HOME   »  釣り全般  »  やまねったさんのHome Riverで虹鱒との出逢い

やまねったさんのHome Riverで虹鱒との出逢い

5月13日(土)。 北海道の釣行記・後編。

20170513_P2_01.jpg

遠路遥々に車を飛ばして到着したポイント。如何にも北海道らしい長閑な光景が続く。川の中に立っているだけで気持ち良い川だったが、ここは、やまねったさん秘蔵のポイントが故に写真掲載は避けさせて頂く。

やまねったさんのアドバイスでルアーに挑戦。かなり久しぶりにスピニングリールを操った。何回か投げて少しだけ感覚を掴んできた矢先、いきなり魚の反応。

『えっ!? マジ!?』・・・なんて、驚いて固まっている暇はない。何とか近くに寄せたところで、やまねったさんがすかさずランディングネットで掬って下さった。 そして、『ナイス!!』、とやまねったさんの歓声。しばらくドキドキが止まらなかった・・・
20170513_P2_02.jpg

『記念撮影しましょう!!』、とお声掛け頂き、少し落ち着きを取り戻したかと思ったが、後から写真を見返してみると、やはりかなり興奮気味の私だった・・・
20170513_P2_03.jpg

その後はフライに持ち替えてみたものの反応ゼロ。寒さで身体が辛くなった頃を見計らって納竿。そして、ポイント移動。

当日最後に訪れた、山間の神秘的な止水のポイント。ここには大型のニジマスが潜んでいると言う。最低でも40cm以上・・・とのことで、小物専門の私はついついビビってしまう。

まずはフライを投げてみたが、立ち位置が限られており、私ごときのテクニックではことごとく木々にフライを盗まれてしまった・・・。少々めげた気持ちで、やまねったさんの釣りや地面を観察。
20170513_P2_04.jpg

ヤマドリゼンマイが至るところに生えていた。
20170513_P2_05.jpg

ルアーを操るやまねったさんがキャストする時の音以外は静寂そのもの。その静寂が見事に砕かれた。私の視界には何だか凄いサイズの魚が何度も何度もジャンプしている・・・ この状況でも落ち着いて声すら立てないやまねったさん。一方の私は『アァ・・・』だの『オォ・・・』だのモゴモゴと声を発しつつ、慌ててシャッターを切った。
20170513_P2_06.jpg

無事にランディング。湿原の泥の上でいつまでたっても静かにならないニジマス。釣り上げた後にこれほど暴れる魚を今まで見たことがない・・・。 泥まみれになってしまったが、この後は優しくリリース。何事も無かったかのような元気さで水中に戻って行った。
20170513_P2_07.jpg

こんな魚を見せつけられてしまったからには、その後はやまねったさんのロッドをそのままお貸し頂き(いや、強引にお借りしたとも言える・・・)ルアーに挑戦。一度だけ明確なアタリがあったがフッキングせず。 『大物を掛けて欲しい』というやまねったさんの気持ちを背中にひしひしと感じつつキャストにも熱が入ったが、その分、やまねったさんの大切なルアーをたくさんロストしてしまった・・・
(※やまねったさん、本当に申し訳ありませんでした・・・ 必ず何かの形でお返しさせて頂きます)

いつまでもルアーを投げ続けていたい幻想的なポイントだったが、残念ながら時間切れ。 何とももどかしい気持ちでスーツに着替え、再び、遠路のドライブの末、わざわざ空港までお送り頂いた。

早朝からお付き合い頂いたにも関わらず、やまねったさんはこれから夜通しの飲み会とのこと・・・ 凄い体力に脱帽・・・ (笑) そんなやまねったさんに大きく手を振ってエールを送りつつお別れした。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

帰宅してからの写真。

フキ味噌。かなりトウがたったフキだったが、もちろん美味しく摂取。これをちょっとずつ舐めつつ飲む酒がすこぶる美味しい。
20170513_P2_08.jpg

初めてTryした、『背丈の長いフキノトウ』の茎のきんぴら。
20170513_P2_09.jpg

Facebookの山菜関連グループのページに貼ってあった写真を見て思いついた料理。もっと採ってくれば良かった・・・とかなり後悔する程の味だった。
20170513_P2_11.jpg (Webより写真拝借)

前編で掲載させて頂いたトリアシショウマ。
20170513_21.jpg

料理直前まで瑞々しさを保ちつつ・・・
20170513_P2_10.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

やまねったさん

この度は、前夜遅くの作戦会議&早朝からの釣行で『心の川』を初めとしてあちこちに連れて行って頂き、且つ、ガイドに徹して頂き、一方の私は遠慮も無くしっかりと釣らせて頂き・・・ 本当に本当にありがとうございました。道具立てまでして頂き、感謝の言葉が見つかりません。

北海道の『空気感』とでも言いましょうか・・・ 空港に降り立ち外に出て空気を吸い込んだ瞬間にいつも思う感覚があります。どんなに仕事が張りつめている時でも、何だか安堵できる空気そのものについて、何度訪れてもいつも不思議に思います。

そんな空気を愉しみつつ、やまねったさんと愉しく語り合いながらの釣行は、まさに夢のようでした。やまねったさんにとって見たら、釣れた尾数は決して多くなかったかもしれませんが、私としては大満足の“お腹いっぱい”でした(笑)。

この度は本当にありがとうございました!! ロストしたルアーのお詫びも含めて、次回、必ず御礼させえて頂きますので、またご一緒よろしくお願いします!!
20170513_P2_12m.jpg
(深夜の部屋で作戦会議中のSelf Photoをアート加工)





スポンサーサイト
Comment
GCさん、お疲れさまでした!

本当に楽しい釣行をありがとうございました。
また山菜やフライフィッシングのことをたくさん教えて頂きありがとうございます。

Homeはシーズンの終わりかけだったようで、爆釣とはいかずにすいません。
そんななかワイルドレインボーゲットおめでとうござい鱒♪ 
今度は違う河川調査に行きましょう!
1日あれば数か所候補のポイントを調べておきますので、
またぜひぜひお声掛けください☆ 
次こそモンスターレインボーを獲りましょう!!

PS.山菜美味しそう・・・
やまねっさん、再び、こんにちは。
いやはや・・・貴重な一尾を釣らせて頂き、本当にありがとうございました!! 本当に綺麗な虹鱒でした♪
他にも行ってみたい川がたくさんあります。また是非ご一緒よろしくお願いします!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク