HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  2016年最後のMy Home River

2016年最後のMy Home River

12月23日(金)。天皇誕生日。

恐らく2016年最後になるであろうHome River・・・と、この時はおぼろげに思っていた。だからと言って、齷齪(あくせく)する訳でもなく、まずはもう一本のHome RiverであるY川にご挨拶に。上流側に工事があるのだろうか・・・川の水は濁っていた。

すぐ近くのお気に入りの雑木林に出向いてみた。落ち葉をカサカサと踏みつけて歩く初冬の雑木林は実に気持ちが良い。
20161223_01.jpg

キノコ類はこの程度・・・
20161223_02.jpg

この雑木林の横には、とても素敵な湧水の小川が流れている。
20161223_04.jpg

オオカワジシャも青々。クレソンも混じっていた。共に外来種で微妙ではあるが、この時期にこの緑にはついつい眼を癒されてしまう・・・
20161223_05.jpg

小さな橋の下にちょっとした淀みというか水が溜まっている場所があるのだが、事もあろうに、ここにニジマスを放流した輩が居る。ざっと見た感じでは10尾程度。二畳くらいのスペースしか無いので、一尾あたり0.2畳。半数くらいは口や背びれ部分が白カビ病にやられていた(以下の写真の通り)。
20161223_03.jpg

ここに放流した輩はいったいどういう意図で放したのだろうか? 毎日新鮮なニジマスを食べたい・・・という晩飯のオカズ用の生簀として放したのだろうか?(だとしたら、0.1%くらい許せる・・・訳ないか・・・)。 近所の子供がニジマスを見て喜ぶから・・・などと偽善を装ったのだろうか・・・? どの魚も意外に太っていたが、底に居るヨシノボリでも食べているのか?

いずれにしても、ニジマスは悪くない。逆に気の毒だと思う。美味しいツマミになって成仏してもらうべく翌朝に一網打尽に掬いに行こうかと思ったが、結局、起きられなかった(・・・という後日談付き)。

さて、気を取り直して、我がHome Riverへ・・・という割にはやっぱり齷齪することなく、再び、以前から気になっていた雑木林に立ち寄った。
20161223_06.jpg

この雑木林は我がHome Riverから徒歩圏内。
20161223_09_201612312146510c7.jpg


ここでもキノコ類はこの程度。いずれにしても、このような雑木林が近所に存在してくれることは嬉しいことだと思う。
20161223_07.jpg

さて、ようやくHome Riverに到着。先行されていたNORIさんに、橋の上から大きく手を振った。
20161223_08.jpg

ロッドの準備の前におにぎりを頬張りつつNORIさんに色々とお話を伺うと、それなりに好調だったとのこと。確かに、目の前にはヒラを打つ魚の姿がある。ならばドライで・・・とフライを投じてみたが苦戦・・・。業を煮やしてヘチを狙い、ようやく、カワムツとご対面。
20161223_11.jpg

時合を逸したのか、NORIさんのフライへの反応も今一つらしい。
20161223_10.jpg

陽もかなり傾いた頃に、うおさんがご登場。うおさんも、釣りというよりは散歩程度の気軽さでお越しになっており、ヒップウェーダーすら持参しておらず、スニーカーでの陸っぱりスタイル。それでも着実に魚を掛けていた。さすが、百戦錬磨・・・
20161223_12.jpg

時間切れのNORIさんを二人で見送った後は、うおさんは既に納竿気分だったのだが、『もう少しやりましょう!!』、と、無理矢理、川へと引きずり込んだ(笑)。

うおさんは上流側にて、ドライで頻繁に魚をかけていた。ウェットの私は魚の反応の悪さに苦労していたのだが、最後の最後で、うおさんに見守られつつ、2016年最後のオイカワとご対面できた。
20161223_14.jpg

久しぶりに薄暗くなるまで川に立っていた。2016年最後のZacco FFも毎度ながらお気軽ZFFだったが、私にとってはこのスタイルが最もしっくり来る模様。きっと、2017年も変わることなく続けていくだろうと思う。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2016年も辺境の拙ブログをご訪問頂きました皆様。
今年もご多忙の中、拙ブログにご訪問頂く時間を割いて下さり、本当にありがとうございました。

もはやライフワークと化したZacco Fly Fishing。今年も年間を通じて、暑い日も寒い日も良く通ったものだ・・・と我ながら思います。

そんな日々の中で、国内の素敵なZaccoのみならず、久しぶりに韓国のオイカワにも再会できましたし、また、つい昨日のことですが人生初のカンボジア・プノンペンのZaccoにもご対面できました。

更に、例年以上に渓流にも出向き、生涯の中で最も頻繁に渓流FFを愉しむことができた素敵な年になりました。恐らく10回は出向いたであろう渓流FFにおいて、『ボ』の日が一度も無かったなんて・・・、これははっきり言って出来過ぎでした。私の渓流ガイドをご担当頂いた方々のお蔭に間違いありません。numassan(さん)、うおさん、マッキーさん、本当にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

愉しく、且つ、気取らない、幅広い年齢層でのZFF仲間も着実に増えて、そんな皆様と素敵な釣行をご一緒させて頂きました。夏のハス釣り、寒い中でのBBQ、そして、皆様の笑顔・・・、そのいずれもが、とても愉しい思い出です。

もう一つのライフワークでもある、非公開のfacebook Group・EZFF(Easy Zacco Fly Fishing)もそれなりに賑わっており、今年は韓国やカナダのメンバーも増えました。台湾語、日本語、英語が飛び交う不思議なZFFファンのご縁。せっかくご参加頂いたメンバーの皆様が今後も更に愉しめる場として運営できればと思っています。

もう一つ、私の人生の宝物の一つとなった釣行記が、とある雑誌に掲載されるという嬉しい出来事もありました。ZFFの魅力が一人でも多くの読者に広まる機会になってくれたのなら、こんなに嬉しいことはありません。

改めまして、皆様のご訪問に感謝申し上げます。来年もマイペースで続けて行こうと思いますので、引き続き、ご訪問頂けましたら幸いに存じます。

では、残すところあと少しですが、良いお年を。そして、2017年も、Tight lines !! (良い釣りを!!)

Green Cherokeeより

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク