HOME   »  渓流FF  »  CTS川よ、今年もありがとう!!

CTS川よ、今年もありがとう!!

11月16日(月)

(※読者の皆様:既に年も変わろうとしている今日この頃ですが、拙ブログはまだ11月中旬で大変恐縮です・・・)

14日(土)夜にGold Coastから帰国。少し休んで翌・日曜は最終便で北海道は千歳市内まで移動。JR千歳駅前のラーメン屋で餃子を摘まみつつ23時過ぎにホテルに到着。

翌朝は室蘭に移動のために8時くらいの特急に乗る必要があったのだが、朝練するには十分な時間がある・・・ということで、日の出と共にCTS川に向かった。ホテルからは徒歩3分。
20151116_01.jpg

久しぶりのCTS川。この時期にしては10℃近い暖かな気温だった。
20151116_02.jpg

水は澄み渡っている。早朝の川面に佇むカモ達。
20151116_03.jpg

毎度のポイントに到着し、懐かしい光景に思わずニンマリ。この時点では、“さてさて、今朝は何匹釣れるかなぁ~、爆釣かなぁ~”、などとウキウキ気分。
20151116_04.jpg

いつもZacco FFに活用しているモンベルの釣用ポーチはかさばるので、必要なものだけ小さな別の入れ物(マレーシア航空から貰った洗顔&歯磨きセット入れ)に入れてみた。使い勝手はともかくベストサイズ。ちなみに一番右は老眼鏡・・・(笑)
20151116_05.jpg

水温は低めだが、“鱒達にはむしろ好都合だろう・・・”、と勝手にポジティブに勘違いする私。
20151116_06.jpg

いざ実釣。まずは無謀にもドライを結び過去に実績のあるポイントを流してみる。しかし、完全沈黙。“やっぱりドライはダメか・・・”、などと独り言を発しつつウェットに切り替えるも、これまた完全沈黙・・・
20151116_07.jpg

この川での爆釣時期を知っているが故に引き際の決断も早い。すっかり釣りは諦め対岸を散歩しつつ、つものポイントをバックにジョニー印・愛竿バンブーと記念撮影。
20151116_08.jpg

最後のワンチャンスとばかり性懲りもなく元のポイントに戻って見たが、やっぱり完全沈黙。わずか10投程度で早々に諦めて納竿。引退コンサートで最後にステージの端にマイクを置いた山口百恵さんよろしく・・・CTS川というステージの際に愛竿を置いて記念撮影。
20151116_09.jpg

今回は完敗。それでも、大好きなCTS川に今年最後のご挨拶に来ることができて良かったと思う。この後もほぼ隔週でCTS川をJRで渡っているが、今はもちろんすっかり冬景色で河岸に立つ勇気すら起きない・・・

来年の北海道の仕事は今年以上に数倍も忙しそうで、GW頃からピークを迎える予定。ということで、またきっとこのポイントでロッドを振れる機会が訪れることだろう、きっと・・・ いや絶対に!!

CTS川よ、今年もありがとう。雪解けが落ち着いた頃にまたお邪魔させて頂きます!!



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク