HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  安近短なZFF Fieldの有り難さ

安近短なZFF Fieldの有り難さ

3月21日(月)。

前日の釣行の興奮まだ冷めやらぬ・・・的な状況で、NORIさんからお誘いを頂いた。二日連荘のZFFだが、安近短なHome riverならではの気楽さと気張らなさが何とも心地良い。

まずはHome river沿いにある素敵なお寺を訪問。桜の蕾はまだ硬かった。
20160321_1.jpg

河岸を覗くと、少し上流側にNORIさんがいらっしゃった。遠くから大きく手を振ってご挨拶。ちなみに釣果は渋いらしい。私自身もここぞと思うポイントを探るのだが反応はいまひとつ。

それでも小さめのオイカワが、流芯のど真ん中から出てきてくれた。
20160321_2.jpg

手のひらでも記念撮影。もちろん、この一尾で納竿モード。
20160321_3.jpg

普段は訪れたことがない更なる上流ポイントにも行ってみた。細い筋にフライをトレースするNORIさん。反応はあるのだがどうにも小さい・・・
20160321_4.jpg

春らしい黄色。
20160321_5.jpg

カラシナにはしっかり摘まれた跡が・・・、とは言え、この脇芽も美味しいという事実は、もしかしたらあまり知られていないかもしれない。
20160321_6.jpg

その後もここぞと思うポイントにフライを投じてみたのだが、あまりにも激渋。お互いに諦めモードとなり、恒例の豚丼屋へ。当日夕方より家族とのイベントがあったので、私はあくまでも軽めに。一方でNORIさんは竹盛り。NORIさんならきっと松でも大丈夫だろう!!
20160321_7.jpg

私はここで時間切れ。その後、NORIさんは小さいながらもまずまずの数が釣れたらしいとの報告を受けた。

帰路の途中に以前から気になっていたポイントに少しだけ立ち寄ってみた。“釣り”ポイントではなく、あくまでも、花を愛でるポイント。
20160321_8.jpg

住宅街にポツっと存在する雑木林。河岸段丘に位置する場所が故に比較的急な傾斜がある。その斜面沿いの小さな雑木林の地面には至るところに紫色の花弁が・・・

雑木林の中にまで立ち入る時間はなかったので道路脇から観察。たまたま道際に、花弁を開いているカタクリを発見できた。
20160321_9.jpg

安近短なZFFと野草観察。その双方を満喫し終えても10数分後には自宅にたどり着ける幸せ。そんな環境に改めて感謝した一日になった。










スポンサーサイト
Comment
先日はお疲れ様でした〜
急のお誘いですいませんでした。

次回は梅にしますね!
NORIさん、おはようございます。先日はありがとうございました。
いえいえ、次回は是非、『竹』以上の飯マシで行っちゃってください!!
さてさて、良い季節になってきましたね。またご一緒しましょう!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク