HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  2016年春の記録 ~桜オイカワ~

2016年春の記録 ~桜オイカワ~

4月6日(水)

出勤前、拙宅から歩いて数分の公園の桜を見に行った。我が家の子供たちが小さな頃は毎年必ずこの樹をバックに、子供たちの成長をカメラに収めていた。既に子供たちはカメラのフレームに入ることを拒む程に成長してしまったが、それでも尚毎年、満開の見事な姿を見ることを楽しみにしている。
20160406_01.jpg

4月10日(日)

春になると毎年訪れるもう一つの我がHome riverであるO川の上流部。しかし、この川では私は竿を振ることはほとんどない。いつも釣りを愉しませて貰っているK川と比べると、河岸が狭く遊歩道が至近距離にあり安全に釣ることができるエリアが極小だから・・・というのが勝手に決めた自分的ルール。しかし、これは他人に強要するものではない。

滾々と湧く湧水が作る綺麗な沢。ミズハコベが群生していて、水質の良さを物語っている。
20160410_01.jpg

O川沿いの水辺の光景。ミズハコベの絨毯に桜の花びらが添えられていた。実は『水生オオイヌノフグリ』(勝手に命名)(過去記事参照)を見に行ったつもりだったのだが、時期的に少し早かったこと、そして、オオカワジシャそのものが減っていたため見ることができなかった。オオカワジシャは外来植物なので、このこと自体は良いことだと考える。もしかしたら、O川の自然を守る素敵なボランティアの方々が駆除されたのかもしれない。
20160410_02.jpg

キイチゴ(カジイチゴ?)の花も満開。見事に勢力を拡大しており、河岸に新しい芽もたくさん出ていた。
20160410_03.jpg

既に結実を始めていたものも・・・。良い時期になったら、少しだけでも摘んでみようか・・・、と毎年思いながらも試したことがない。
20160410_04.jpg

こんな微笑ましい光景が目の前を通り過ぎた。お父さん、ご苦労様です・・・(笑)
20160410_05.jpg

続いて、K川に移動。こちらにはオオカワジシャはたくさん生えており、水生オオイヌノフグリならぬ『水桜』を拝むことができた。
20160410_06.jpg

あちこちに顔を出し始めたイタドリ。あっという間に人の背丈近くになり、釣り人の行く手を阻むことになる。地面に散った桜の花びらが緑と相まって綺麗。
20160410_07.jpg

さて、景色ばかり見ていないで、いよいよ釣行開始。
20160410_08.jpg

そして、この時期のもう一つの目的であった、『桜オイカワ』、を無事にカメラに収めることができた。
20160410_09.jpg

さて、春まっさかりの今日この頃。せっかくのGolden Weekも前半は仕事で丸つぶれだが、後半は再び、この川を散策してみたいと思っている。





スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク