HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  北の大地でヤマメの皮を被ったオイカワの乱舞

北の大地でヤマメの皮を被ったオイカワの乱舞

5月31日(火)。

北海道は旭川から北に更に数十キロメートル離れたとある小さな街。前夜はかなり昔から交流のある素敵な方と二人だけで色々と語り合いつつ至福の時間を過ごし、結局、午前様になってしまった。

そして当日の朝。こんな素敵なロケーションの時に限って、朝から電話会議が3つもセットされていた。1つめの会議が終わるや否や、まだオープン前のDAISOの駐車場に到着。そして、何とか2つの会議を半ば強引に足早に終わらせた。

DAISOでとある物を仕入れ、いざ南へ。向かった先は、実は前日に少しだけ調査しておいた、国道脇のまだ春の様相の渓。ハルゼミの声が煩いくらいに響いていた。
20160531_01.jpg

水温は意外と高い。そもそも気温も真夏並みに高かったのだが・・・
20160531_02.jpg

DAISOで仕入れた物・・・それはクロックスならぬ、青い『嘘ックス』。そして、出張カバンの中に入っていた速乾パンツと長袖シャツに着替えてロッドを繋いだ。『嘘ックス』だと滑って危ないのは理解してはいるが、出張ついでの釣りが故に止む無し・・・、一歩一歩慎重に歩んだ。
20160531_03.jpg

一見するとZacco FFに最適な渓相に見える。きっとウグイくらい居るはず・・・
20160531_04.jpg

しかし、実際には『ヤマメの皮を被ったオイカワ』ばかり・・・ (笑) 一投一尾は少々大げさな言い方かもしれないが、そんな気分で釣れてしまう。きっと、フライなんか見たことがない魚ばかりなのだろう。
20160531_05.jpg

如何にも渓流っぽいポイント。
20160531_06.jpg

いわゆる鉄板ポイントには全て魚が着いていた。この写真の範囲内で5~6尾。
20160531_07.jpg

こんな、むしろZacco FFに適したようなポイントでも・・・
20160531_08.jpg

やっぱり・・・。ちなみに、ここだけでも数尾。
20160531_09.jpg

こんなコンクリートブロックのポイントでも・・・
20160531_10.jpg

やっぱり・・・。連チャンに次ぐ連チャンで一向に前に進めない・・・
20160531_11.jpg

森に囲まれた雰囲気の良いポイント。ようやくここで、愛竿Blue Heron #0-1を絞り込む魚に出逢えたが、あえなくフックオフ・・・ 天を仰いだ。
20160531_12.jpg

気持ちを改めて同じような場所にフライを投じると、逃がした魚よりはかなりサイズダウンだが、ようやっと、ヤマメと言っても良さそうな魚とご対面できた。
20160531_13.jpg

もう少し遡上したかったのだが、いきなりの雨。森の中でしばらく雨宿り。ふと横に目をやると、私が一方的に片思いの“お友達”もご休憩中だった。全く動く様子もなかったので、邪魔にならにように決して触ったりせずにそっと立ち去った。
20160531_14.jpg

雨は小降りにはなったものの、一向に止みそうにない。諦めて、北海道らしい大きな蕗の葉と一緒に、愛竿Blue Heron #0-1を記念撮影して納竿。
20160531_15.jpg

ハンドルを握り始めた頃には本格的な土砂降りに・・・。それでも旭川市内に戻る頃には雨は上がっていた。空港近くになって少し回り道して、田んぼの脇にレンタカーを止めた。
20160531_16.jpg

そして、まだ雪を頂いた十勝連峰を清々しく眺めた。
20160531_17.jpg

こうやって自ら振り返ってみると、これは渓流FFと言うより、北海道のZacco FFと呼んでも良いのかもしれない・・・と思った次第。ある意味、我がHome Riverでオイカワを釣るような感覚の気張らない気楽な釣りだった。

そんな訳で、この記事のカテゴリーは、あえてZFFの部類にしておきたいと思う。










スポンサーサイト
Comment
『ヤマメの皮を被ったオイカワ』・・・なるほど!
地元では新仔ヤマベと呼びます。大昔は、手竿でオイカワの毛鉤仕掛け(流し浮仔と毛鉤が沢山付いた仕掛け)でやっていた地域もあるようですから。
一投一尾で釣れてしまう〝ヤマメの皮を被ったオイカワ〟の乱舞も羨ましいですが、森に囲まれた雰囲気の良いポイントでしばし雨宿り。こういう時間の過ごし方、日々の疲れを癒してくれそうですね。
atlantic night talesさん、こんばんは。
実はこの記事は、まさに貴殿を思い浮かべながら書かせて頂きました・・・ (^^ゞ
思い返してみると、Zaccoの命名の由来はさておき、実はZaccoに定義がある訳ではなく、身近に出逢えて子供の頃から親しみがあって水遊びの時に心癒してくれた魚・・・、これがZaccoであるべきなのかなと思いました。何もオイカワやカワムツ等に限定すべきことでもなく、それぞれの地域にそれぞれのZaccoが居るはず・・・ということに改めて気づかされた次第です。
実は今回、そう思えるくらいにあまりにもたくさん釣れてしまい、それも新たな気づきのきっかけになりました。
オイカワよりも楽に釣れてしまうヤマメ・・・ そんな川は少なくとも関東にはそうそう無いと思います・・・ (^^ゞ そういう意味でも、貴殿がとても羨ましいです!!
Gran Lussoさん、こんばんは。
さすがGLさん、文脈を読みますね・・・ (^^ゞ 
オイカワ並みに釣れるヤマメにしばし没頭したのも事実ですが、実は、この子と出逢えた時が一番落ち着いて森と渓を眺めることができました。
そういう意味でも、今回の突然の雨にも感謝しないと・・・ですね (^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク