HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  FF人生初の雄ハスとの出逢い ~心癒されるポイントにて~

FF人生初の雄ハスとの出逢い ~心癒されるポイントにて~

毎度、遅れ馳せながら、今更のアップ。
既に、Gran Lusso(GL)さんナシオさんmihiroさんのブログでもご紹介されていますが、4人で和気藹藹のZacco FF釣行記です。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

5月31日(日)

ひょんなことがきっかけで4人での釣行と相成った。mihiroさんの車一台でワイワイと行く予定だったのだが、私が午後に野暮用ができてしまい二手に分かれて行くことなり、緑チェロキーの助手席には、相変わらずチェロキーを熱く語ってくださるGLさん。愛車をチヤホヤして下さる希少な方なので、ハンドルを握る私の心もホクホク・・・

ポイントに到着したのはAM5時過ぎ。先着のナシオさんとmihiroさんは既に竿を繋ぎ、まさに出撃というタイミング。私は河岸の二人を眺めつつ、まずはオニギリを頬張った。

この日のmihiroさんのロッド、まさに、“びゅーっ!!”、という擬音が相応しい程に、ラインが遠くに飛んでいく。そして、瞬く間に大型のオイカワをゲット。早速、ナシオさんも近づき、その驚きの大きさに思わずメジャーを添えられていた。なんと18cm!!
20150531_01.jpg

いよいよ私もウェットを結び、第一投目でいきなりの反応。今回はハス狙いなので、AMIYA印・渓流ネットを持参。相対的に小さなオイカワ見えるが、それでもいつものHome Riverなら、かなり嬉しいサイズ。
20150531_02.jpg

皆でハスのポイントに移動しようということになったのだが、途中のポイントで思いがけずハスを発見してしまったmihiroさんが、我慢しきれずに竿を振り始めた。すると・・・当日一尾目のハスとご対面。さすがハスプロ(?)mihiro師匠。
20150531_03.jpg

結局、他の二人も同様の場所で竿を振り始めたので、私は少し下流のポイントに戻りウェットを流していたところ、再び強めのアタリ。もしや、韋駄天さんか小型のハスか・・・と期待してラインを手繰ってみたら、なんとウグイ。思わず、『ウー様、ご無沙汰です・・・』、と口に出してしまった。ちなみに、長野県が故郷である私にとってウグイは高級魚。決して、“ウグイなんて・・・”、などと言ってはいけない。
20150531_04.jpg

『空飛ぶウグイ』、念願達成。
20150531_05.jpg

愛竿Blue Heron #1_7pc、AMIYA印・渓流ネット、Nさん印・観察水槽のセットで記念撮影。
20150531_06.jpg

さて、皆でポイント移動。途中に浅瀬を渡ったのだが、少し砂地になっているので様々な魚が面白いように観察でき、大好きなヨシノボリやカジカを眼にすることができた。

そして、何だか心休まる桃源郷のようなポイントに到着。GLさんとmiihiroさんはハスの一級ポイントに真っ直ぐ向かったが、ナシオさんと私は手前の素敵な光景の緩い流れの中でのんびりまったり。私はドライフライに結び換え、”素敵なところだなぁ・・・”、と呟きつつ、心地良く竿を振っていた。ちなみに、そんな流れでも、かかってくるオイカワは良型ばかり。時折、ハスが大きな波紋を作っていた。

一方で、GLさんはオイカワ連発、mihiroさんも極めて調子良くハスを掛けているようで、時折、遠くから歓声が聞こえる。いよいよナシオさんもハスポイントに移動されたので、しばらく経ってから後を追ってみたら、なんと、ナシオさんのBlue Heronが恐ろしい程に曲がっている・・・、しかも、リールファイト中!!
20150531_07_m.jpg (mihiroさん撮影)

格闘の末に上がってきたのは良型のハス。ナシオさんお手製のネットにはハスが大き過ぎたようだが、それはそれでご愛嬌。ナシオさん、おめでとうございます!!
20150531_08.jpg

私もポイントを譲って頂き、ハス用のフライに結び換えて挑戦開始。お勧めのポイントを何度もトライしたが、どうにもフライを咥えてくれない。『何だかダメみたいだね・・・』、と告げて、下流に移動させて頂いた。しかし、そのすぐ後に同じポイントを攻めたmihiroさんには、何故かハスがかかる・・・。圧倒的にテクニックに差がある証拠。

そんな私でも、ようやく何だか経験したことがないような強いアタリを感じた。反射的に竿を立てると、これまた今までに経験したことが無いような強いヒキ・・・

愛竿Blue Heron #1が今までに見たことがないくらいに曲がる。魚とファイトしつつ、『あっ、この竿、これ以上は曲がらない・・・』、と初めて認識した。そうとなれば、竿のコントロールとラインを巧く調整するしかない。余ったフライラインを巻き取り、お恥ずかしながら、生まれて初めてのリールファイト。そして生まれて初めて、リールからフライラインを魚に引っ張り出された・・・

何とか魚は浮いてきたのだが、なかなかこちらに寄ってこない。ならば・・・リールを巻きつつ、自分から魚に近寄っていった。そして、竿を立てつつ魚の下流側に回り込み、ようやくネットイン。この瞬間をナシオさんが撮影してくださっていた。
20150531_09_nashio_san.jpg (ナシオさん撮影)

実は昨年もポツポツとハスを釣っていたのだが、その時の竿はBlue Heron #3。リールファイトなどをせずに、そのまま愉しく曲がる竿に魚を委ねつつラインを手繰り寄せるだけで、魚を手元に持ってくることができた。しかし、やはり#1は別物・・・ Fly Fishingを始めてから、最も長く魚と格闘した時間だったと思われる。

すっかり愉しませてくれたオスのハス。実は今までのFFではメスばかり・・・、オスのハスは生まれて初めてだった。ナシオさんがメジャーを充ててくださったところ25cmくらい。私にとっては超大物。
20150531_10_mihiro_san.jpg

手のひらで大きさを感じてみた。
20150531_11.jpg

ここで一つ、あえて反省を記録に残させて頂きたい。ネットの上でしばらく横たわっていたハス。魚を横たえてしばらく撮影する時は必ず口が水面に入るように気を付けているのだが、何故だかハスの口の動きが鈍くなってきた。試しに、魚を水の中にすっぽりと浸けてみたのだが、ほとんど動かない。

『これはまずい・・・』

すぐさまネットから魚を出して、石の段差から白泡が立つ水流のある場所で、魚の頭を上流側に向けて魚体を手で優しく支えつつ5分間くらい待ってみると、ようやく自力で泳ぎだしてくれて安堵。そっと手を離してみると、そのままゆらゆらと静止していたので、超久しぶりに水中撮影に挑戦してみた。今一つの構図で終わってしまったが・・・・記念に一枚残しておきたい。その後は元気に深みに戻って行ってくれた。
20150531_12.jpg

ハスは顔の見かけに因らず、意外にも弱いらしい・・・。 皆様もお気を付けください。

午後から所用があった私は、そろそろタイムリミット。当日のガイド役で控え目に釣りされていたGLさんも、対岸で良型オイカワを連発されている。
20150531_13.jpg

私も反対側の岸から良型オイカワを一尾追加。これにて納竿を決意。
20150531_14.jpg

最後に、全タックルとオイカワを記念撮影。
20150531_15.jpg

まさに、“後ろ髪を引かれる思い”、とはこのことか。皆様に御礼を述べ、独り寂しくも今しがたまでの至福の余韻に浸りながら車に戻った。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Gran Lussoさん、ナシオさん、mihiroさん

先日は本当にありがとうございました。心癒される素敵なポイントで、お蔭様で人生初のオスのハスにも出逢うことができました。本当に素敵なポイントでした。末永く大切にしたいと心から思います。

またご一緒ください!!


スポンサーサイト
Comment
こうでなくっちゃ
こんな釣りをしていると他の釣りが物足りなくなりますね。
初青不動おめでとうございます。
jetpapaさん、こんばんは。
ここのオイカワに見慣れてしまうと、我がHome Riverのオイカワが極小に見えてしまいます・・・ (^^ゞ けど、どちらも大好きなんですけどね!!
初・青不動様、貫録十分でした。なぜかこのポイントは雄の割合が多いです・・・というか、雄しか釣れないような・・・ (^^ゞ
GreenCherokeeさん こんにちは
いやー、楽しかったですね。
GreenCherokeeさんは短時間だったのが残念ですが
ここの魚の大きさに圧倒されて大満足でした。
このあいだの釣行もこの次もと楽しみがつきません。
また、釣りなのか?食事なのか?遊びましょう(笑
Green Cherokeeさん、こんにちは。
「何だか心休まる桃源郷のようなポイント」、まさにそうですね。
よくぞ見つけてくださった!
Nさんに感謝です。
釣れる魚は良型多く、それもでっぷりと幅広ときて、BlueHeron #1は面白かったことでしょう。オスのハスは私が釣ったのもほぼ同サイズ、やはり#1だったので堪能できました。
撮影を楽しんでいて、あれれなんかハスおかしい?やっぱり弱っていました。全く同じ体験をされたんですね。以後、気をつけたいと思いました。
ナシオさん、こんばんは。
”ここの魚の大きさに圧倒され・・・”、まさにおっしゃる通りです。遺伝子からして違うのでしょうか・・・、何とも不思議ですよね・・・ (^^ゞ
次回も五感をフルで使って楽しみましょうね!!
numassan(さん)、こんばんは。
Nさんには感謝感謝です!! よくぞ見つけてくださった!! だからこそ、末永く大切にしたいポイントですよね!! 
BlueHeron #1で25cmのハスをかけるスリルと言ったらもう・・・既に麻薬中毒状態です・・・ (^^ゞ
それにしても、ハスって本当に弱いです。こっちは気を遣って扱っているつもりなのに、いきなり呼吸が乏しくなるので焦ります。これを機に、釣り上げたらとにかくすぐに水にどっぷり浸けるようになりました・・・ (^^ゞ
Green Cherokee さん、こんにちは。遅コメでごめんなさい。
当日はみなさん見事な釣果を上げられ、ガイドってほどのことは微塵もしてないGLでしたが、ステキなみんなの笑顔が見られこちらも笑顔(^^) あれからひと月経ちましたが、このころがピークだった気がします。そんないい時間を共に過ごせたこと、正に宝物ですね!
Gran Lussoさん、こんばんは。
おっしゃる通り、この頃がこのポイントのピークだったような気がします。桃源郷のような素敵なポイントですし、四季を通じて通ってこのポイントの傾向を会得したいですよね!!
ちなみに、GLさんは見事なガイドっぷりでしたよ!!皆が楽しめるような絶妙な気配りをして頂き、本当にありがとうございました!!
おはようございます

今更記事に気がつき、超遅いコメントです(汗
当日はありがとうございました!
広いポイントでのびのびとできる釣りは素晴らしいですね!

遠投狂の私の血が騒ぐ釣り場でした(笑

またよろしくお願い致します!
mihiroさん、こんばんは。
改めまして、当日は楽しかったですね!! 本当に素敵なポイント、末永く大事にしたいです。
さてさて・・・またの機会もよろしくお願いします!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク