HOME   »  渓流FF  »  単独渓流釣行での葛藤

単独渓流釣行での葛藤

8月5日(金)。

一応、夏休み初日・・・と言う割には、朝から電話会議が連続。結局、解放されたのは11時近くだった。夕まずめ狙いと決め込んで急いで支度をして、初めての渓に向かってみた。

標高はどのくらいなのだろうか・・・? 途中の景色を眺める限り、結構高いのかもしれない。息を荒げつつ林道をテクテクと上り、下界の炎天下とは別世界の涼しい夏の渓に到着。
20160805_01.jpg

入渓してわずか10投目くらいだろうか・・・? 幸先良く綺麗なイワナに出逢うことができた。フライはスパイダー風の黒いパラシュート。
20160805_02.jpg

この一尾で終わってしまうかもしれないので、手のひらの上でも撮影。
20160805_03.jpg

釣れたのはこんな小さなポイント。白泡手前のセオリー通りの場所で出てくれた。
20160805_04.jpg

その後は熊出没を恐れつつ、背中に蚊取り線香をぶら下げ、そして、おもちゃのピストルをパンパンと鳴らしながら釣行。まずまずの反応ではあったが相変わらず未熟な腕で4バラシ連続となり、ネットインできたイワナは一尾もなく、やっぱり当初の予想通りの結果に・・・

山が深すぎて身の危険を感じつつ、先を進むべきかどうかしばし葛藤。そして、少し臆病なくらいの方が長きにわたり安全に釣りを続けられるはず・・・と軟弱な自分自身に言い聞かせ、まだ明るいうちに後ろ髪を引かれる思いで脱渓することにした。帰宅して気づいたのだが、ほとんど写真を撮っていなかった。まさに、気持ちに余裕がなかった証・・

しかし、本音を言えば、もっともっと上流部を探索してみたい渓であることには変わりない。次回は金色のCubに跨る百戦錬磨の釣り○カ氏に同行依頼させて頂くことにしよう・・・(笑)




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク