HOME   »  雑記  »  ウグイが好きだ・・・

ウグイが好きだ・・・

唐突だが、ウグイが好きだ・・・

いきなりのタイトルで始まった今回は、一冊の古い本をご紹介したい。

『至高の釣魚料理』 料理指導:遠藤 十士夫 主婦と生活社
Ugui_01.jpg

1995年発行の本。海水・淡水の魚の料理が色々と載っている。ハゼやボラの料理もとても魅力的に感じるのだが、この本の中で、圧倒的に強烈な印象だったのは、他でもない『ウグイ』だった。

ウグイのあらい・・・ 未だ食べたことはないが興味はある。淡水魚が故に怖い部分もあるが・・・
Ugui_02.jpg

最も衝撃的だった一文。
Ugui_03.jpg

あいこく。これも確かに美味そうだ・・・ 未だ試したことがない。
Ugui_05.jpg

唯一、何度も試した味。塩焼き。
Ugui_04.jpg

オボロゲな記憶ではあるが、この本の存在を教えてくれたのは釣友K(過去記事参照)だったはず。そのKと、当時の友人2名を連れて、正月休みに神奈川県は中津川を訪れた。真冬の割には暖かかった一日。当時は餌釣り一辺倒だったKと私は、真冬なのにウェーダーを履いて川の真ん中付近に立ち込み、良型のウグイを数尾ゲットした。

釣りをしたのはKと私だけで、友人2名は河原で火を起こして待っていてくれた。もうすっかり暗くなり、焚火の温もりが心地良い時刻だった。

その辺に落ちていた枝を削って良型のウグイを串に刺して、熾火(おき火)になった焚火から少し距離を置いて乾かすようにじっくり焼いた。もちろん、この本のアドバイス通り、腹も捌かずに、そのまま串を打った。

そのウグイが美味かったこと・・・  さっぱりとした淡白な身。何とも奥深いハラワタの味。『ワタが美味いよね・・・』 。 Kと何度も何度も口にした記憶がある。

ちなみに、私が生まれた場所は長野県下高井郡山ノ内町。この町では、それぞれの家の庭(というかリンゴ畑)に沢の水を引いた池があり鯉を飼っている。そして、客人が来る度にその鯉を捕まえて、鯉こくを供する。胆嚢が身体に良い・・・とかで、子供心に、オブラートに包んだ胆嚢を無理矢理飲まされた、文字通り苦い記憶がある。

イナゴや鉢の子はもちろん、ザザムシ、サナギ・・・。食虫文化もある長野。淡水の小魚やサンショウオを見つけると、我が親父様は良くそのまま飲み込んでいた。今も達者なので、きっと変な寄生虫にもダメージを受けなかったのだろう。

ちなみに、長野ではウグイはスーパーでも売っていた(かなり昔の記憶だが)。イワシや鮎のように、普通のパックで売っていた。そして、ウグイを供するこんな店もある。上田名物の『つけば料理』。もちろん訪れたことがある。 ウグイの味は派手ではないが淡白で奥深いと思う。

Fly Fishingを始めるようになってから、とあるポイントでウグイが釣れるようになった。個人的には『ウー様』と愛情を込めて呼んでいるが、愛情が強過ぎてついつい食べてしまう。 ちなみに、食べることも愛情表現の一つだと思う。

今冬は、脂の乗った良型のウグイを、何処かで釣ってみたいものだ・・・ とつくづく思う。








スポンサーサイト
Comment
GCさん、こんばんは!

ウグイの洗いやワタがうまいなどなど、目から鱗でした!
北海道では、ウー様、キュー様、Q(釣れるとキューと鳴くので)、グイウー等と釣り人に呼ばれ、概ね釣り人にはあまり好かれていない魚ですが、これは北海道ではウグイの数が多くどこにでもいてさらには超巨大化し、トラウトを狙っているとウグイが釣れすぎて釣りにならず邪魔をされている感じを受けることが多いからかなと分析しております。
トラウトをキープする人はある程度いますが、多分ウグイを食べたことのある人はほとんどいないはずです。皆釣って美味しく食べればいいんですね! 支笏湖、阿寒湖、屈斜路湖など水の綺麗なところのウグイはおいしいとかいう噂も聞きます。自分で釣ったのを洗いにする勇気はないけど、一度屈斜路湖の丸木舟などで食べてみようかなと思いました。貴重な情報ありがとうございます。
おぼろげに
おぼろげに僕はGCくんからこの本紹介してもらったと思ってたよ。まあどっちでもいいか。つい最近もウグイのわたについて誰かに熱く話したばっかり。誰か忘れちゃったけど。
Kちゃん、こんばんは。
あれれ・・・そうだったっけ? 確かに、どっちでも良いよね・・・ (^^ゞ
先日食べたウグイはお腹を出して料理しちゃったけど、また真冬のウグイを丸のまま『乾かすように』焼いてみたいな・・・ \(^o^)/
やまねったさん、こんばんは。
貴ブログでも、北海道のウ群の猛攻に遭いトラウトはさっぱり・・・という時がありましたよね・・・ (^^ゞ
日本には、ウグイ、エゾウグイ、マルタ、ウケクチウグイの4種(ジュウサンウグイで5種?)が居るとのことですが、実は、北海道のウグイ(恐らくエゾウグイ)の味は未確認です。けど、見た目もそっくりですし味も同じかもですね!!とは言え、試すなら冬や春の方が良さそうですね。
それまでの間に、もしも僕にウー様が釣れちゃったら、ちょっとだけキープしてみようと思います・・・ (^^ゞ
初めて北海道で釣る機会を得た時もGCくんに色々情報もらったね。おかげで素晴らしい道釣だったなあ。その時最終日に釣れた25cmのウグイ、東京まで持ち帰り、素焼きして味噌汁にしたんだったよ、たしか!
Kちゃん、再び、こんばんは。
おぉ・・・ ”あいこく”、作ってみたんだね!! 僕もいつか試してみたい!!
それにしても、北海道からわざわざウグイを東京に持ち帰る人って限りなく貴重だと思う・・・ (^^ゞ
ウグイ好き過ぎ(笑)
その好きさ加減 ハンパないっす(笑)
mattさん、こんばんは。
貴殿のハス好きさ加減には負けますが・・・ (^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク