HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  高尾山登山 & 少しだけFF釣行

高尾山登山 & 少しだけFF釣行

8月26日(日曜)

先日の、『天空の渓』への不眠不休での釣行が祟り、帰宅後は12時間の爆睡・・・我ながら、良くぞここまで寝続けることができたものだと、改めて感心した。
 
昨夜、息子の幼なじみの友達の父親であり、往年の”飲み友達”のU氏から、”高尾山に行きましょう!”、とのお誘いを受け、二つ返事で行くことにした。明日は登山だし・・・と早々に何とか寝ようとするが、一向に眠くならない。

一時間くらい、うつらうつらした後、ぱっちりと眼が覚めてしまい、AM3時くらいからやむなく(?)、毛鉤など巻いてみる。ふと思い立って高尾山口の地図をNetで見てみたら、何と駅前に川があるではないか!?

ならば、”行くしかない!”、と相成り、AM5時くらいに、昨夜のヌメリスギタケ(モドキ?)の味噌汁を温め、しっかり朝食を採り、早々に、”釣り支度”、を整え、AM6時過ぎの電車に飛び乗った。ちなみに、信州では、茄子と一緒にキノコを煮込むと毒が消える、という話を聞くことがあるが、まったくの間違い。。。念のため。
0826_01.jpg

さて、高尾山口駅に到着したのはAM7時。早朝の電車は空いているかと思いきや、昨夜から飲み続けて朝に帰宅した酔っ払いが多数・・・その9割は若者。酷い者は椅子に座ってられず床に寝ている・・・ 朝から嫌な気分になりたくないので、そういう輩が居ない先頭車両まで移動。何て偉そうに今だから言えるが、自分も若かりし頃は、自分の酒のペースがわからず、似たような経験をしたな・・・と苦笑い。
0826_02.jpg

駅前ロータリーからすぐ、いきなり川が流れている。けど、ここでは釣りにならなそう・・・
0826_03.jpg

電車の車窓から、良さ気なポイントが見えたので、駅より約700m下流に向かって歩いてみると、こんな場所が。
0826_04.jpg

良く見ると、意外に良さそうなポイント。
0826_05.jpg

早速、#21のドライを結び、キャスト開始。しかし、めだかサイズの魚?がフライのハックルの先を突付くのみ・・・? 『ボ』を諦めかけたその時、少々派手目な水しぶきと共に、こんな魚がフライを咥えてくれた。
0826_06.jpg

0826_08.jpg

0826_09.jpg

釣れてくれたのは、ウグイ。”あら、ウグイさん、久しぶり!”、という感じ。思い返せば、FFでは、北海道で10年以上前に釣った以来かもしれない。ウグイのひとのし・・・と、良く言われるが、意外に元気に竿を曲げてくれた。ちなみに、釣れたのはこんな場所。水深の浅い瀬の岩の前あたり。
0826_10.jpg

実釣30分。メインは登山のため、ここで納竿。再び、高尾山口に歩いて戻る。飲み友と駅で合流し、いざ、高尾山山頂へ! 行きは、オレンジ(左から二番目)、帰りは、赤のコース(一番左)と決めて出発。
0826_11.jpg

木陰の登山道で直射日光は当たらないが、それでもかなり暑い。いきなり、玉のような汗が吹き出る。しかし、時折、こんな沢が心を癒してくれる。試しに、水に手を浸けてみたが、実は冷たくなかった。一昨日の、『天空の渓』、に比べたら何℃違うことか・・・
0826_12.jpg

道中には、アリジゴクが多数。昔、良く掘り返して、虫を捕まえたことを懐かしく思い出した。
0826_13.jpg

途中で、こんな大きなキノコを発見。たぶん、マスタケ、だと思うが、ここまで大きいのは久しぶり。
0826_14.jpg

デジカメのケース?に愛用している、”おーいお茶”、に付いていた景品と比べても、その大きさがわかる。
0826_15.jpg

歩き始めること約75分。ようやっと山頂に到着した。晴天に恵まれ、見晴らしは素晴らしかった。これは、橋本・町田方面の眺め。
0826_16.jpg

写真では解りづらいが、確かに、ベイブリッジもわずかに見えた。
0826_17.jpg

山梨・長野方面は、こんな眺め。遠くに見える御巣鷹山(右奥)に向かって合掌。
0826_18.jpg

我が、”飲み友”(左)、と記念撮影。
0826_19.jpg

下山では、登っていた時以上に多くの方々とすれ違う。8割の方は皆マナーが良く、”こんにちは”、と声をかけてくれる。下りの我々の方が楽なので、できるだけ元気に、こちらも声をかける。程なくして、八王子方面の眺望が開けた。
0826_20.jpg

実は、人生初の高尾山登山。最寄りの三鷹駅からわずか40分強で高尾山口に着いてしまう。相模湖に下りたり、陣馬山に向かったり、様々なコースがある模様。久しぶりの登山だがても良い運動になり、気持ちの良い汗をかいた。昼過ぎには三鷹駅で思わず”つけ麺&ビール”で乾杯し、登山で使ったカロリー以上を摂取してしまったが・・・、安近短の山として、今後も楽しんで見たいと思う。

スポンサーサイト
Comment
こんばんは

ウグイ、いいですね!釣ったことがないので釣ってみたいお魚の1つです。

高尾山は気軽に登れるいい山ですよね^^
草木を採取してはいけないのが少し悲しいですが。。。
mihiroさん、こんにちは。
ウグイ、未経験でしたか? K川やY川には、あまり居ないんですかね・・・? そう言えば、御目にかかったことないです、私も。
今度は日頃の川から少し離れて、遠征してみましょうかね! ウグイでも釣りに!
こんばんは。

高尾山には登ったことがないのですが(たぶん)。

登山前に竿を出してしまう、というか、フライロッド持って高尾山に行く人っているの?
と、思わず笑ってしまいました。

でも、ちょっとした川があれば成立してしまうのがフライでオイカワ(ウグイも)のすごいところですね。
wind knotさん、こんばんは。
当日はとてもたくさんの登山客で賑わっていましたが、確かに、釣竿をザックに忍ばせて登山していたのは、きっと私だけだったと思います(笑)。
7本継ぎのパックロッドにして良かった・・・と思えた一日でした!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク