HOME   »  海外FF事情  »  韓国 Seoul FF事情

韓国 Seoul FF事情

8月11日(土)。23時頃、Seoulより帰宅。

帰りの便をあえて最終にしたのは、コスト削減もあったが、実は今日の昼間のうちに、兼ねてから見つけていたFly専門店に自力で行こう、と思っていたことが最大の理由。

しかし、以前にjetpapaさんから教えて頂いた通り、同行の韓国人の横でブツブツ呟いてみたら、何と初日の客先での仕事帰りに、彼がわざわざタクシーで、お店まで連れて行ってくれた!

韓国名物の渋滞の末、たどり着いたのは、このお店。行ってみて気づいたのだが、ハングルが全く解らない私は、もしかしたら、自力ではたどり着けなかったかもしれない・・・
K_FF_01.jpg

この、"Rainbow Fly Shop"。Seoul市内では唯一のFly Fishing 専門店らしい。拙ブログでは、顔出しNGとさせて頂いているが、もっとたくさんの方にこのお店を知って頂きたいし、店主の許可も頂いたので、顔出しでご紹介させて頂きたい。
K_FF_02.jpg

店主は、Jonathan Choeさん。いざ店に行けたとしても、きっと言葉の壁で苦労するかも・・・という心配とは裏腹に、とても流暢な英語をしゃべる方だった。

店内の様子を、写真でご紹介させて頂きたい。ところ狭しと並んだ数々のグッズ。かなりの充実レベル。
K_FF_03.jpg

K_FF_04.jpg

ランディングネットは日本製とのこと。
K_FF_05.jpg

K_FF_06.jpg

K_FF_07_20120812003701.jpg

ずらっと並んだSageなどの高級リール。聞くところによると、韓国FFの世界でも、外国製が人気らしい。
K_FF_08_20120812003700.jpg

せっかく来たので、韓国製の小さなリールが欲しい、と申し出たところ、この写真の右から二番目のものを紹介頂いた。しかし、500,000KRW。すなわち、約40000円。とても手が出ない・・・
K_FF_09_20120812003700.jpg

とにかく安いものを!、とお願いしたところ、とある黒いリールを推薦頂く。Initial Priceは120,000KRW、約1万円。これなら、買ってしまっても良いかな・・・と思っていたところ、同行の韓国人が韓国語で何か交渉を始めた・・・
K_FF_10_20120812003700.jpg

すると、Choeさんが提示してきたのは、何と、90,000KRW。約7200円。#3-4とのことだが、”これは買いでしょ!”、と自ら納得し、サッとCredit Cardを差し出した次第・・・

さて、その後もいろいろと話してみたが、このSeoul市内で唯一のFF専門店。多くの日本人が訪れるらしい。しかも、定期的にわざわざ韓国にFFを楽しみに来られる方もいらっしゃるようで、何と北海道から来られるらしい。身近に素敵なFieldがあるはずなのに、わざわざ北海道から来る、ということは、よっぽど天国なのではないか・・・?

更に、どのあたりで釣っているのか尋ねたところ、”ここから車で1時間くらい”、とのこと。何を釣っているのか聞いたところ、Trout、とのこと。平地ばかりのSeoulかと思いきや、車で1時間も走ると、渓流がある、ということになる。安・近・単、はSeoulにも存在していた。

帰りしな、Choeさんと共に写真撮影。私の顔はやっぱり伏せさせてください・・・
K_FF_11_20120812003700.jpg


ちなみに、iPod Touchで、日本のオイカワの美しい魚体をご紹介させて頂く。さすがに、Zaccoは釣っていないようだった。Zaccoの生息状況はわからなかったが、川を見ている限り、必ず居るはず、と確信した。

この写真は、本日、日本人観光客にも有名な明洞で昼食を取ってから、江南近くのホテルに荷物を取りに戻る途中に、タクシーの車窓から撮影した川。名前は不明。
River in Seoul

実は昨日、Seoul市内の南の方に、何とも里川の雰囲気満載の川を発見できていた。先を急いでいたので、撮影はできなかったが・・・
上記写真の川でさえも水質は良さそうだったので、ならば、里川風の南の川は、かなり良いかもしれない。本当は今日行ってみたかったのだが、残念ながら時間切れ・・・

さて、リールを購入した当日の夜、これも韓国名物か・・・相変わらずの深酒で、かなり酩酊した状態で深夜にホテルに戻ったが、それでもずっとリールのことが気になっていて、箱から取り出してニヤニヤしながら独り撮影開始。
K_FF_12_20120812003700.jpg

K_FF_13.jpg

このリール、入魂は渓流が良いなぁ・・・、オイカワより大きめなハスも良いなぁ・・・、等とあれこれ考えるのも、とても楽しい。しかし、その前に、まずはラインを買わなきゃ・・・、そして、腕を磨かなきゃ・・・ではあるのだが。

話を戻して、お店を立ち去ろうとした時、Choeさんが、”次回は一緒に釣りに行こうよ!”、と言ってくださった。今回は釣行できなかったが、下手すれば、東京から車で長野や新潟に行くよりずっと近い韓国。いつの日か、釣行できる日が来れば良いなぁ、と思っている。

そして、韓国のZacco・・・、もしかしたら、FFではまだ誰も釣っていないのでは、と思われるので、是非、Tryしてみたい。今後も何度か行く機会がありそうな感じなので・・・
スポンサーサイト
Comment
 おはようございます。

 韓国FF北海道から遠征とのこと、やはりと思いました。
 まだまだ、渓流人口が少なく開発されていないため、大物がいると何かの雑誌に掲載されていたのを思いだしました。
 ソウル市内の状況は如何でしょうか?
 摩天楼の下で雑魚なんて可能なんでしょうか?
 ライセンスは?
 車で郊外に行かなくても掘割で釣れるのか?
 とても気になります。

 リール、竿、写真では高番手のように見えました。
 #2#1は扱っていないようで、紹介のとおり雑魚にはまだまだ目が向いていないようですね。
 と言うことは、凄いのが一杯いるということですから、次回は一式バッグに詰め込んで行かなければならないですね。

 韓国は、定価では買わないんですね。
 シンガポールでもそうでしたが、値切り交渉が必要。
 これって二人でやると寄りやすくなるようです。
 どうも交渉が下手でなかなか上手くできないのですが、連れがなんとかしてくれます。
 心強くもあります。

 買う買わないは別にして、是非複数で行って下さい。
 それにしても高すぎます。
 半値まで落ちそうな気がしますが??
韓国FF事情
こんにちは&お帰りなさ~い^^
韓国FFも中々のものですね。以前韓国フライマンのブログ(もちろん日本語です)を読んで、まだ遅れてるな~と思っていたのですが・・・。
韓国にはヤマメとレノックという鱒族がいます。韓国フライツアーもいいですね^^。
jetpapaさん、こんばんは。
いろいろと聞いてみましたが、どうやらそのようでして。。。韓国のFFはかなりパラダイスっぽいです。
詳細は、『その2』バージョン、でご報告しますね。
もっと値切れば良かったですかね・・・、いろいろたくさん教えてくれたので、ついこのあたりで手を打ってしまいました・・・(汗)
farwaterさん、こんばんは。
とうの昔に、韓国FFにまで目が行っていたのですね・・・さすがです!!
オーナーさんに御礼のメールを送ったら、いろいろと追加情報を得ることができました。
『その2』バージョンで、ご報告させて頂きますね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク