HOME   »  出張ネタ  »  Paris 散歩 ~後編~

Paris 散歩 ~後編~

5/23(土)のParis散歩、後編。

Cafeでの小休止を終えて散歩再開。サンジャン・バティスト・ド・ベルヴィル教会(Église Saint-Jean-Baptiste-de-Belleville)を臨む。
20150523_P2_01.jpg

せっかくの機会なので中に入って見た。室内の空気はキリリとヒンヤリ。ステンドグラスが美しい。教会の周りは新婚カップルを囲んだ人の山だった。
20150523_P2_02.jpg

お洒落な看板。隣は何だか美味そうな和食屋だった。
20150523_P2_03.jpg

今回の新発見。ParisにはGran Lussoさんの愛車であるC4 ピカソがたくさん走っていること!!ちなみに、この光景もParis名物。ここから車を出す時は前と後ろの車にバンパーをぶつけつつ、無理やり少し移動させる。バンパーなんて、本来はぶつけるためにあるものであることを再認識する。
20150523_P2_04.jpg

Parisに存在しないものの一つ。それはタバコの自販機。タバコ屋は昔ながらにお店を営んでいる。先に昭和40年代の日本地図をアップさせて頂いたことがあったが、この頃はタバコ屋が街の目印になっていた。日本ではもうほとんど忘れ去られた光景の一つ。
20150523_P2_05.jpg

少しのスペースでサッカーに嵩じる少年達。
20150523_P2_06.jpg

この子達が通っているのだろうか・・・ すぐ近くの小学校。
20150523_P2_08.jpg

今回の散歩のメインの目的地の一つ。ビュット・ショーモン公園(Parc des Buttes-Chaumont)。Butteは小さな丘を意味する。約25haの面積を有し、パリの緑地としては、最大規模のものの一つらしい。
20150523_P2_09.jpg

坂を降りて行くと池がある。カップルや子連れ家族で賑わう公園。
20150523_P2_10.jpg

皆、思い思いにくつろいでいる。
20150523_P2_11.jpg

一通り公園を散策し、メトロでSaint-Germain-des-Prés(サンジェルマンデュプレ)へ。駅を出てすぐの教会を臨む。ここには、Fragonardという素敵な香水のお店がある。釣友のM氏や家族にお土産を購入。
20150523_P2_12.jpg

その後、徒歩でCathédrale Notre-Dame de Paris(ノートルダム寺院)へ。ちょうど17時の鐘が鳴る頃だった。
20150523_P2_13.jpg

すっかり歩き疲れ、Velibというレンタサイクルを利用することにした。借り方が良くわからず戸惑っていると、写真の女性が嫌な顔を一つも見せず懇切丁寧に教えてくれた・・・ 感謝感謝!!
20150523_P2_14.jpg

セーヌ川の橋の手前にて。自転車のカゴにはFragonardの袋。
20150523_P2_15.jpg

慣れない右側通行だったが、自転車専用のレーンは有難い。セーヌ川に沿って心地良くペダルを漕ぐ。
20150523_P2_16.jpg

途中、セーヌ川に降りることができる道を発見。ちょうど、Vedettes du Pont Neuf(セーヌ川クルーズの船)が通り過ぎた。
20150523_P2_17.jpg

Bastille(バスティーユ)広場の記念柱を臨む。
20150523_P2_18.jpg

ホテルに戻り、重いスーツケースを引きずりつつ空港へ。全くマヌケな話だが、何故かボーっとしていてワインを一本ハンドキャリーしてしまい(機内への液体の持ち込みは禁止!!)、当然ながら荷物チェックでアウト。既に出国後なので没収されてしまう。大切な先輩へのお土産だったので、『ならば再入国します!』、と告げ、まるで強制送還されるような扱いで長い道程を戻った。イミグレの担当者はとても怪訝な顔でスタンプを捺してくれた。お蔭で、私のパスポートには、フランス入出国で同日のスタンプが・・・(笑)

夜便でもあり長い散歩の後でもあったので、機内では爆睡。一応、マスクをしてみたのだが喉の痛みは最悪に・・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

以上、Paris散歩でした。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。








スポンサーサイト
Comment
こんばんは。
仕事柄、街並みとか気になってしまうのですが、パリって素敵な街ですね!
上手く言えないのですが、東京にはないものを感じました。

PS.もう少し長く滞在されていたら、フレンチオープンも見られたかもしれませんね^^
Green Cherokee さん、こんばんは!
気を遣っていただいて、C4ピカソを紹介してくれるなんて感激です!日本でシトロエン乗ってるって言ったらたいがい変人扱いされる(汗)けど、やっぱり本国のシトロエンはステキですね。そんなシックな街並みを颯爽と自転車クルーズするGreen Cherokee さんのお姿を想像しながら、あまりに美しいParisの街の写真にうっとりです(^^)
こんばんは。
すっかりパリを散歩したような気分になりました。
日本ではいまやタバコはコンビニで買うものになってしまいましたが、パリではタバコ屋で買うのですねw
いいなと思ったのは公園の池の対岸にある東屋のような建物のある崖の風景。
指輪物語なんかに出てきそうですてきです。
しげさん、こんばんは。
普通のアパートが実はものすごく昔の建物だったり、普通の街のレストランが実はピカソやサルトルが通っていたり・・・、そんなことが普通に溢れている街ですよね。
テニス好きのしげさんですから、近い将来にフレンチオープンとか生で観れると良いですね!!
wind knotさん、こんばんは。
ご一緒にお散歩頂きましてありがとうございました!! (^^ゞ
パリでは・・・いやフランスでは、タバコはおばちゃんから手渡しで購入するアイテムのようです。鮨屋のカウンターじゃないですが、何だか温かみがありますよね・・・(^^ゞ ちなみに、その分かなり高価みたいですが・・・(いや、単に税金が・・・)
この公園、元々は採石場だったそうです。崖の上の東屋は何なのかわかりませんが、何気に絵になる光景ですよね。
Gran Lussoさん、こんばんは。
実は、C4ピカソを絶対に記事に入れようとParis滞在中からずっと想いながら、数あるピカソの中で一番良さげなものを選びました!!ピンクリボンがちょっとかわいいピカソちゃんでした。(^^ゞ
ピカソにもいろんなタイプがあることを改めて知りました。街を歩きながらピカソ探してキョロキョロ・・・、初めての経験でしたが面白かったです。あっ・・・ちなみに、XJも一台だけ見つけました。Parisにも物好きっているんですね・・・ (^^ゞ
レンタサイクルは初めてでしたが、良い発見でした。次回は迷わずいきなりペダルを漕ぎたいと思います。
Green Cherokeeさん、こんにちは。
素敵な散策記でした。
「パリの散歩道」の曲が浮かびましたよ。少し哀愁ありすぎ?
小学校のウッディなエントランスがオシャレですね。ちょっと覗いてみたい気分。
自転車の活用が定着してるようですね。表示のサインも分かりやすく、2車線もある。車は減り、環境にも配慮され、健康的。そして街の観光者にも有難い。
numassan(さん)、こんばんは。
散策記にお付き合い頂き、ありがとうございました!!
ウッディ―な小学校、私もついつい中を覗いてしまいました・・・(^^ゞ
Paris自体は小さな街ですし、自転車があれば簡単に一周できます。過去15年くらいの間にあちこちに宿泊しました。次のチャンスがあれば、ヴェリブで昔に訪れた道を辿ってみたいと思います。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク