イタチョーを別荘に送り届けた後はそのまま帰宅。帰宅後もとにかく膝が痛くて身動きとれず、そのまま中途半端に寝入ってしまい中途半端な時間に起き・・・、翌朝からの社会復帰のためにダラダラとメール処理などに時間を費やした。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

天候にも恵まれた2015年のゴールデンウィーク。7連休のうち5回は釣行(うち1回は散策メインだったが)でき、大好きなZaccoにも、そして、2015年の渓流解禁釣行で初ヤマメ&イワナにもご対面でき大満足。まさに、“無事に社会復帰できるだろうか・・・”、と自ら危惧する程に釣り三昧の楽しいゴールデンウィークになった。

最後の最後で膝を痛める・・・というオチが付いてしまったが、翌日の鹿児島出張は極めて辛かったものの、その後わずか数日で完全治癒。

今頃アップできたGW_2015全・釣行記・・・、最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。



スポンサーサイト
Comment
Green Cherokeeさん、おはようございます。
いやいや、お忙しい中でしかも別件の合間に5回も釣行とは流石です(笑)
かなりリフレッシュ出来たようで、良かったですね。
お祓い前の膝強打はちょっと他人事じゃないです。大事に至らずこちらも良かったですね。
GreenCherokeeさん こんにちは

GW中かなり精力的に釣りされてリフレッシュされた様で何よりです。
さすがにしばらくは完全な社会復帰は無理ですね(笑
大ケガにはならずに済んだ様ですが、膝のお加減はいかがでしょうか?
油断大敵、私も気を付けようと思います。
Green Cherokeeさん、こんにちは。
素敵なGWの完結編で思わぬアクシデントでしたね。無事に治癒されたそうで良かった。やはりお清めを怠ったのが災いしたのでしょうか…。
いつもと違うと大事なモノを忘れたり、ハプニングに遭遇、私もあります。
もうウエットゲーターなんですね。私のも同じリトプレのそれです。足元軽快で気持ちイイ。
釣れたらさらに大満足ですね。
渓流での観察水槽、やはり魚が美しく撮れてます!
うおさん、こんばんは。
先日は初イワナ、おめでとうございます!! 思いもよらぬ超偶然の出逢い・・・感動を通り越して思わず笑ってしまいました・・・ (^^ゞ
私は年に数回しか渓流釣行しないので、1回の釣行はとてもとても大事なのですが、自分の不注意でその大切な一回をほとんど棒に振ってしまいました・・・
以後、しっかりと気を付けたいと思える貴重な経験になりました。 (^^ゞ
ナシオさん、再び、こんばんは。
社会復帰できないくらいに、GWは愉しんでしまいました。いざ仕事に戻ると強制リセットされる日々ですが・・・ (^^ゞ
お蔭様で膝は完全治癒ですが、大事な釣行を棒に振ってしまいました。以後、しっかりと気を付けたいと思います。
numassan(さん)、再び、こんばんは。
決して険しくはない渓流ですが、ちょっとした怪我は命取り。良い経験になりました。
ウェットウェーディング、とても気持ち良かったです。最初はちょっと、”うぅ・・・っ”、と思いましたが、すぐに慣れて、結局は陽が昇る頃には快適そのもの・・・、これは癖になりそうです。(^^ゞ
GLさんとの渓流釣行の時、人生初の観察水槽の中のヤマメに惚れ惚れしました。初イワナも思わず見惚れてしまいました。
願わくば・・・観察水槽に収まりきらないような渓魚を釣ってみたいものです!! (^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク