HOME   »  海外FF事情  »  Bleak FF in England

Bleak FF in England

8月13日(月)。

今日は11回目の息子の誕生日。早めに仕事を切り上げ帰宅し、ケーキでお祝い。縦長の写真だと、なぜか縮んで表示されたりすることがあるので(iPadで見たりすると)できるだけ避けるようにしているのだが、こういう状況では縦長にせざるを得なかった・・・
Birthday_Cake_2012.jpg

さて、表題の件、今朝、英国の敬愛するTsu-ri-Ba-kaのMr.Cより、嬉しいメールが届いた。以前ご紹介したBleakを釣り上げたとのこと。ずっと心待ちにしていた吉報なので、朝から感無量。

Bleakを釣った川は、River Wye。Ross-on-Wyeという場所にあるらしい。細かい地図を貼っても、実は私自身もよくわからないので、英国のこのあたり・・・という地図を貼っておきたい。
River Wye

Mr.Cの手の中に居るBleak。オイカワの良型という感じだが地味な色。オイカワよりは、顔つきがワタカに近いような気もする。
Bleak_Abelette.jpg

Bleakを釣り上げる瞬間のMr.Cの勇姿。愛竿はもちろんBlue Heron。足場も狭く、後ろには草があり手前には木が沈んでいて・・・私には難関な場所であることは間違いない。また縦長の写真だが、皆様の閲覧環境で正常に表示されているだろうか・・・?
River Wye at Ross-on-Wye

飼い主を暖かく見守るPoppyとの一枚。3歳のメスとのこと。二人の飼い主を通じていろいろな辛い過去を辿り、二ヶ月前にMr.Cが引き取った愛犬。飼い始めて間もない時期ではあるが、この写真、愛するご主人様を見守るその場の情景が浮かんできて微笑ましくなる一枚だと思う。撮影された方も、そんな気持ちでシャッターを押したはず。
River Wye at Ross-on-Wye_w_dog

ちなみに、Mr.Cはテンカラも楽しんでいるらしく、こんな写真も送ってくれた。青空をバックに大いに曲がるテンカラ竿。しかし、これが日本から遠いEnglandでの出来事だと考えると、面白さが増す一枚だと思う。
Tenkara_UK.jpg

こんなZacco FreakのMr.Cだが、昨日私が釣ったこの写真を送ったところ、こんなメッセージを返してくれた。
Oikawa_20120812_Japan.jpg

I think Japan has the most beautiful fish.

確かに、婚姻色の”韋駄天”オイカワ。こんな美しい魚は、類まれな存在なのかもしれない。こんな美しい魚を釣ることができるFieldが身近にあることを幸せに思う。

大切にしなきゃ・・・ですね。
スポンサーサイト
Comment
イギリスでテンカラ振っている人が居るとは驚きです。
使ってる竿とかラインとか、釣り場や対象魚など興味が尽きませんね。
JICKYさん、こんばんは。
おっしゃる通り、私も驚きました。
おまけに、日本とそっくりの(同じ?)魚が居るみたいで、更に驚いています。
興味は尽きず、今後、更に掘り下げて行きたいと思っています。
 おはようございます。

 これからの出張はテンカラを主体にセットしたら如何ですか?
 僕は、初めてで様子が判らない時はテンカラがお伴です。
 竿一本でスペースを取らないので、勝負が早いので、オイカワには最高です。
 次回、状況によりフライ。
 とりあえず、テンカラ 如何でしょうか?
 
jetpapaさん、こんにちは。
とりあえずテンカラでスタート。荷物もコンパクトになりますし、Good ideaですね!
まずは身近な川で、テンカラにも挑戦してみたいと思います!一度も経験が無いもので・・・ (汗)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク