HOME   »  海外FF事情  »  韓国でのZacco Fly Fishing  ~2016年夏・前編~

韓国でのZacco Fly Fishing  ~2016年夏・前編~

9月3日(土)。韓国でのZacco Fly Fishing・前編。

韓国はソウル市内のホテルで目覚めた朝。前夜で全業務は終了し、後は帰国するのみ・・・。そんな恵まれたタイミングで釣行しないという選択肢は、少なくとも私自身の中には全く存在しない。

羽田空港を飛び立った8/31(水)早朝は台風一過で清々しい青空だったが、到着したソウルは土砂降り。『週末こそは!!』と期待しつつ数日を過ごし、いよいよ目覚めた当日のホテルの部屋からの光景。何とも微妙な空模様。ちなみに天気予報は雨・・・
20160903_01.jpg

国内出張に使っているREMOWAのケース一つで来たが故に荷物は最小限。もちろんレインコートも無し。さてさて、どうしたものか・・・。

しばし悩んでみたが、『降ってきたら途中で帰れば良いや。どうにかなるさ・・・』、的な超楽観的な気分で出かけてみることにした。しかも、こんな軽装で・・・どう見ても釣りに行く装備ではない・・・(笑)
20160903_02.jpg

目的地は前回と同じ川近く(比較の意味でも是非とも過去記事をご参照ください)の別の河川に設定。ホテル最寄りの鶴洞駅(ハクトン)から地下鉄に乗りこんだ。ちなみに、江南(カンナム)に位置する駅。
20160903_03.jpg

ソウルを流れる全長514kmの大河・漢江(ハンガン)を渡り・・・
20160903_04.jpg

上鳳駅(サンボン)にて乗り換え。毎度ながらの『ハングル酔い』。この案内表示をどれだけ真剣に見ても何一つわからない。今回は周囲に知的で優しそうな人(きっと英語で親切に教えてくれるであろう・・・と思われる人)が見当たらなかったので、駅員の女性に聞いて、乗るべき電車を確認した。
20160903_05.jpg

目的駅である楊平駅(ヤンピョン)より遥か手前の駅を通過した時、前回に訪れた時には全く気付かなかった一筋の清流が見えた。車窓からはわずかな間しか見ることができなかったが、どうみてもZFFが楽しめそうな雰囲気だった。

既にソウル市外の駅(ソウル市内は漢江以外は釣り禁止)ではあったし、失敗してしまったら後戻りする時間的余裕はないのだが、一か八かの掛けに出てみた。そして、逆方向に一駅戻り、ホームで電車を見送った。
20160903_05_2.jpg

降り立ったのは徳沼駅(トッソ)。
20160903_06.jpg

駅前の光景。
20160903_07.jpg

朝食を抜いたまま来てしまい、酒飲みの割には思わず、ビンスー(韓国版のかき氷)に目が引かれてしまった・・・
20160903_08.jpg

古き良き町と言った雰囲気。
20160903_09.jpg

この町の雑踏を抜けてすぐに、川らしきものが見えてきた。先程はわずかばかりに車窓から見た清流だが、遠くから川面を覗くと、なんと、ライズらしきものがたくさん見える・・・

『これは絶対に釣れる!!』

そう確信して、ワクワクしながら坂道を足早に降りて行った・・・
20160903_10.jpg

(後編に続く)  

(ロンドンはヒースロー空港にて記事アップ・・・)




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク