HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  雨後のY川釣行記

雨後のY川釣行記

7月21日(土)。酩酊して帰宅した深夜には強い雨が降っていたが、今朝、目覚めた時は何とか雨も上がっていた。

いつもの朝錬のために、朝8時に息子をグランドに送り届け、再び迎えに行くまでの約3時間、Y川に向かってみた。Y川に向かう途中にK川を覗いてみたら随分と増水していたが、水は透き通っていた。この調子なら、Y川は笹濁り程度か・・・、と予想しつつ、いつもの通い慣れた道を進む。

Y川のK橋に到着したのは8:30頃。Y川は予想通り、増水&笹濁り。いつもの通り、mihiro100均special #18を結んだ。大きめの針で目指すは韋駄天さん。

K橋付近には、既に、餌釣り師数名が竿を振っていた。皆さんの邪魔にならないよう上流側に向かうが、カワセミ狙いのカメラマンが一人、堰堤近くに陣取っていたので、そのままスゴスゴと下流に向かう。しかし、増水のため、流れは速く、過去実績ある場所にウェットを流すも、全くアタリなし。

場所換えしようかな・・・と思っていた矢先、再度、上流側を覗いてみたら、カメラマンの姿が無くなっていた。ならば、やっぱりいつもの実績ある場所で竿を振ることにした。

増水のため、いつもより広い範囲を流してみたところ、幸先良く小型のオイカワをゲット。その後も同じようなサイズがどんどん続く。流す度にアタリがあるが、針が大きいためか、乗る確率は高くない。

そうこうしているうちに、強めのアタリが。釣れてきたのは、良型のオイカワ。ヒレがピンと伸びて美しい。
20120721_02.jpg

オオカワジシャを枕にパチリ。
20120721_01.jpg

いま一つ、身体の色がうまく出ないので、角度を変えて撮影してみた。
20120721_03.jpg

オイカワを流れに優しく戻し、再びキャスト。しばらくすると、さっきより強いアタリが。
20120721_05.jpg

姿を見せたのは、かなりメタボなお腹をしたカワムツ。
20120721_06.jpg

オイカワと比べると、口の大きさが全然違う。注意深く見ると、追星が出ていた。
20120721_07.jpg

実はこの直後に、婚姻色の綺麗な更に大きなカワムツが釣れた。オレンジ色が綺麗な魚体だった。同じオオカワジシャのベッドの上に置こうと魚を寄せていた時、元気に暴れてそのまま去っていった・・・ 撮影したかったのに残念・・・

ウェットではそこそこ釣れたし、この後、ドライを結び続行。結果、小型が4匹かかったが、すべてが手元でAuto Release・・・ 実は、今シーズンに購入したばかりの偏向グラスのレンズ?を固定しているネジが脱落し、フレームから外れかかっていて、結局、裸眼のまま最初から釣りをしたのだが、あまりにフライが見え難くて、あっという間にドライを断念。

その後、少し散策を楽しんだ。今まで見たことがないアングルからY川を観察。
20120721_08.jpg

20120721_09.jpg

20120721_10.jpg

気持ち的には、もう納竿かな・・・という状況で、今夜のツマミ用にクレソンとオオカワジシャを収穫。春先に美味しそうな芽を出し、Golden Weekあたりに伸びきり、そしてまた今頃、こんな感じに美味しそうなサイズに育つ模様。
20120721_11.jpg

よくよく見ると、岸際から湧水がこんこんと沸いている。その水路に沿って、美味しそうなクレソン。
20120721_12.jpg


その周辺には、至るところに美味しそうなサイズのオオカワジシャ。ちなみに、これで、美味しそうな部分を摘んだ後の姿。根こそぎ採取してしまうと自分も他人も次が楽しめない。
20120721_13.jpg

クレソンもオオカワジシャも外来種が故、自分の中でも微妙な気持ちなのではあるが・・・美味しい野草は積極的に楽しんで良いと思う。スーパーで購入したクレソンは、せいぜいステーキの横に添えるくらいだと思う。Fieldで摘んだクレソンは大量が故に、お浸し、ゴマ和え、パスタに大量に入れて美味しく楽しめる。

さて、そろそろ息子の迎えに行くために時間切れの頃。最後の5投だけ、と決めて、ウェットを流してみる。たまたま上手く行ったもので、5投目に、”良くぞ咥えたなぁ・・・”、というサイズのオイカワをゲットして終了。魚はそのままリリースしたが、お気に入りのオオカワジシャのベッドを背景にこんな撮影もオツかも、と思いつつ記念撮影。
20120721_04.jpg

昨日、仙台のダイソーで虫除けリングなるものを購入してみた。夏の釣行ではかなりの確率で蚊に刺されるので・・・このカラフルなゴムのリング、果たして利くのかどうか・・・
20120721_14.jpg


ちなみに、道具を取り出す度に、独特な匂いが鼻を刺激する。今日は涼しかったせいか、一切、虫が寄って来なかったのだが、この夏が終わるまで、しばらく試してみようと思う。蚊に利かないばかりか、返って、釣果に悪影響しないと良いのだが・・・
スポンサーサイト
Comment
へぇ、ダイソーの虫よけリングね。一度試してみようっと。
こちらも結構虫には悩まされるので。
カワセミカメラマン、さっさとどいてくれてよかったね。
きっと出現しなかったんだろうね。出現したらずっと居座るだろうからw
そらまめさん、おはよう。
リング、是非試してみて。結構キツい匂いがするけど・・・

カワセミカメラマンさんが一人でも居る時は、遠慮するようにしています。カワセミが居るところは魚が居るところ。場所的にはお互いに競合してしまうのだけど・・・お互いに気持ち良くありたいものね。
 おはようございます。

 クレソン、チシャの間から顔を出しているなんて愛嬌があります。
 こちらの川にはこんなに水草が生えているところはありません。
 街中を流れる川でありながら豊かさを感じます。
 やはり湧水の高架かなと思っています。

 先週から目の中がゴロゴロして変な感じでしたが、者もらいらしく瞼が晴れてきて昨夜は膿と血がドロドロ出て金した。
 足も小畑川から帰って3日目から腫れてきました。
 糠蚊に刺されたようです。

 調子に乗って短パン、半そで、スリッパで川に入ったからかもしれません。
 小畔川では問題ないのですが、どんな生物がすんでいるかわからないので注意が必要と高い十ぎゅ量で教えられました。

 Y川、k川でもご注意ください。
jetpapaさん、おはようございます。

湧水のお陰なんでしょうね、きっと。外来種とは言え、クレソンやカワジシャの緑にはいつも癒されています。

(我々のような・・・)酒飲みの血はきっと美味しいんだと思います。私はとても蚊や虻に刺されやすく・・・この夏は、ダイソーで買った虫除けリングの効果を期待してみたいと思います。

いま新幹線で移動中ですが、ほんの一瞬とは言え、小畑川や芥川(・・・と思われる川)を車窓から見るのが、最近の楽しみになりました。ちなみに、今夜はミナミか新地あたりで顧客と食事予定です・・・
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク