HOME   »  出張ネタ  »  トラブル続きのParis出張 ~後編~

トラブル続きのParis出張 ~後編~

2017年初のParis出張。後編。

2017_Paris_06.jpg

シャルルドゴール空港近くの警察で無事に調書作成が完了。誰も居ない真っ暗な駐車場を抜け、傷心のまま再びシャトル電車に乗り込んだ。

今の自分に置かれた状況は、『携帯が無い&金が無い』・・・、しかし時間だけは少しある。何をすべきか頭の中で整理し、まずはカードを止めなきゃ・・・ということで、空港ラウンジの受付で、状況を説明し電話を貸して欲しいと頼んでみたが、敢え無く賛同を得られず・・・

『そうだった・・・ こんな時のための隠しカードが・・・』

カバンの中の手帳の裏に、緊急用のクレジットカード2枚を隠してあった。そして、クレジットカードで使用できる公衆電話を探してみたが皆無。そもそも、普段は使わないカードなので暗証番号がわからない(忘れた)・・・となると、空港の無料wifiにPCを繋いでカード会社にメールするしか方法はない。そして、カード会社の連絡先を探しまくった。

実に面白いものだが、Web上で検索した限りでは、三井住友VISAカードが最もわかりやすく、そして、その後の対応も最も柔軟だった(※ちなみに、カードを盗まれた当日に窃盗団に既に乱用されていたが、カード会社が補償してくれた)。 AMEXの会社カードに関しては、我が最愛の会社メンバーが日本時間の翌朝すぐに我が奥様に成り切り、電話で再発行の手続きをしてくれた。元・国営企業系のカードは、当時の慣習を未だに引きずっているような対応だった。

空港でできる限りのことを終えたのは搭乗時間直前だった・・・ 割には、なぜかロビーの人々の動きが全く無い。全員のんびりしている。 『ん???』・・・嫌な予感がしつつ搭乗ゲートの案内を確認しに行ってみると、なんと、出発が1時間以上遅れる・・・との表示。 えっ? ドーハでの乗り継ぎ時間は1時間しかないのに・・・。

その後、結局80分遅れで飛び立った。そして、ドーハが近づいて来た頃、男性CAに聞いてみた。
GC:東京への乗り継ぎ便にちゃんと乗れますかね・・・?
CA:な~~んにも知らん!! 地上スタッフに聞いてくれ!!
『そんなこと俺に聞くなよ!!』 的な態度にかなりムカっとし、気を静めつつ席に戻った。

そしてドーハにランディング。乗り継ぎ便に関するアナウンスが一切無い。逸る気持ちで通路を歩いていると、遥か先に案内板を持った地上スタッフが立っていた。すぐに東京乗り継ぎ予定であることを告げると、一枚のチケットが手渡された。

『This is your ticket for tomorrow

周りには同様の客が十数名居たが全員唖然・・・。しかも、ホテル宿泊クーポン発券のために長い列に並ばなければならない・・・。 ようやく自分の順番が回ってきて、担当の女性に、『明日は大事な会議があるのに参加できない。何か追加補償はないのか・・・?』、と詰め寄るもあっさり却下(以前の経験からわかってはいるものの・・・詰め寄りたくなる気持ちもお察し頂けましたら幸いです)。

帰国できないならば仕方ない。ホテルの近くで昼間からヤケ酒でも飲むか・・・。 少なくとも、この時はそう思っていた。

さて、スーツケースを取ってホテルに行こう、ということで、手荷物スタッフに聞いてみたところ・・・、『貴方の荷物は既にコンテナの中で、取り出すには半日以上かかり、また空港に戻って来て頂く必要があります。預けたままの方が楽ですよ・・・』、などと平然と言う。

電話無し、お金無し・・・、おまけに、着替えも無し・・・ まさに三重苦。

傷心の割には何とも嫌味な青空の下、ホテルが用意してくれたワゴン車で移動。初めて見るドーハの街は殺風景でワクワク感ゼロ。気候は日本の5月のゴールデンウィークの頃のような感じで清々しい。

程なくしてホテルに到着。ホテルは安宿の様相を呈していた。早速チェックインし、酒を仕入れに・・・と思い外に出た。ホテルのロビーに簡易的なBarのようなものがあったのだが、ソフトドリンクが並ぶ棚をぼんやりと眺めつつ何となく違和感のようなものを感じていた。そして、コンビニというよりは“よろづ屋”的な店を覗いてみたが酒の部類は無し。

『もしや・・・???』

一旦、ホテルに戻り、PCを繋いでみる。恐ろしい程に回線が遅い・・・。そして、ようやく探り当てたページに、衝撃の事実が書かれていた。

『イスラム教は飲酒を禁じていて、戒律の厳しい国では外国人でも酒以外にも色々な制限を強いられる。カタールは、どちらかというと厳しい方の国、豚肉は一切入手不可、酒に関しては3万円のデポジットを支払って許可証を取得すれば、ドーハの外れに1軒だけある酒屋で購入可能、基本的にレストランでアルコール不可。メニューに「カクテル」の文字があったとしても、よく見ればそれはノンアルコール(モクテル)。ただ、5つ星クラスの高級ホテルではお酒の飲める場所もある。』

電話無し、お金無し、着替え無し・・・おまけに酒無しかぁ・・・ まさに四重苦。

呆然としつつ、とりあえずシャワーでも浴びて一息つこうかと思い浴室に行くと、何故だか限りなく冷水に近い“ぬるま湯”しか出ず、待てども待てどもお湯にならない・・・。再び服を着て、ホテルスタッフに電話。すぐに来てくれたが、この温度が限界だと言う。『嘘でしょ・・・他の部屋もそうなの?』、と何度も問い詰めるも、同じだと言い張る。もう文句を言う気力も失せて、諦めて震えながら身体を洗った。

電話無し、お金無し、着替え無し、酒無し、おまけに、お湯まで出ないのかぁ・・・ これぞ、『ドーハの悲劇!!』
もう完全に心が折れた。何もやる気が起きない。のんびりパソコンでも・・・と思いつつも、回線が遅すぎて何も見れない・・・。

ドーハで行ったこと。それは束の間の散歩だけ。後は、ふて寝。
21070126_1.jpg

小魚が見える。しかし、ロッドもないから釣りもできない・・・
21070126_2.jpg

翌朝5時過ぎの空港にて。ようやく酒にありつけた・・・ 遅ればせながらのヤケ酒で、シャンパンを矢継ぎ早に胃に流し込んだ。
21070127_1.jpg

ドーハはハマド空港に置いてあった“まねき猫”。そういえば、旧正月か・・・と今更ながらに思い出した。
21070127_2.jpg

そして、この“まねき猫”に、何か良いことを招き入れて欲しい・・・と心の中で呟きつつ、機上の人となった。

(追記)
結局、この便も羽田到着が遅れ、目的地への最終バスに乗ることができず、かと言って、現金もSuicaも無く電車にも乗れず・・・
やむなく最終バスで到着した新宿は既に午前1時。そのまま独りで居酒屋に突入しヤケ酒開始・・・。帰宅できたのはAM3時前になっていた・・・ 





スポンサーサイト
Comment
お疲れ様です!

ドーハの悲劇、まさに想像を絶する災難ですね!!

電話無し、お金無し、着替え無しだけでも相当やばい状況なのに、酒無し、お湯無しとは・・・。

考えただけで、空恐ろしいです。。

わが国へ、ご生還できて良かったです(^^)v
やまねったさん、こんばんは。
こんな愚痴だらけの内容にも関わらず、優しいコメントを頂き本当にありがとうございます!!
ドーハの悲劇は自分でも笑っちゃうくらいでしたが(酒無しが一番辛かったです・・・)、その後、カードや免許の再発行も完了しカード会社の補償にも少しだけ恵まれつつ、何とか平穏な?日々を取り戻し、今は極寒のソウルからコメントしています・・・
とっとと帰国し、週末はオイカワに癒されたいです・・・ (^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク