HOME   »  出張ネタ  »  プノンペンのグルメ ~後編~

プノンペンのグルメ ~後編~

12月30日(土)。

(再び、最初にお断り申し上げます。文中に出てくる食べ物の写真がちょっと苦手な方もいらっしゃるかもしれません・・・)

カンボジアはプノンペン出張の最終日。

毎度ながら、トゥクトゥクタクシーで出勤。英語を話すことができる人懐っこいドライバーで、帰りにも迎えに来てくれると言う。往復で10$(USD)を要求してきたが、5$ならOKと返すとあっさりと承諾。仕事場に到着し、とりあえず3$渡して、携帯番号を教えてもらった。

前日の大仕事を終えて安堵の病院スタッフ。今後の緊急時に備えたトレーニングをいくつか実施させて頂き、15時くらいに仕事を終わることができた。

さて、ホテルに帰って荷造りするとしよう・・・。しかし、タクシーのドライバーに電話を鳴らすも応答なし。しばらく経っても状況変わらず・・・

『ならば歩いてみるか!!』

乾季のプノンペン。朝晩は涼しいくらい。日中は暑くて汗ばむ程の陽気ではあるが、風も心地良く、1kmくらいなら歩けそうな気持ち良い景色。
2016_Cambodia_Other_P2_01.jpg

そして、一昨日の夜に訪れたレストランに再訪。先にもご紹介した炭火のコンロ。
2016_Cambodia_Other_P2_02.jpg

お決まりのメニューを頼み・・・
2016_Cambodia_Other_P2_03.jpg

前回はお腹一杯になって食べることができなかったメニューに挑戦。鳥の丸焼き。
2016_Cambodia_Other_P2_04.jpg

肉質のみならず味付けも焼き加減も素晴らしく、お腹の中の卵の部分もすこぶる美味しかった。
2016_Cambodia_Other_P2_05.jpg

一通り食べ終えて、ちまちまと野菜を摘まみつつビールを飲んでいると、道路側からクラクションが聴こえる。見覚えのあるシャツだなぁ・・・と思ったら、あのドライバー。トゥクトゥクを置いて私のテーブルにやってきた。

GC:何度も電話鳴らしたんだよ~ ほら、僕の携帯見てみてよ(6~7回くらいの発信履歴を見せた)
Driver:気づかなかったよ・・・ごめん。空港まで送ろうか?
GC:ホテルのタクシーで移動するから大丈夫・・・

ちょっと残念そうな表情のドライバー。最後に、お互いのゲンコツとゲンコツをコツンと合わせる挨拶をして別れた。

そして、ホテルに到着。まだ小腹が空いていたので、思わずフォーをルームサービス。つい先ほどまで飲んでいた常温のビールも、やっぱり冷やした方が断然美味しかった・・・(笑)
2016_Cambodia_Other_P2_06.jpg


‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 (そもそも、なぜカンボジアに行ったのか・・・ 完結編に続く)






スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク