HOME   »  釣り全般  »  滔々と流れる釧路川 2016 ~プロローグ~

滔々と流れる釧路川 2016 ~プロローグ~

11月3日(木)。文化の日。

前夜は室蘭の超名店である『一平』で会社メンバーと二人だけでしっぽりと飲んでいた。そろそろホテルに戻ろうか・・・と思っていた矢先、隣席にいきなり見慣れた顔が・・・なんと、数時間前に面談したばかりの某・法人の理事長(笑)。そんな偶然の出遭いに恵まれ新病院建設秘話も含め愉しいお話をたくさん伺わせて頂くことができただけでなく、なんと奢って頂いてしまった次第・・・(謝)

思い出深い夜が空け、曇天の東室蘭から特急電車に乗った。新千歳空港に近づいた頃は車窓の景色は雪に変わり、南千歳駅に降り立った時はこんな光景になっていた。
20161103_01.jpg  (iPhone6で撮影)

毎年、このような雪景色を見ると、この楽曲を思い出す。個人的な意見だが、この作品はあまりに合致すると思っている。1978年にECMから発表されたアルバム(当時の私は13歳)だが、このアルバムを購入して聴いたのはそれより随分後のこと。今尚、このアルバムはかなり大好きな一枚に変わりない。

『Icefire』 ... by Pat Metheny


一旦、自宅に戻り、翌朝は防寒対策でパンパンに膨らんだ大荷物を持って再び羽田空港へ。そして、メンバーより一足先に釧路入り。今宵の宴の幹事役の私は段取りを全て整えメンバーの到着を静かに待った。

ホテルのロビーで皆との再会を喜び合いつつ、訪れた釧路駅前の居酒屋『釧路食堂』。メンバーと共に記念撮影。
20161104_1.jpg

ちなみに、ここのイクラ丼はかなり有名。客の掛け声の大きさに応じて、イクラを山盛りにしてくれる。このイクラの量で一杯で確か900円くらい。すぐ近くの和商市場で同じ量のイクラを買ってももっと高いはず。ちなみに、決して一人一杯なんてオーダーしてはいけない。一杯を二人で分けるのがちょうど良いと思われる。2年前に一人前をイクラ一粒残さず平らげて、最悪の胸焼けに苛まれたことがある・・・
20161104_2.jpg

宴を終えてホテルに戻る頃には、道路脇の水溜りは氷に変わっていた。前日に千歳で感じた不吉な予感が更に増しつつ、凍えながらホテルに戻った。

さてさて、翌朝からの釣りはどうなることやら・・・







スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク