HOME   »  渓流FF  »  Blue Heron Goby Special にヤマメ入魂

Blue Heron Goby Special にヤマメ入魂

8月26日(金)。

この日こそ単発の夏休み。早朝から繰り出そうと思っていた割にはのんびりと惰眠を貪ってしまい、結局は昼過ぎになって釣行準備を始めた。

時刻は既に夕方近く。到着したのはこんな渓。以前に一度だけ訪れたことがあるのだが、前回とは異なるポイントに出向いてみた。
20160826_01.jpg

この日に持参したロッドは、先日に韋駄天さんで入魂したばかりのBlue Heron Goby Special。ボサの多い小渓流で威力を発揮してくれるに違いないと見込んで、この一本だけ持参してきた。

その愛竿に#14のドライフライを結び、いざキャスト開始。自身の腕のせいで、なかなか思うようにフライが先に飛んでいかない状況なのだが、それでも大らかなヤマメがいきなり飛び付いてきた。しかし、残念ながらスッポ抜け・・・

『雨が降った後だし、やっぱり反応は良さそう』

単独釣行だったが、きっと傍目から見たら、私の顔はニヤけていたことだろう。そしてわずか数分後、如何にも・・・という岩の手前の浅いポイントで見事な飛沫が上がり、こんなヤマメで飛び出して来てくれた。
20160826_02.jpg

これにて、Goby Specialにヤマメ入魂。嬉しくて、別の角度からも記念撮影。
20160826_03.jpg

以前にmattさんから頂戴した観察水槽を久しぶりに持参。
20160826_04.jpg

しげしげと眺めつつ、改めて『何だか黒点が少ないヤマメだなぁ・・・』と気づいた。やはり観察水槽は面白い。
20160826_05.jpg

毎度ながら、『早く外に出してよ~』、と言っているように見えてしまう。そして、『元気でね~』と声を掛けつつ優しくリリース。
20160826_06.jpg

木々の影ですっかりと暗くなってしまった沢の、これまた如何にも・・・というポイントにフライをトレースすると、再び、ヤマメが飛び付いてきた。
20160826_07.jpg

あまりに暗くて写真がブレてしまったが、せっかくなので釣れたポイントにて愛竿と記念撮影。
20160826_08.jpg

辺りは薄暗くなってきた。無理は禁物の単独釣行では、この二尾で十分。気持ち良く納竿し、のんびりと家路についた。





スポンサーサイト
Comment
祝☆ヤマメご入魂
やっぱり何回やっても入魂っていいですね!
ふらっと行ってやまめ2尾ゲッツはうらやましい。
今度、ぼくにもGobySpecialでヤマメ釣らせてください。
(来年かな?w)
うおさん、こんばんは。ホント、入魂って何度迎えても嬉しいですね~♪
次回はゴビスペで是非是非ヤマメでもイワナでも!! けど、真面目に来年になっちゃいそう・・・(>_<)
追伸)今から帰国します (^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク