HOME   »  渓流FF  »  M氏のBlue Heron ”余裕の心” Specialにヤマメ入魂!!

M氏のBlue Heron ”余裕の心” Specialにヤマメ入魂!!

5月15日(日)。

拙ブログでも御馴染みの仙台在住のイトウ釣りの名士でもあり名医でもあるM氏が仕事で東京に。脳血管内手術における学会の理事であり、現在3500名以上の医師が参加される学会の学会長就任も既に決まっている偉大な御方だが、ひとたびFieldに入れば、釣友の関係で居ることができる幸せ・・・

そんなM氏を、信濃町駅前の某・大学前に緑チェロキーでお迎え。何とも心地良い晴天の一日。今年の学会長であるY先生と二人で肩を並べて建物から出てきたM氏はすぐに緑チェロキーに気付き、こちらに向かってきた。まさかこれからM氏が釣りに行くことなど、Y先生はきっと想像すらしていないだろう・・・(笑)
20160515_0.jpg

神宮外苑から首都高に乗り西に向かう。M氏にお渡ししたオプションは、①小さな里川でカワムツ狙い ②以前の場所でハス狙い ③里川でヤマメ、の3つ。M氏の選択肢は③だった。仙台市内から車で30分も走れば小渓流がいくつもあり、いつかその渓に向かう時の練習をしたい、というのがM氏の考えだった。

実は、③の返答が来ることは予め高い確率で予想しており、そのために険しくなく伸び伸びとロッドが振れる里川の下見をGWに済ませていた(前記事参照)。釣り勘抜群のM氏だが、Fly Fishingだけは初心者。そんなM氏のために思い当たる中では間違いなくベストな渓。

当日、うおさんがこの渓に向かっていることは事前に連絡を受けていた。いや、うおさんはきっと、M氏のために先発調査が目的で行って下さったのだと思っている。良いポイントには入渓せず、且つ、ご自身は短時間の釣行に留め、当日の釣人の人数やどのポイントからの入渓が良さそうだと、タイムリーにご連絡を頂くことができ感謝感謝・・・

そして、うおさんはロッドも繋がずポイント付近で待ち構えていて下さった。M氏にうおさんをご紹介。そして、いざ出陣前のM氏と、とりあえず雰囲気だけをレクチャーする私を撮影下さった。
20160515_1.jpg (うおさん撮影)

M氏の人生初渓流FF、いざ実釣開始。私のウィンドブレーカー、ウェーディングシューズ、そして、ウェットゲーターを装備するM氏の後姿をパチリ。
20160515_2.jpg

このポイントでは反応があったのだが、残念ながらスッポ抜け・・・
20160515_3.jpg

いくら伸び伸びとロッドが振れる渓と言っても、そこは自然渓流。樹や倒木にフライが取られるのは必至。その都度、サポートに入る。

この日はガイド役に徹することに決めていたのでロッドは不携帯。M氏は、『GCもロッド繋いで一緒に釣ろうよ・・・』と何度も言って下さるが、当日中に仙台まで戻らなければならないM氏が故に時間も限局されており、1分1秒も無駄にはできない状況。お言葉に甘えずガイド役を徹底させて頂いた。

以前、私自身も好調だったポイント付近の浅瀬を攻めていたM氏。小さな反応に合わせを入れて、何とも小さなヤマメとご対面。小さくても一尾は一尾・・・ということで、M氏のiPhoneで記念撮影。
20160515_4.jpg (M氏ご自身がiPhoneで撮影)

薄暗くなってきた頃に反応も少し増えては来たが、貴重な反応もスッポ抜けばかり。そもそも、前回に来た時と比べると圧倒的に渋めな状況・・・

ガイドをしながらも、河岸に目を向けると様々な野草が目に入ってくる。山ウドの大きな株がいくつも自生している場所を発見した。来春は少しだけ楽しませて貰うことにしよう。
20160515_6.jpg

予定していた新幹線の制限時間が来たが、M氏は1本遅らせることを決意。学会側が用意してくれたせっかくのグリーン券を無駄にしてでも何とか貴重な一尾を目指すM氏。

『そんなM氏に何とか釣って欲しい・・・』

M氏には極限まで挑戦して頂くべく、残り時間20分という段になって私だけ脱渓。そして、遥か下流に速足で車を取りに戻った。

そして、再び、M氏の元に戻り、遠目で私を発見したM氏が大きな声で、『釣れたよ~!!』、の笑顔。その声に小走りに駆け寄りながら、『写真撮れましたか!?』、と叫んだところ、『ばっちり!!』、とのお返事。

そして、納竿し硬く握手。残念ながらM氏の人生初渓流FFでの一尾の瞬間を見逃してしまったが、紛れもなくその時間は共有できた。人生の中で一枚しか存在しない貴重な意味を持つ一枚。M氏の愛竿Blue Heron“余裕の心”Specialとの記念撮影。
20160515_5.jpg (M氏ご自身がiPhoneで撮影)

その後、山を下り高速を飛ばし首都高を抜け・・・、何とか時間に余裕を残して東京駅地下の駐車場に到着。すっかり元々の装いに着替えたM氏とは異なり、私はまさに“先程まで釣りに行ってきました”風で足元もクロックス・・・ それでも、M氏の提案で、東京駅構内のラーメン屋に直行。ビールこそ飲めないが、ふかひれラーメンを御馳走頂いてしまった。空腹の胃袋に染み渡り何とも美味しかった・・・
20160515_7.jpg (iPhoneで撮影)

そして、新幹線改札に消えていくM氏を、心朗らかに見送った。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

M先生

この度はお忙しい時間を工面して、釣り時間を確保頂き、ありがとうございました。人生初渓流FFで貴重な一尾(正確には二尾ですが・・・(^^ゞ)とご対面できて、本当に良かったです。改めまして、おめでとうございます!!
あの一尾は紛れもなくM先生お独りの力で釣った一尾です。私は不在で貴重な瞬間を見逃してしまいましたが、その分、一尾の嬉しさは倍増したことでしょう。そして、あの時、車を取りに戻った判断が正しかったと安堵しました・・・(笑)
さて、Blue Heron “余裕の心”Specialにヤマメ入魂も果たせましたし、次は宮城の渓でしょうか・・・? 是非ご一緒させてくださいね!!
(追伸)
美味しいラーメン、御馳走様でした!!


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク