HOME   »  出張ネタ  »  二度目のVal d'Isère

二度目のVal d'Isère

1月17日(日)。

雪が舞うジュネーブ空港到着ロビーにてバス待ち。

出発時間ぎりぎりになっても待ち合わせの場所にスタッフが現れず、緊急連絡先に何度電話しても繋がらず、“こんなこと、日本国内では起こらないよな・・・”、とぶつぶつ文句を言いつつヤキモキしているところに電話着信。蕎麦屋の出前よろしく、“あと5~10分くらいで女性のドライバーが行くから!!”、と明るい声の割には、結局、その女性ドライバーが現れたのは20分後だった・・・(笑)。

大型バスと思いきや10人乗り程度の小型バス。ベンツとは言え、これ以上無いというくらいの粗悪ビニールシートで車内は極寒、おまけに、おばちゃんドライバーの割にはかなり元気な運転で・・・、出発早々、先が思いやられた。

それでも約3時間程度のドライブで無事にVal d'Isèreの中心部に到着。
20160117_01_2016012823345621f.jpg

ホテルまでは徒歩7~8分の距離なのだが、この雪道にスーツケースを押して歩くのはかなり辛い。しかも緩やかな登り坂。
20160117_02_20160128233457f41.jpg

手が腱鞘炎になりそうな状況で息を荒げつつ小休止。こんな水飲み場に癒される。大昔にZurichの街を訪れたことがあるが、町中の至るところにこのような水飲み場があり、その水の上質さが故に市民はミネラルウォーターなど買わない・・・という。
20160117_03_20160128233457cf6.jpg

膝が笑う・・・ではないが、右手が笑う状況で教会横のホテルにようやく到着。
20160117_04.jpg

荷物を部屋に置いて、早速、ビールでも買い出しに・・・と外に出てみると一瞬だけ綺麗な青空が覗いた。
20160117_05.jpg

買い物を終えてホテルに戻ると、スペインで学会参加を終えたM氏(拙ブログでもお馴染みの、イトウ釣りの名士でもあり名医、そして、ZFF&Trout用にBlue Heron "余裕の心” Special #3も所有)もちょうどご到着。そして早速、M氏の部屋にてビール三昧。

ホテル目の前にある街でも評判の小さなレストラン。たまたま店員が煙草を吸いに外に出てきたので、3Fの部屋のベランダ越しに呼び止めて予約を取った。こんな予約の取り方は生まれて初めて・・・(笑)
20160117_05_2.jpg

食事もワインも大層美味かったがカメラ不携帯で写真無し。隣のイギリス人の御年70歳くらいの老夫婦に話しかけられ4人で歓談に。若い頃には日本企業に勤めていて東京にも行ったことがある・・・という品の良い老人。冬の間は数か月ここに滞在し、天気の良い日だけスキー三昧とのこと・・・何とも優雅な生活で羨ましい限り。

食事を終えて、カメラ片手にビールを買い足しに・・・。そのついでにライトアップされた教会を撮影。
20160117_06.jpg

月もちょうど良い位置に・・・
20160117_07.jpg

翌朝18日(月)のVal d'Isère。これでもAM8時なのだが、朝焼けというか夜明けと言うか・・・。綺麗なのだがとにかく極寒。
20160118_01.jpg

アルプスの山の頂に朝陽が射す・・・
20160118_02.jpg

M氏と記念撮影。朝から葉巻などを咥えているM氏。カメラのセルフタイマーをセットする指が冷たくて痛い・・・
20160118_03.jpg

どうりで寒いはず。気温マイナス18℃・・・
20160118_04.jpg

その後は仕事も順調に進み、あっという間の最終日。ほぼ全行程を終えたところで、M氏とランチ。ホテルの一階にあるロッジ風で落ち着くレストラン、窓からはアルプスの山並みが見える素敵なロケーション。あまりに居心地とサービスが良く、思わずフロントの女性にかけあって、ホテルの部屋の見学までさせて頂いてしまった・・・ 突然の申し出にもかかわらず部屋のアピールポイントを熱心に明るく説明してくれた女性スタッフ。このような対応を受けると、ついつい次回に宿泊したくなってしまう・・・と言っても、次回が来るかどうかすらわからないのだが・・・
20160120_1.jpg

M氏は最後の大仕事に出かけ、私は独り部屋飲み。残り二本となったビールに愛情を込めて撮影。
20160120_2.jpg

その後、M氏が戻った後は再び部屋飲みとなり、わずかな仮眠後、AM4時に出発。手配済みの快適なタクシーで国境越え。早朝のジュネーブ空港にて、フランクフルト経由で帰国されるM氏と握手してお別れ。

私は少し遅れてヘルシンキへのフライト。ヘルシンキ空港近くの凍てつく海(だと思うのだが・・・)。
20160121_01.jpg

そして針葉樹の森。ここで野口五郎の歌をすらすらと口ずさめる読者はきっと私と同世代に違いない・・・(笑)
20160121_02.jpg

フィンランドと言えばムーミン発祥の地。
20160121_03.jpg

我が家の子供達からLINEのTV電話が来て、iPad片手にお店を色々と物色するハメに・・・。便利な道具は往々にして時に極めて邪魔になることがある・・・が、それもたまには良いのかもしれない。
20160121_04.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

全く魚っ気のない記事になってしまったので最後に素敵な写真・・・ FBグループの、Fishing Swiss Alpsより拝借させて頂いた。無断拝借ではあるが、個人の趣味の範囲内なので許して頂きたく・・・

FF_ALPS_1.jpg

FF_ALPS_2.jpg

シューベルトの『鱒』。こんな意味の歌だとは全く知らなかった・・・

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
' readonly="readOnly" />
このエントリーの固定リンク
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク