HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  久しぶりのY川を満喫

久しぶりのY川を満喫

6月28日(日)

ぽっかりと時間が空いた日曜日の夕方。突然思い立って、我がHome RiverであるY川に向かった。思えば本当に久しぶりのY川、記憶を辿って見たら、最後に釣行したのは実に三か月前。この時も釣行というよりはカタクリの花見だった。こんな調子だとHome Riverなんて言う資格もないか・・・と反省してみたりした。

三か月前の道中と大きな差が・・・、それは新しいトンネルの開通(写真ではわかりにくいが)。このトンネルにより、Y川は拙宅から更に安近短な釣場になってくれた。
20150628_01.jpg

程なく到着したK橋付近。子供達が自然のプールで泳いでいた。釣人なら敬遠したくなるこんな光景も、私にはとても気持ち良く清々しい。怪しいおじさんにならないように、子供達から少し離れた場所でニコニコと観察しつつ、のんびりと竿を繋いだ。
20150628_02.jpg

この辺り、工事の影響で渓相にすっかり趣がなくなってしまった。それでもZacco達はそれなりに居ついているようでライズもたくさん見受けられた。ならば久しぶりに・・・ということで、毎度のゴミ同然の#21のドライフライを結んだ。

すぐ近くで幼子連れの父親がルアーを投げていた。もう既に惰性で投げている感が満載だった。と言うのも、子供ははまだ幼子・・・、釣りになるはずもない。父親にご挨拶して少し上流側で竿を振らせてもらうことにした。

実釣してすぐに、まずまずのカワムツがお出ましに。
20150628_03.jpg

魚をAMIYA印・オイカワネットに入れたまま、父親に、“魚いりますか?”、と聞いてみると嬉しそうに頷いた。バケツに入ったカワムツに向けて、幼子が戸惑ったような表情で手を入れている。きっと初めての経験なのだろう・・・。もう一匹釣って友達を増やしてあげようと思いつつ竿を振るも、なかなか載ってくれない。ようやく次の一尾を得た頃には、親子連れは既に橋の上に居た。意外に早い撤収・・・、子供が魚に触れる機会を得て、父親もようやく帰るタイミングを見つけたのかもしれない・・・(笑)
20150628_04.jpg

今年初のミゾソバの花。
20150628_05.jpg

未だ工事途中のY川。
20150628_06.jpg

オオカワジシャ群生のKB川。梅雨の時期は水量もそれなりにある。
20150628_07.jpg

ドライで数尾を釣ったのでウェットに結び換えたところ、爆釣に次ぐ爆釣。この手のサイズ以下のオイカワの猛攻撃という感じ。ただ扇状に流してもそれなりに釣れたのだが、竿を立ててリトリーブしてみると百発百中とは言わないまでも10発8中と言う感じ。完全に幼児虐待状態だったが、そのうち大きなものも釣れるかも・・・と期待しつつ釣り続けてしまった。
20150628_08.jpg

ポイントを移動しつつ釣り下ってみるものの、数投にほぼ一尾のペース。時折、10cm程度のオイカワも混じってくれたが、写真撮影はせずにリリース。大型は瀬の中に居るに違いない・・・と思い、少し速めの瀬に集中してフライを流してみた。流してダメならリトリーブ・・・、そして、瀬の脇で小型オイカワの猛攻撃に遭う始末。

いよいよここが最後のポイント、と決めた瀬でフライを投じていると、左岸から餌釣師が下りてきて釣りの準備を始めた。もう散々釣ったので納竿を意識しつつ、おじさんとしばし会話。ちなみに、練り餌で鮎狙いとのこと。

そして、『これがラスト』、と独り言を呟いて投じたフライに、本日最大のヒキを感じた。愛竿Blue Heron #1が小気味良く撓る。おじさんが目敏く気づいて、『やるな~!』、と声をかけてくれた。

魚が水面に顔を出した瞬間にオレンジ色の胸鰭がチラっと見えた。『おっ? Y川で2015年初の韋駄天さんか!?』・・・、大いに期待してネットイン。型はまずまずだったが、残念ながら韋駄天さんに成り掛け状態で、ギンギラになるにはもう少しかかりそうな感じだった。
20150628_09.jpg

それでも、この一尾は韋駄天さんとしてカウントして良いだろう・・・。Y川の初物なので、手のひらの上で撮影。
20150628_10.jpg

これにて完全に納竿。おじさんに別れを告げて河岸に上がった。
20150628_11.jpg

渋い状態が続いたY川だったようだが、それなりにZaccoは居る模様。夏過ぎの涼しくなる頃が楽しみ・・・と思いつつ、家路についた。けどその前に、是非とも朝練で訪れてみたいと思う。













スポンサーサイト
Comment
Green Cherokeeさん、こんにちは。
Y川でぽっかり時間に夕練、いいですね。渋かったY川も全体に調子アップの感じで、しっかり色付いた韋駄天さんもあと一息でしょうか、楽しみです。できれば赤不動さんにもお目にかかりたいものですね。
私も次回の朝練ではK公園以外のポイントも探ってみるつもりです。
numassan(さん)、こんばんは。
まさに爆釣でした・・・と言っても、小型ばかりでしたが・・・(^^ゞ
魚自体は多く居着いているようですので、これからの成長が楽しみです。お互いに、我らがHome Riverにて、韋駄天さん、赤不動さんにも早くご対面したいものですね!!
韋駄天、やっぱり違うんですよね。
矢田川では立派な韋駄天です。
5月下旬までこちらでは良型のオイカワはどこかに隠れていました。
Y川もそうなんでしょうか?
今年はそちらに伺うのは難しいです。
川辺の過ごし方が上手な方が多いですね。
矢田川では誰も川に入りません。
楽しさと怖さを知らない子供ばっかりになって、水難事故が起きるのかなと思うことがあります。
Y川、水遊び良いですね。
小畔にも近くの川ガキが時々あらわれます。
何時までも川遊びができるY川であってほしいです。
GreenCherokeeさん こんばんは
これは五つ抜けの大爆釣の時ですね。
さらになりかけとはいえ綺麗な魚体の韋駄天さんも
おめでとうございます。
そして先日も高活性のオイカワ達にうおさんの韋駄天も拝見でき、これから更に朝練夕練とY川が楽しみです。
K川ももう少し釣れるようになるのを期待したいですね。
jetpapaさん、こんばんは。お返事遅くなり大変申し訳ありません・・・ <m(__)m>
Y川は子供達にもとても親しまれています。泳いでいる子供達がたくさん、親子でガサガサやっていたり・・・見ていてとても微笑ましい光景です。水辺で遊びその愉しさを知り、同時に怖さも知る・・・そして、川を大事にする大人に成長して欲しいものですよね!!
ナシオさん、こんばんは。お返事が遅くなり大変申し訳ありません・・・ <m(__)m>
工事で渓相は様変わりしてしまいましたが、魚は付いているようでちょっと安堵しました。
先日の夕まずめ釣行、楽しかったですね!! ご同行頂きありがとうございました。うおさんの韋駄天さん、素晴らしかったですよね!! 私も釣りたい~っ!! (^^ゞ
K川にもご無沙汰してしまっているので、ちょっとだけでも様子見に行ってみたいです。またご同行お願いしますね!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク