HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  2015 Zacco FF 秋冬総集編 ~後編~

2015 Zacco FF 秋冬総集編 ~後編~

拙ブログ上では一気に時は進み・・・、いきなり12月05日(土)

我がHome RiverであるK川にTさん&Oさんがお越しになられる日は、何とも素敵な真っ青な空だった。
20151205_1.jpg

我がオススメのポイントにて果敢にロッドを振るTさん。
20151205_2.jpg

そして、わざわざ川崎からお越しになられたOさん。
20151205_3.jpg

あちこち歩いて頂いたのだが、当日はガイドの私の役不足で全くダメだった。Tさん&Oさん、大変申し訳ございませんでした・・・(陳謝)  とは言え、その後、美味しい武蔵野うどんのランチ、そして、Y川でオイカワとご対面できたとのこと・・・何とも良かったです!! これに懲りず、またお越しくださいね!!

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いて、12月20日(日)。朝から晴天。うおさんが埼玉の我が実家近くの里川に向かわれるとのこと。私も遅れて参加させて頂くことにした。

近くに行って分かったことだが、当日は、“そば祭り”なるものが開催されていたので、その会場で合流。なぜかNさんがいらして超びっくり!! 

そして、時が為す悪戯だろうか・・・遅れて合流した私だけが真っ先に蕎麦にありつけるというハプニング。近くに”柚子の里”と呼ばれる場所があるのだが、そのせいか、柚子の千切りが添えられていた。
20151220_1.jpg

蕎麦を完食しすっかり満足の私は、極限まで焦らされてようやく蕎麦にありつけたヨダレたらたらのお二人を撮影・・・(笑) ちなみにこのお二人、オーダーした蕎麦の超長い待ち時間の間に別のお店でもう一皿オーダーしてしまった。お蔭で、2種類の蕎麦をちゃっかり味比べさせて頂いた私・・・(笑) もちろん、微妙な味を感じるために蕎麦つゆには浸けずに賞味。
20151220_2.jpg

結局、Nさんは釣りをする時間的Slotが全く無くなってしまい、蕎麦を食べてそのままトンボ返り。青空の下、YAMAHA青鹿を駆り里川の土手沿いに消えゆくNさんの後姿を、うおさんと共に見送った。

うおさんと私は里川を堪能。”黄金色うおのめ号”リトルカブ&緑チェロキーでポイントに到着。
20151220_3_1m.jpg

私の地元の里川だが、実はうおさんの方が圧倒的に情報通。うおさんにポイントごとにご解説頂き里川を遡上。私が美味しいポイントを叩きまくった後にオコボレを狙ううおさん。何とも申し訳ない・・・
20151220_4.jpg

美味しいポイントをことごとくお譲り頂き、何とかオイカワにご対面。
20151220_4_1.jpg

続いてカワムツにも。
20151220_5.jpg

私が魚とご対面できた後、うおさんも重い腰を上げていきなり数尾をゲット。さすがこの川のマイスター!! 
20151220_4_2m.jpg

納竿の夕暮。私が大好きな秩父の山々の光景。山並みが見える里川の素敵さについて、うおさんにしつこい程に力説する私だった(笑) 理想的な里川はやっぱりこうでなくちゃいけない。
20151220_6.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ラストは12月27日(日)

きっと2015年のラスト釣行になることを確信しつつ、いつもの湧水を愛おしく撮影。春夏秋冬を通じて滾々と湧く湧水。
20151227_0.jpg

定番のポイントは全くダメだったが、浅い肩のあたりに魚が集まっている様子。様々なポイントにしつこくウェットを流してみたが、ようやく魚の反応があったのは遥か上流の限局されたポイントだった。
20151227_1.jpg

2015年最後のオイカワと思われたので、冬のオイカワの感触を思い出すべく、魚に触れてみた。
20151227_2.jpg

すっかりかじかんでしまった手。川の水に手を浸けると、まるで微温湯のように感じた。そして、気持ち新たに水温をチェックしてみると・・・道理で温かい訳だと思う。
20151227_3.jpg

”今年も一年お世話になりました”・・・そんな気持ちを込めて、ジョニー印・愛竿バンブーを今しがた魚に出逢えたポイントを背景に記念撮影。
20151227_4.jpg

そして、2015年最後のZFFで納竿。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2015年もたくさんの仲間と満喫させて頂いたZacco FF。小さな魚にも関わらず、思いがけない程に大きな“人との輪”を齎してくれ、その輪は国内に留まらず海外の釣友との輪も広げてくれた。

今年一年を振り返ってみても、台湾でのZFFは生涯の思い出に強烈に残る釣行になった。言葉は分からずとも、『釣語』でやり取りする異国の釣友達による歓迎と御心遣い。たくさんの台湾の釣友と共有させて頂いた時間は、今後の人生でも絶対に色褪せることはないだろう。

Fly Fishingと言えば基本的にTrout。“脂鰭至上”の中でZacco FFはあくまでもMinorityだと思う。それでも愛好者は日増しに増え続けているようで、“フライの雑誌”でオイカワが取り上げられたこともその証になるのかもしれない。そしてもしかしたら、新たにZFFを始められた一部の方々も辺境の拙ブログを訪れて下さったかもしれない。多忙な折にわざわざ拙ブログをご訪問頂けた方々に心から感謝の意を表したい。ありがとうございました!!

渓流FFでは実現が難しい、複数の仲間と和気藹藹のZFF。私はこのスタイルをこの上なく楽しいと思っている。今冬に入って釣友の一人から聞いた話だが、いわゆる“2ch”(匿名で悪口を言い合う無責任なスタイルを私は根っから毛嫌いしているので、今まで全く見たことはなかった)で拙ブログでの楽しい仲間との釣行を、“痛い”、と表現された方がいらっしゃったようだが、とても面白い表現だと思った。世の中には様々な人間も居ることだし、私はそのご意見も尊重する。しかし、痛いと思うかどうかは結局は個人次第なのだ・・・ということを私はかなりの自信で確信している。そして、その後の釣り人生が大きく異なってくるであろうということも・・・同時に確信している。

2011年の夏にZFFを始めて、早くも4年以上の月日が経過した。肝心なテクニックはあまり上達していないが、ZFFが齎してくれる人生の楽しみの味をより深く味わうことができるようになれたと思う。『フグの鰭酒』や『イワナの骨酒』ではないが、二杯目の注ぎ酒がめっぽう旨い。2016年からは、“注ぎ酒の旨さ”、の領域に進んで行ければ・・・と思う(我ながら、例えが妥当ではないとは思うものの、つい先日、仙台で美味しい鰭酒にありつけたので、あえて例えてみた次第・・・)。

昨秋から始めたfacebookグループであるEZFF(現在も秘密グループ)。こちらも台湾や日本メンバーを中心に参加者も40名を越え、お互いのZacco FF情報を共有しつつ楽しく過ごしている。相変わらず中国語のオンライン自動翻訳はイマイチだが、それでもZFF好きな異国の同志達は前向きに意味を理解してくれており感謝感謝・・・。こちらも末永く続けて行きたいと思っている。

2015年もお付き合い頂けました皆々様、大変お世話になり本当にありがとうございました。ZFFはすっかり私のLife workの一部になりました。2016年も全く飽きることなくマイペースで続けて参りたいと思っていますので、お時間許す限りご訪問頂けましたら幸いに存じます。

大晦日の今夜。今年も残りわずかですが、皆々様共に良いお年をお迎えください!!


スポンサーサイト
Comment
お世話になりました
本年は本当にお世話になりました。
ここまでハマってしまったのも
Green Cherokeeさんのおかげです(^^)

来年もよろしくお願いします!
NORIさん、あけましておめでとうございます。
しっかりどっぷりハマって頂きとても嬉しいです!!Zacco FFってマイペースで好きな時に少しだけでも楽しめる最高の趣味だと思います。NORIさんの場合はご自宅からもそんなに遠くないですし、まさに、”安近短の極み”だと思います。
お互いに末永く続けて行きましょうね。今年もよろしくお願い致します!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク