HOME   »  渓流FF  »  人生二度目の養沢

人生二度目の養沢

7月19日(日)

Gran Lussoさん(以下、GLさん)、ナシオさんのご両人からほぼ同時に、『養沢に行きませんか?』、と嬉しいお誘いを頂いた。8月末に台湾からの客人を案内する必要がある私にとっても、できるだけたくさんの経験値を積んでおきたいところ。

当日はとりあえず、午後券で愉しむことにした・・・と言うのも、初回経験からして日中はほとんど釣れなかったため。午後券と言っても一分一秒を争う様相もなく、ゆっくり“ほうとう屋”でランチを愉しんでから現地到着。到着後もロッドを繋ぐことなく陳列されている野菜を眺めたり、売り切れてしまったズッキーニを追加オーダーしたり・・・ (その後なんと、農家さんがわざわざ収穫したてを持参くださった。感謝感謝・・・)

養沢でまったり過ごす昼下がり。挙句の果てに、この光景・・・ (爆笑) タイイングセットがあること自身、全く知らなかった・・・
20150719_01.jpg

14時も遥かに過ぎて、そろそろ釣り支度でもと思ったら・・・。ロッジで雨宿りしている光景を、養沢のブログに、“まだ一振りもしていない釣り人達・・・”、と紹介されてしまった・・・ (笑)
20150719_02.jpg

コーヒーをお替りしつつ一時間近く雨宿りして、ようやく実釣開始・・・ しかし、せっかくの養沢川も増水で急流ばかり・・・、私のテクニックではドライフライを流す隙間すら見つからない。他の二人にもいきなり諦めムードが漂う。
20150719_03.jpg

早々にドライフライを諦めた私は(こっそり・・・)ウェットに交換。急流の脇の流れの緩い肩のポイントを流していたら、まずまずのサイズのブラウントラウトとご対面。何度も食い損ねて、3度目の正直でフッキングできた。釣ってすぐに捌いてしまったので写真はなし・・・

靄がかかる堰堤も急流で話にならない・・・
20150719_04.jpg

やむなく竿を振る手を止めて束の間のキノコ観察。これはカバイロツルタケだろうか・・・? ササッとシャッターを押しただけで、じっくり観察せずに素通りしてしまった。
20150719_05.jpg

初めて訪れた堰堤上のポイント。ウェットに交換したナシオさんも一尾目のニジマスをゲット。ドライで頑張っていたGLさんも皆の目の前で一尾かけたがバレてしまった・・・残念。
20150719_06.jpg

その後、かなり上流の小さな瀬の肩の部分でニジマスをゲット。魚を捌き終わって腰を伸ばしていると頭上から声がかかった。見上げると、なんと、うおさんが手を振っている。近くの渓流に出向いていることは存じ上げていたが、わざわざ帰り道に立ち寄ってくださるとは・・・!!

陽も暮れてきたので、ギャラリーのうおさんも一緒に、最後のポイントを目指す。
20150719_07.jpg (ナシオさん撮影)

この後はまったく写真撮影しなかったのだが、限りなく暗くなる頃に良型のニジマスを追加。これで晩酌のツマミは3尾となり、どれも干物となって後日美味しく賞味させて頂いた。

開始時間も終了時間も極めて遅かった養沢でのFF。急流&増水&ささ濁りの割には何とか魚ともご対面できてラッキーだった。何より、渓流を前にゆったりと落ち着いた時間を過ごせるのは、管理釣り場ならではだろう・・・

Gran Lussoさん、ナシオさん
随分まったりと過ごしてしまいましたが・・・(^^ゞ、お蔭様で楽しいヒトトキになりました。本当にありがとうございました。次回は平水時に爆釣したいですね!! またご一緒よろしくお願いします!!


スポンサーサイト
Comment
こんにちは。
雨の養沢も乙なものですね。
日中は暑くて釣りにならないかもしれませんが、ウエットウエーディングなら涼しくていいでしょう。ズッキーニにトラウトの干物、遠慮なくキープできるのもいいですよね。
いつでもどこでも、ストーキング!
(`・∀・´)うおです。

いきなり行ってびっくりさせようと思ってたら、予想されてましたねw
気になって見に行って良かったです。
人のチャレンジを見てるのも楽しいですから♪
また神出鬼没で現れますんで優しく迎えてください。
wind knotさん、こんばんは。
雨の養沢・・・あまりの増水で、”僕が知っている養沢じゃない!!”、なんて何度か悔し紛れに叫んでしまいましたが、環境が異なった時の攻め方というのがきっと存在するのだと思います。こういう時に爆釣する方って、きっと秘策があるのでしょうね・・・ (^^ゞ
養沢の場合、遠慮なくキープさせて頂いています・・・と言いつつも、まだキープ制限の数に全然到達できていない私でした・・・ (・・;)
うおさん、こんばんは。
いつ、うおさんが訪れるやと・・・時折キョロキョロしていました。けどベストなタイミングでお越し頂き、その後の釣行も和気藹藹と愉しめました!!
私を筆頭に釣れない面々を前にロッドも持たず・・・(^^ゞ きっとヘビの生殺し状態だったことでしょう。次回は共に竿を振りましょうね!!
Green Cherokeeさん、こんにちは。
もう数十回通った養沢ですが、雨だったことはほとんど記憶にありません(笑)
流石グリチェロさん!
雨の堰堤下、いい雰囲気です。
川を見るといても立っても入られない私なので、まったりタイイングなど考えられませんね!
さすがというか、この余裕どこから湧いてくるの?って呆れるばかりです(笑)
養沢のシーズンはまだまだ長いので、是非ご一緒させてくださいませ。
numassan(さん)、こんばんは。
当日は14時きっかりに雨雲を呼んでおきました。メンバーを一瞬がっかりさせておいて、返って雨後の爆釣を愉しんで頂ける、というセッティングができる程に、雨乞い師スキルが向上している今日この頃です・・・(ウソです・・・ (-_-;) )
えっ・・・!? タイイング始めたのは決して私ではなくGぇ・・・ (^^ゞ
渓流なのにまったり楽しめるのは、養沢ならではかもしれませんね!!その割にはなぜか爆釣できないところがニクい・・・(涙)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク