HOME   »  渓流FF  »  望郷の川で2017年釣り初め

望郷の川で2017年釣り初め

5月12日(金)。

北海道は千歳市で目覚めた早朝5時。起きてすぐにホテルの窓のカーテンを開けた。路面は濡れているが、昨夜の雨は上がっている。

すぐにタックルを準備して、AM5:30にホテルを出発。このホテルは自転車を無料で貸してくれる。気温は8℃くらいで長袖シャツに雨合羽を羽織っただけではかなり寒かったが、少なくともロッドを振っている最中は寒さを感じないだろう・・・的な温度。

ホテルの裏は小高い丘になっている。朝露に濡れた新緑間もない雑木林の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込みつつ、昨夜のうちにアタリを付けていたポイントに直行。自転車でわずか7~8分の距離。

ポイントに到着。Google Mapは下調べの最高のツール。初めて訪れたポイントなのに、まるで以前から知っていたかのような写真で見た通りの景色。
20160512_01.jpg

北海道の河岸の緑。関東ではお目にかかれないような野草が溢れんばかり。この河岸を見ているだけで、『コウイウ バショニ ワタシハ スミタイ』、と心底思う。
20160512_02.jpg

文句なしの渓相。この渓相ですら、街からわずか数分の距離にあるなんて・・・、北海道の自然の偉大さを改めて実感する。
20160512_03.jpg

河岸に降りられるポイント。しかし、スニーカーが朝露でずぶ濡れに・・・
20160512_04.jpg

こんなポイントに#14ウェットを流すと、ほのかなアタリ。ウグイだろうか・・・?
20160512_05.jpg

数投目でフライを引っ手繰るようなアタリ。結構な距離でフライを流していたのだが、遥か先に銀色の魚体が翻る。そのヒキは思い描いたものよりは遥かに強い。

『おぉ・・・』、などと独り言を呟きつつ、ランディングネットも無いので慎重にラインを手繰った。魚の正体が判明した時点で一気に岸に寄せてハンドランディング。今回に限りキープ前提だったので、乾いた手で魚を掴んだ。

記念すべき一尾目のブラウントラウト。愛竿Blue Heron #2-3 3pc改め6pcにブラウントラウト入魂となった。
20160512_06.jpg

持参した100均カッターナイフで腹を捌いた。魚を捌き終わった時、今しがた流していたポイントにルアーマンがルアーを投げ込んでいた。挨拶してみたところ、今のところ、下流のポイントで小さなブラウンが一尾だけ釣れたとのこと。

ルアーマンが立ちこんでしまったので、このポイントを早々に諦めて対岸に渡った。この淀みに魚が付いていそう・・・と思いつつウェットを流したわずか3投目、また同様のサイズのブラウン。残念ながら取り込む前にフックアウト。

二尾の反応を体験できただけで十二分の満足度。河岸からわずか50mの雑木林の入口にて野草観察。大好きなエゾエンゴサクと愛竿の記念撮影。
20160512_07.jpg

北海道のフキノトウは巨大。独身の札幌在住時代は、早春の頃の我が冷蔵庫内には、冷凍フキノトウが10個以上は常備されていた。ヤマウドも欠かすことはなく(札幌郊外の山に少し入るだけで軽く10本近く採取できた)、ヤマウドの油炒めやきんぴら、フキノトウの味噌汁は連日のメニュー、これに炊き立てのご飯があれば何も事欠ず、スーパーでは野菜類は一切の買い物をしなかった。ネマガリタケの時期は、友人と茹でたての熱々をたくさん頬張った。こんなにQOL(Quality Of Life)豊かな都市は、他にそうたくさんは存在しないと思う。
20160512_08.jpg

河岸のサイクリングロードに戻り、季節外れ(関東に比べれば)の桜を愛でつつ、いつものポイントに向かった。
20160512_09.jpg

自転車で訪れたのは初めて。いつものホテルからだと徒歩5分くらいのポイントが故に・・・
20160512_10.jpg

どうやらかなり減水気味。
20160512_11.jpg

さて、かれこれ10回は通ったと思われる馴染みのポイントにウェットを流してみることにしよう。
20160512_12.jpg

小さな反応が数回あった後、比較的明確なアタリ。小さなブラウンかウグイか・・・と思いつつラインを手繰り寄せてみたら・・・なんとギンケ(サクラマス)。
20160512_13.jpg

ちなみに今の時期は、この魚は禁漁。決して、この魚を狙って釣ってはならない。ブログにアップしようかどうか悩んだのだが、『この河川に禁漁がある』、という事実を少しでも多くの方々に知って頂くために敢えて掲載させて頂いた。手を十分に濡らし記念撮影。魚を水面から一切出さずに優しくリリースした。

さて、時刻はAM7時前でそろそろタイムアウト。別のポイントにて、納竿したロッドと愛しの川の記念撮影。
20160512_14.jpg

わずか数分後にはホテルに戻りシャワーを浴びて、遥か南の仕事場に向かった。

翌日は思い焦がれた“やまねったさん”との釣行が控えていた。早々にホテルに戻りたい気持ちとは裏腹に仕事がずるずると長引いてしまったが・・・、その夢のような釣行記は次号にてアップさせて頂きます。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

帰宅後のブラウントラウト。ほんのりピンク色の身。もちろん美味しいツマミになってくれた。
20160512_15.jpg






スポンサーサイト
Comment
GCさん、こんにちは!

仕事前の早朝のちょい釣りで、しかもチャリでこの釣果をあげるのはさすがですね!
ブラウン食べたことないのですが、噂では美味しいと聞きます。
お味はどうでしたか??
やまねったさん、こんばんは。
改めまして、先日は多大にお世話になり、本当にありがとうございました!! 『心の川』では感慨もヒトシオでした・・・♥
この日は活性は良かったようで、我がHome riverのオイカワよりも簡単に釣れました・・・ (^^ゞ
気になるお味の方は・・・確かに美味かったです!! 今回はバター焼きにしたのですが、機会があれば塩焼きも試してみたいと思います。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク