HOME   »  野草/キノコ  »  たまには夏キノコに遭いに・・・

たまには夏キノコに遭いに・・・

8月25日(金)。

単発で取得の夏休み三日目。

前日は八戸への日帰り出張で夜遅くに帰宅。それでも、休みとなると何故か早めに目覚めるゲンキンな身体・・・。幸運にも、朝から湿度は高かったものの晴天。

突然だが、私はfacebookのキノコ関連のグループ3つに参加している。2つは日本のグループ。1つはカストリア(ギリシャ)。投稿することはほとんど無いが、スマホの上で敏感に季節を感じ取ることができ、日本の東西南北のあちこちでこんなキノコが出始めたとか、日本から遠く離れたカストリアでもほとんど同じようなキノコばかりの写真がアップされることが理解できたり・・・、そして何よりも自分自身の勉強にもなる。

そのグループのページが色鮮やかな夏キノコで賑わっていた。この時期にあまり好んで山に入らない理由がある。汗だくになるから・・・は当然ながら、『蚊の猛攻に遭うから・・・』というのも大きな理由の一つ。

それでも、こう毎日のようにスマホの写真に触発され続けると、『一度くらい行ってみようかな・・・』、という気持ちになるのが、キノコ好きが故の悲しい性。

・・・という訳で、安近短な雑木林を訪れてみた。

そして、あっという間に見つけた最初の一菌。タマゴタケ。付近にいくつもあった。
20170825_1.jpg

チチタケ。歯応えは今一つだが、不思議な美味しい出汁が出るキノコ。長野県では大人気。
20170825_2.jpg

チチタケを摘まんでいると、このような白い乳が手に付着する。蚊に刺されるのが嫌で長袖を来ているが既に汗だく・・・
20170825_3.jpg

ベニウスタケ。写真の色だとアンズタケのように見えるが、実際はもっとオレンジが強かった。どちらにせよアンズタケ科の美味しいキノコ。
20170825_4.jpg

少し散策しただけだったが、すぐにビニール袋が程々に埋まってくれた。 私の場合、採取したキノコの根元を切って、生えていた場所に再び埋めるようにしたりしているので、ちょっと見た目には悪いのだが・・・
20170825_6.jpg

汗を拭いながら林道脇の舗装路を歩いていると、ナラタケモドキの株を見つけた。これも嬉しい獲物。これも全て取らず、半分くらい残して採取。
20170825_5.jpg

最後の最後に、カレバキツネタケを見つけた。見向きもされないキノコのようだが、私は歯応えも含めて好きなキノコ。
20170825_8.jpg


大汗をかいたが、すっかり気分は満ち足りた。 愛竿Blue Heronも持参していたが、結局、ロッドを繋ぐことなく帰宅し、帰宅後はもちろん・・・
20170825_7.jpg

オリーブオイルでのホイール焼き。 何とも久しぶりの味・・・ とても美味しゅうございました。



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク