HOME   »  釣り全般  »  Gold Coastでの釣り ~後編~

Gold Coastでの釣り ~後編~

11月13日(金) Gold Coast 釣行記・後編。

高級住宅に囲まれた入江で引き続きトローリング。河岸には紫色の花が満開。Clint船長に名前を聞いたが忘れてしまった・・・
20151113_P2_01.jpg

私のヒットルアー。フックも錆びているし、“こんなことなら自前のルアーを少しでも持ってくれば良かったね・・・”、とM氏と語り合う。
20151113_P2_02.jpg

M氏に強いアタリ。さほど柔らかくもないロッドだが、綺麗な弧を描いている。
20151113_P2_03.jpg

釣り上げたのは見事なFlat Head … マゴチ。
20151113_P2_04.jpg

まずまずの型・・・ということでさっそく計測。
20151113_P2_05.jpg

ぎりぎり50cm超え。さすがのM氏、お見事!! Clint船長曰く、もっともっと大きくなるらしい。
20151113_P2_06.jpg

スタンドアップパドルサーフィンのおじさんが、手を振りながら去って行った。何とも優雅な・・・
20151113_P2_07.jpg

この頃、空を覆っていた雲の切れ間から陽が挿し始めた。Gold Coastの陽光を浴びつつ、M氏が昼寝・・・と思いきや、手にはしっかりと竿を握っている。少し横になりつつも指先は魚のアタリを敏感に察知しているらしい。
20151113_P2_08.jpg

・・・でアタリがあると、こんな感じで抜かりなく魚を釣り上げるM氏。もうこの時点でM氏の方が私より尾数を稼いでいた。
20151113_P2_09.jpg

トローリングに少し飽きはじめた頃、Clint船長がメタルジグのようなルアーが繋がれたロッドを手渡してくれた。ロングキャストしてロッドを立ててリトリーブ、余ったラインを巻いて、再びロッドを立てて・・・
20151113_P2_10.jpg

“やっぱり攻めの釣りの方が面白いですよね~”、とM氏とおしゃべりしていると、早速、M氏にガツンとアタリが。そして、まずまずのマゴチをご対面。その直後に私にも同サイズのマゴチがやってきてくれた。
20151113_P2_11.jpg

Clint船長も少しだけ釣りを楽しんでいた。そして、見事にキャッチ。
20151113_P2_11_2.jpg

アタリが遠のいてからは、再びトローリング。上半身裸になりつつも、片時もロッドを手放さないM氏。二人で、“ビール持ってくるべきだったな~!!”、と嘆きあう。
20151113_P2_12.jpg

そして、良いペースで魚をゲットするM氏。良型のSand Whiting。
20151113_P2_13.jpg

私もポツポツとは釣れたが、M氏とは圧倒的な差。“結果の差は持ち竿かどうかだと思うよ・・・”とM氏がポツリ。そして、私も持ち竿スタイルに変更して小気味良いアタリにロッドを合わせると、何とも美味そうなをYellowfin Breamをゲット。この場で刺身にしたいサイズ・・・
20151113_P2_14.jpg

14時近くとなり、そろそろ納竿タイミング。再び、ここ2日間通っていた学会場が見えてきた。
20151113_P2_15.jpg

Clint船長がボートを車に繋いでいる間、ほんの少しだけ愛竿Blue Heron #5-6でキャスト練習している私をM氏が撮影して下さった。
20151113_P2_16.jpg

最後に愛竿を記念撮影。結局、出番の無かった愛竿・・・
20151113_P2_17.jpg

Clint船長にホテルまで送って頂き握手してお別れ。車を降りた我々二人は、“ビール、ビール・・・”、とブツブツ呟きながら海辺のお店へ。ビール、ワインと飲み進み、結局、夕食をスキップせざるを得ない程に巨大な肉を摂取してしまった・・・
20151113_P2_18.jpg

初めてのGold Coast。成功裏に仕事も終わり、釣りも存分に愉しめ・・・、上々の海外出張になった。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

M先生
この度は大変ご多忙の中を弊社イベントのためにご足労頂き、また素晴らしいご講演を賜り、本当にありがとうございました。どうなることか心配された釣りの方も、何とか愉しんで頂けて良かったです。また何処かの異国の地での釣りをご一緒したいですね!!

Dear Captain Clint,
Thank you so much for your great guide for our enjoyable lure fishing. We could have an excellent time with you. If we would have a chance to go to Gold Coast in future, we would be happy to meet you again. In the meantime, tight lines !!




スポンサーサイト
Comment
こんばんは。
いやー、もう目の毒になるようないい景色の中でのフィッシング!
釣果ではMさんに負けたとはいえ、いいサイズも上がって最高でしたね。
ボートではフライはできないんですか、浮いてる魚もいそうだし釣れそうな気もしますよね?
wind knotさん、こんばんは。
それはそれは豪邸ばかりで・・・何とも眼の保養というか眼に毒と言いますか・・・ (^^ゞ ともあれ、ちょっと経験したことが無いような環境での釣りでしたので、かなり面白かったです。
ちなみに、90%の釣りがトローリングで、しかも底狙いのトローリングでしたので、FFは最初から諦めてしまいました。最後に岸からキャス練した時はライズも散見されたので、もう少し粘ることができたら何かしら釣れたのではないか・・・と妄想しています (^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク