HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  春めいたHome Riverにて釣友とmattさんを囲んで

春めいたHome Riverにて釣友とmattさんを囲んで

3月6日(日)。

Zaccoをこよなく愛するZacco Fly Fishing(ZFF)の名士であるmattさんが我がHome riverにお越しになられる記念すべき日。

既にmattさんご本人も含め、うおさんナシオさんのブログで当日の楽しげな様子がご紹介されているが、mattさん初の我がHome riverが故に、拙ブログでもしっかりと記録に残しておきたい。

ちなみに、mattさんのZaccoへの愛着振りは、たまたま脂鰭の魚が釣れてしまっても、“外道”ときっぱりと言い切れる程に強い。そして昨年、ZFFでこの世のオイカワとは思えない20.2cmの韋駄天さんを釣り上げた。ギネスにこそ載らないが、恐らくworld recordなのではないかと密かに思っている。

そんなツワモノのmattさんがお越しになられるとあっては、私は釣りを程々にガイド役に徹することに決めた。

誰よりも先に到着されたmattさん。独り寂しくロッドを振り始めたが、mattさんが得意とされる広大なHome riverとは異なり、河岸に多くの人が行き交う小規模の都心河川が故に、何とも通行人の目が気になり気恥ずかしかったご様子。そして、少し遅れて合流されたうおさんに心底安堵されたとのこと・・・(その様子の詳細はご本人のブログ参照)

程なくしてナシオさんも合流し、少し上流に居る二人を目指して歩いていくと、何やら明るい歓声が上がっている。そして、小走りに駆け寄って撮影。mattさん、我がHome Riverでの最初の一尾、そして、リペアされたBlue Heron Rodへの再入魂おめでとうございます!!
20160306_01.jpg

リペア済みのもう一本のBlue Heronを準備するためmattさんがバイクに戻られたため、愛竿をお借りして皆で振り比べ。試投のつもりが、いきなりオイカワをかけてしまったうおさん。
20160306_02m.jpg

続いてナシオさんも試投ついでに一尾。
20160306_03.jpg

同じポイントで私も一尾釣らせて頂いた。
20160306_03_2.jpg
(うおさん撮影)

春めいた陽光の下、皆でおしゃべり。
20160306_04m.jpg

mattさんも、もう一本のBlue Heronに持ち替え、早速、一尾追加。
20160306_05m.jpg

mattさんは満面の笑顔。そんな一コマをうおさんが切り取った。上着を脱いでトレーナー姿になったうおさんが当日の気温の高さを物語る。
20160306_06m.jpg

せっかくの機会なので我がHome riverを広くご案内させて頂きたい・・・ということで、早速、上流側への移動を促した。ウェーダーを履いて正座スタイルで果敢に攻めるmattさん。
20160306_07.jpg

その頃、numassan(さん)がロッド不携帯でご到着。そして、mattさんを応援。
20160306_08m.jpg

ポイントを詳細に解説されるうおさん、そして、そのポイントに正確にキャストするmattさん。何とも微笑ましい後ろ姿。
20160306_09.jpg

反応は渋めだったが、それでも着実に魚をかけるmattさんに、皆が駆け寄る。
20160306_10m.jpg

また一尾掛けたmattさんを、枯れたイタドリの隙間から撮影。
20160306_11m.jpg

その頃、最近頻繁にZFFに通われているKさんも合流され、皆で豚丼を食べに行くことに・・・。初のお店だったので量は控えめ(梅)にしたが、次回からは(竹)でも行けることを確信した。ちなみに、“飯マシ”が無料とのこと。かなりリーズナブルなだけではなく、女将さんの愛想もとても良い店だった。
20160306_12.jpg

お腹が膨れて、再び、皆で我がHome river沿いを歩く。こんな一コマに、安近短な里川でのZFFの愉しさが大いに含有されているような気がする。
20160306_14.jpg

良さげなポイントをKさんが攻め、橋の上から応援する釣友。ほのぼのとした何とも良い光景ではあるが、フライに反応するのは小型ばかり。
20160306_15.jpg

陽もすっかり傾きかけた頃、時合も良くなってきたのか、皆、ポツポツと釣れ始めた。
20160306_16m.jpg

ドライでしぶとく攻めていたKさん。なかなか最初の一尾に恵まれない。半ば強引にウェットをお勧めして、瞬く間に一尾をゲット(暗くて写真がブレてしまったが・・・)。ウェットは性に合わない・・・とおっしゃっていらしたKさんだが、その割にはその後も調子良く連発されていた。
20160306_17m.jpg

テンカラ高校生くんも加わり、フライが見えなくなるまでKさんを見守った。納竿後も真っ暗になるまで河岸に楽しげな皆の語らいが響いた・・・
20160306_16m_2.jpg 
(mattさん撮影)

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

mattさん
この度は遠路遥々(?)ようこそ我がHome Riverにお越し下さいました。Zaccoを愛してやまないmattさんのUpgradeされたBlue Heron二本の再入魂の儀が、滞りなく我がHome Riverで達成できたことは何とも嬉しかったです!!
そして、いつも貴ブログに大いに感銘を受けています。お互いに長く続けて行きたいですね。今後も楽しみにしています!!

当日ご一緒させて頂きました釣友の皆様
お蔭様でとても楽しい一日になりました。和気藹々としていたら、あっという間に暗くなってしまいましたが、これも皆様と共に楽しい時間をしっかりと共有できた証です。本当にありがとうございました!!




スポンサーサイト
Comment
Green Cherokeeさん、こんばんは
当日は短時間の冷やかしでしたが、皆さんと楽しい時間を共有できて行ったかいがありました。
まさにZaccoが取り持つ縁、面白いですよね。mattさんに見せてもらったZaccoの魅力は深く、広く、衝撃ですらありました。
今年も異次元の世界を堪能しましょう!
numassan(さん)、こんばんは。
例え短時間とは言え、numassan(さん)もご参加されたことで更に和気藹々になりましたね!!
おっしゃる通り、Zaccoが取り持つ縁は本当に面白いです。私自身もmattさんとの出逢いにより、異次元のZFFを経験することができました。
今シーズンも存分に愉しみましょう!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク