HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  GW2016・初釣行はHome riverでまったりと・・・

GW2016・初釣行はHome riverでまったりと・・・

5月2日(月)。

今年のGolden weekでは、初めて終日休める日。そして、中国地方の高校から帰省中のヤマメ愛くんと約束していた日。ゆっくりのんびりと釣行を愉しむのであれば、やっぱり我がHome riverが最適だろう。

午前中は色々と野暮用(後述)を済ませ、ヤマメ愛くんに合流するべく自転車のペダルを漕いだ。川に到着した時、彼は美味しい豚丼の昼食を独り愉しんだ後で釣行を再開した直後だった。聞くところによれば、上流のポイントは渋めでポツポツの釣果だったとのこと。

取敢えず、ヤマメ愛くんは橋の下流を、私は橋の上流のポイントを調査することにした。曇天だったが程々に暖かく、まずは様子見でドライフライを結んだ。

水量は少なめ、おまけに、川底には砂や泥も堆積していて、以前はブーツでは歩けなかったエリアも普通に歩けるようになってしまっていた。あまり撮影したことがない立ち位置から、愛竿Blue Heron #0-1と共に我がHome riverを記念撮影。
20160502_01.jpg

心配とは裏腹に、魚の反応は上々・・・と言っても、こんなサイズばかりだったが・・・
20160502_02.jpg

このオイカワで、ツ抜け手前。
20160502_03.jpg

一方、ヤマメ愛くんが調査中の下流ポイントは少々渋めとのこと。『では、上流ポイントの調査でもしようか・・・』、ということで、すっかり伸びてしまった雑草の中を、ヤマメ愛くんの背中を見守りながら遡上した。あと少しで河岸の遡上も厳しくなる季節・・・
20160502_04.jpg

私は既に納竿モード。ヤマメ愛くんに先行してもらった。頃合い良く小さなライズが始まり、そのライズを狙って着実に魚をかけるヤマメ愛くんをパチリ。
20160502_05.jpg

すっかり伸びてきたイタドリの群生。
20160502_07.jpg

私は食べ頃のイタドリをもぐもぐと摘まみつつ(・・・笑)、ヤマメ愛くんを見学。ちなみに、ヤマメ愛くんにも試食して貰ったが、『酸っぱい!!』、と一言。まぁ、そんなに美味しいものでは無いのだが、私にとっては春の風物詩と言ったところだろうか。
20160502_06.jpg

更に上流のポイントへ。遡上する程に渋さが増す我がHome river。それでも、昨年よりは魚影が濃いような気がする。数年前のGWは爆釣状態だったが、様々なファクターが起因して状況も刻々と変わるのだろう。釣れ過ぎるのも飽きてしまうし、このくらいがちょうど良いのかもしれない・・・、なんて、何とも我儘な釣人の勝手な意見。

とあるポイントでの出来事。極めて浅い水深のポイントにドライを投じたヤマメ愛くんのロッドが凄い曲がりを見せた。距離が離れていたので撮影できなかったが、駆け寄ってみると見事なサイズのオイカワ。恐らく我がHome riverでは最大級だろう。
20160502_08.jpg

釣り勘抜群のヤマメ愛くんはやっぱり『何か』を持っている。魚を最大限に労りつつ撮影に昂じるヤマメ愛くんを見ていると、何とも微笑ましい気持ちになる。
20160502_09.jpg

結局その後の状況も渋く、早々に諦めてコンビニでしばらくお茶休憩。期待していた夕方も何故か状況は渋く、薄暗くなる頃までまったりモードで過ごして納竿。そして、近くの駅まで共に歩いた。

お互いにちょうど小腹が空いていた頃・・・、駅前の串揚げ屋の看板に心を奪われた私は、ヤマメ愛くんに“30分一本勝負”の寄り道を提案。我がHome riverから遠く離れた高校で、学業に部活に、もちろん釣りにも大いに励んでいるヤマメ愛くんの控えめだけど愉しげな表情・・・。ただでさえ美味い串揚げに更なる調味料が加わったことは言うまでもない。

朗らかな気分で帰宅後は、もちろん晩酌開始。つまみは、つい先日に秋田で購入した『赤ずし』。
20160502_10.jpg (iPhoneで撮影)

本題とは全く関係ないのだが、実はこの釣行の翌日は会社のチーム員の披露宴だった。請謁ながらも新郎から主賓挨拶を仰せつかっており、午前中に作成した原稿案を見ながら色々とシミュレーション。『赤ずし』を摘まみつつ、ほろ酔い気分で新たなアイデアも湧いてきて、結局、当日本番は原稿を全く見ることもなく、あくまでも気さくに楽しく挨拶を完遂することができた。

それにしても、レストランウェディング形式の何とも素敵な披露宴だった。記念にその一コマを貼っておきたい。新婦が新郎に特大のケーキを頬張らせている・・・の画。
20160502_11.jpg (iPhoneで撮影)

幸せそうな新郎新婦の表情を見ていたら、なぜか唐突に前日の釣行を思い出した。

Time flies so fast ・・・

そんなことが頭を巡るきっかけになったGW2016初日の釣行だった。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

代官山のレストランで開催された素敵な披露宴の後、長年連れ添っている最愛の会社メンバー2名と共に何だか歩きたい気持ちになり、渋谷まで歩いてみた。白い2000年式チェロキーに乗り、そして、渋谷に実家がある後輩Tが、『ブラタモリ』風に色々と解説してくれて、何とも楽しい散歩になった。

そんな折に横切ったのが『渋谷川』。
20160502_12.jpg (iPhoneで撮影)

彼の説明に由れば、諸説あるらしいが、♪~春の小川はさらさらいくよ~♪、で御馴染みの『春の小川』、は、どうやらこの川がモデルとなったらしい。

渋谷川が作った谷の街が渋谷。なぜか地上3階にある地下鉄銀座線は、そのまま真っ直ぐ進むと、いつのまにか地下を走ることからも、谷にある街であることが伺える。

自然護岸の頃の昔は、きっとさぞや綺麗な川だったのだろう。関東在来のオイカワやカワムツが居たのだろうか。琵琶湖方面から鮎が移入される前の時代だと思われるし、どんなZacco達が悠々と泳いでいたのかと想像を膨らませると楽しい。

渋谷に纏わる薀蓄を愉しみつつ、3人での渋谷の夜は更けて行ったのだった・・・
20160502_13.jpg (iPhoneで撮影)















スポンサーサイト
Comment
Green Cherokeeさん こんばんは!
先日はありがとうございました(^^)
帰省の初釣行がGreen CherokeeさんとK川というなんとも落ち着くお時間でした!メガオイカワにあえたり、イタドリや”30分勝負”の味も時間もとても愉しく美味しく気持ちもおなかも満たされ、また良い思い出となりました。ありがとうございましたm(__)mいろんな変化のあるK川ですがやっぱり癒されます。またご一緒できたらよろしくお願いいたします!
ヤマメ愛くん、おはよう。返事が遅くなってしまいごめんなさい・・・ <m(__)m>
K川のいろんな変化を感じ取れるのは、この川に通っている証拠。そして、釣れる時も釣れない時も癒されるのは、この川が大好きな証拠。この価値観を共有できる釣友の存在は嬉しい限りです!!
それにしても、メガオイカワお見事だったね!! 帰省の際はまたご一緒しようね!!
Until that moment, enjoy your life in your lovely island !!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク