HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  釣友のご厚意で生まれたまたとないZFFの機会

釣友のご厚意で生まれたまたとないZFFの機会

2月21日(日)。

前日20日(土)は札幌に日帰り出張。仕事自体は無事に終了、最終便一本前の21時発で羽田に戻ったのだが、折しも新千歳空港は猛吹雪。滑走路に向かったまでは良かったものの、いよいよエンジン音が高らかになると思われる頃、前方より機長がつかつかと通路を歩いてきた。そして、窓から翼を凝視している。

嫌な予感が的中し、あえなく機内アナウンス。『一旦、ゲートに戻り除雪作業致します・・・』。

『やっぱりなぁ~』。心の中で呟いた。このまま欠航してくれた方がよっぽどマシ。なぜなら、遅れて飛んでくれても羽田に着く頃には交通手段がない。しかし航空会社も航空会社、翌日の機材繰りがあるから、そう簡単に欠航にはしない。

結局、約90分遅れで飛び立ち、羽田に着いたのはAM1時前。毛布を配る空港スタッフ。
20160220_1.jpg

ひっそりと静まり返った到着ロビー。めったに見ることができない光景。
20160220_2.jpg

20160220_3.jpg

モノレールや京浜急行に向かう通路はシャッターが降りている。
20160220_4.jpg

始発電車まで空港で一夜を明かす覚悟を決めて、facebookで釣友としばしやり取り。当日はたまたまiPadを自宅に忘れて来てしまいPCでやり取りしていたのだが、そのPCも電池切れ間近。いよいよ電池も怪しくなった頃、釣友の一人が、わざわざ羽田まで迎えに来て下さる・・・などとあり得ないことをおっしゃる。

『そんな・・・今時分から羽田くんだりまで来てもらう訳にはいきませんよ。いよいよPCの電池も切れるので、また明日~』、と半ば強引にメッセージを入れてPCの電源を切った。それからしばらくして、携帯がブルブルと鳴った。そのメッセージを見て唖然・・・

『いま家を出ました!!』

そしてなんとあろうことか、その後に何故かもう一名の釣友も加わり、二人でわざわざ羽田空港に来て下さった。あり得ない神対応・・・持つべきは、『遠くの親戚より近くの釣友』・・・か? 恐縮至極の極みではあったが、お二人には丁重にお礼を述べさせて頂き、束の間の深夜ドライブとコンビニコーヒーを楽しませて頂いた。

幸運にもAM4時前には無事に帰宅できたものの、楽しかった深夜ドライブと釣友の優しさの余韻に浸るべく、ついついAM5時過ぎまで晩酌して就寝。それでも9時過ぎには目が覚めてしまった。

折しも晴天の穏やかな朝。釣友が与えてくれたせっかくの機会。そうとなっては、やっぱり行かねばなるまい。昼過ぎにはどうにか仕事を片付け、ポカポカ陽気に汗を滲ませながらペダルを漕ぎつつ、いつもの川に向かった。

つい先日、反応が良かった鉄板ポイントで早速2尾とご対面。一尾目はネット相対的・尺オイカワだったが手元で落としてしまった・・・

冬の陽光に煌く湧水とオオカワジシャ。
20160221_1.jpg

滾々と湧く湧水も輝いている。
20160221_2.jpg

20160221_3.jpg

ほぼ納竿気分で、クレソンの緑をバックにジョニー印・愛竿バンブーを記念撮影。
20160221_6.jpg

穏やかな陽気に微睡んでいると、背後から『こんにちは!!』の声。振り返るとナシオさんがお出ましに。そしてほぼ同時に、上流からうおさんも下って来られた。

うおさんと談笑しながらナシオさんの釣りを見学。わずか10数投目に愛竿Blue Heron #0-1が大きな弧を描き、うおさんと拍手喝采。そして、13cm以上はありそうな見頃なオイカワをゲット。
20160221_4m.jpg

そんなナシオさんに触発されて、ほぼ納竿モードだったうおさんも少し下流側をトライ。既に上流で数尾を得た後らしくちょっと様子見程度だったが、反応はいまひとつだった模様。
20160221_5.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

竿を振っていた時間は一時間にも満たない。仲良しの釣友との楽しいおしゃべりも一時間未満。とんだハプニングで疲れて深夜に帰宅しても、ちょっと出かけてくる・・・的な気軽な気持ちで楽しめる安近短なZacco FFは本当に素晴らしい。

そして何より・・・、始発電車で帰宅していたなら絶対に一日を棒に振ってしまったであろう日曜日。日曜午後のタイミングで釣行しようという気持ちになれる程に体力回復できたのは、そして、このような楽しい釣行の機会を与えて下さったのは、掛け替えのない釣友がわざわざ深夜の羽田までお迎えに来て下さったからに他ならない。

その愛すべき釣友2名は拙ブログでは頻繁にご登場頂く方々だが、御名前はあえて伏せておく。しかし、そのお二人にはこの場をお借りして心底感謝申し上げたい。

この度は本当にありがとうございました!!感謝の言葉も見つからないくらいに嬉しかったです!!

もし万が一、またこのようなハプニングが生じてしまった折には、その時はくれぐれもレスキュー隊を出動させないでくださいね・・・(笑)

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

折しも、この記事をアップした今日は311未明。未だ仙台空港の屋上に立てていないのだが、近いうちにしっかりと訪れたいと思う。








スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク