記事一覧

貧果なキノコ狩りと大漁のZacco FF

10月9日(月)。体育の日。

前夜は、埼玉県は奥武蔵に位置する会社の旧友・イタチョー(文字通り、彼が作る料理はすこぶる美味い)の別荘にて、会社の友人家族と共にBBQ。酒もそれなりに飲み、結局、そのまま泊まってしまった。

ゆっくり目覚めた翌朝。イタチョーが作る肉うどんを皆で啜り終えて、これからゴルフコースに行くというイタチョーを見送ったのはAM8:00。

・・・となれば、やはり向かうべきは山しかない。渓流シーズンならもっと早起きして渓に出向くところではあるが・・・

峠をぐんぐん上り、随分高いところまで来てしまった。この程度に標高が上がれば、広葉樹林帯も幾つか存在していることは、既にGoogle Mapで確認済み。
20171009_01.jpg

しかし、期待とは裏腹に何ともキノコが少ない・・・

ようやく見つけたホテイシメジ。美味しいキノコだが、酒好きの私には向かないキノコ。残念ながら酒と一緒に食すると悪酔いする・・・ということで、朝食のおかず用に採取。
20171009_02.jpg

ホコリタケの大群を見つけた。程度の良さそうなものだけ採取。
20171009_03.jpg

途中の湿った岩沿いにダイモンジソウを見つけた。
20171009_04.jpg

苔むした上にひっそり佇むホコリタケ。
20171009_05.jpg

リンドウを見つけた。何とも可憐な花。
20171009_06.jpg

期待して訪れた広葉樹林帯。キノコに最適と思われる雰囲気に自ずと期待が高まる・・・が、恐ろしい程に、食菌どころか菌類自体が見つからない。
20171009_07.jpg

諦めて、林道を戻る途中に見つけた、朝露に濡れるチカラシバ。光を反射して何とも綺麗。
20171009_08.jpg

さて、この登山道脇はどうだろう・・・?
20171009_09.jpg

悲しいかな残念無念。まともな菌類はキハツタケだけ。
20171009_09_2.jpg

後は、残骸的なトキイロヒラタケ・・・(?)
20171009_10.jpg

どうにもキノコに恵まれない昨今・・・とは言え、昨年に比べれば山に来ることができているだけで善しとしたい。諦めて下山し、途中の綺麗な沢で顔を洗った。
20171009_11.jpg

わざわざ遠回りして、夏までは結実していたサルナシを見に行ってみたが、こちらも残念無念。
20171009_12.jpg

そして、訪れた里川。時刻は真昼間だがZacco FFで癒されるとしよう。過去、この川で釣れなかったことはない。
20171009_13.jpg

すぐにカワムツとご対面。
20171009_14.jpg

釣れる、釣れる・・・
20171009_15.jpg

瀬尻で、まさに、『ドカン!!』、と来た一尾。はっきり言って、先日に釣った小型のイワナよりもヒキは強かった。
20171009_16.jpg

掌にも載せてみた。今年釣ったカワムツの中では間違いなく最大級。
20171009_17.jpg

里川脇のケヤキの樹。この光景が堪らなく好き。
20171009_18.jpg

帰宅後、道中のお気に入りの市場で購入したシイタケと共にホコリタケを炒めて、酒のツマミに。
20171009_19.jpg

ホテイシメジと少し残ったホコリタケは煮こぼして醤油漬けに。朝食のおかずにしてみたが、素晴らしいダシが出ていた。
20171009_20.jpg

前日のBBQ前に、友人家族の子供達と河原で拾ったオニグルミ。採取するだけで、その後に関して彼らは興味無いらしく、ありがたく持ち帰らせて貰った。
20171009_21.jpg

キノコは貧果、ZFFは大漁・・・。 できれば、どちらも程々が良いのだが、自然相手ではなかなかそうも行かない。しかし、久しぶりの山を歩きつつ、とてもリフレッシュできた一日になった。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit