記事一覧

中島飛行機武蔵製作所への引き込み線跡を探訪

中島飛行機武蔵製作所への引き込み線跡を巡る、元旦午後の散歩。

拙宅から徒歩5分の距離のグリーンパーク(武蔵野中央公園)。前回に記載した通り、都心近くにしては広大な平地だけの公園。お蔭様で、息子が小さい頃はかなり利用させて貰った。
20120728_3_20180102164728410.jpg
(2012年夏の写真。フラッグフットボールを投じる息子)

この場所は中島飛行機武蔵製作所があった場所。自動車で有名なスバルの前身となる会社。ここではエンジンを開発製造していた模様。ゼロ戦のエンジンは空冷複列星型14気筒。私はエンジンにあまり詳しくはないが、スバルの十八番である水平対向がベースになっているらしい。

以下は1947年の航空写真。中島飛行機は写真の中央。
20180101_05.jpg

ちなみに、現在はこんな感じ。中島飛行機がそっくりそのまま公園になっている。ちなみに、とても小さく拙宅も写っている。
20180101_07.jpg

昭和19年11月24日から終戦までの間に十数回の爆撃を受け爆弾五百発以上が命中し、200名以上の殉職者と500名以上の負傷者を出して工場は全くの廃墟と化した・・・とのこと。悲しい歴史のある場所である。道理で不発弾が眠っている訳だ。ちなみに、過去二回ほど不発弾撤去作業のために退去したことがある。
20180101_08.jpg
(WEBから引用)

今回、この中島飛行機までの引き込み線のことを色々と調べていたところ、とても面白い情報に辿りつくことができた。1947年に米軍が製作したこの界隈の地図。WEBで検索するだけで様々な情報を入手できる現代は、何とも便利な世の中だと思う(その分、余計な情報も溢れ過ぎてはいるが・・・)。

この地図は、米国はテキサス大学のサイトに載っている。教育目的であれば流用して構わないと記載されている。拙ブログは教育マテリアルとは異なるが、何方かの参考になるかもしれないし、非営利目的であることに変わりはなので、遠慮なく活用させて頂く。

MAP①。武蔵境駅から境浄水場、そして、中島飛行機までの引き込み線(途中まで)。
Map_01 modified

MAP②。上記の中島飛行機までの引き込み線。
USA_Map_2 modified

実は何の変哲も無い、いつも自転車で通る通勤経路なのだが、こんなことを考えながら通ることは初めての経験。カメラを片手にゆっくり走ってみた。

まずは、武蔵境駅付近。境浄水場までの引き込み線跡を辿ってみる。
20180101_10.jpg

確かに、旧国鉄の境界杭が残っていた。何十回も通ったことがあるのに、視点を変えると新たに気付いてくるものがあって面白い。
20180101_11.jpg

昭和の時代の電車に乗っている気分で撮影。
20180101_12.jpg

これは、境界杭ではないかもしれないが・・・なぜ残っているのだろう・・・?
20180101_13.jpg

通い慣れた街路樹。
20180101_15.jpg

過去に何回か拾わせて貰ったことがあるマテバシイ。待てばシイの実のように美味しく食べられるドングリ・・・の意味(葉がマテバガイに似ているという説もある)。
20180101_14.jpg

これも境界杭ではないとは思われるが・・・何となく風情がある。
20180101_16.jpg

そして、玉川上水に突き当たる。この場所も何度も見ていたはずなのに・・・確かに、橋梁の跡があった。
20180101_17.jpg

地図が示す通り、橋の先がそのまま浄水場に入り込む。なるほど・・・この不自然な出っ張りも線路跡だったのか・・・。
20180101_18.jpg

近くにあった案内地図。線路が走っていた場所は街路樹のようになっていてわかりやすい。
20180101_19.jpg

さて、中島飛行機までの引き込み線跡を辿ってみよう。
20180101_24_20180102170019e8c.jpg

もう何百回以上も渡っている橋なのに、こんな橋梁跡が残っていたなんて、全く気付かなかった。
20180101_21.jpg

たくさんの鯉が近づいてきた。きっと餌付けされているのだろう。ここでロッドを振ったら顰蹙を買いそう・・・
20180101_22.jpg

ここまで分かり易く残っているのに、意外にも気づかないもの・・・
20180101_23.jpg

途中に小さな公園があるのだが、ここの近くにこんな地図が載っていた。横の解説文を読むと、せっかくの迎撃も相手に届かなかったらしい・・・悲しい歴史。
20180101_20.jpg

昨年夏はあちこちにキノコが生えていた場所。美味しそうなナラタケの株を見つけたこともあるが、如何にも犬が通る場所なので採取は控えていた・・・
20180101_25.jpg

そして、グリーンパーク入口にて散歩を終了。自転車の前輪位置にある境界杭は、確か、我が息子が小さな頃に登ってたことがあるような記憶が・・・
20180101_26.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

せっかくの正月休み。正月番組にもあまり興味はないし、かと言って、家でダラダラしているのも勿体ないので、ちょっと変わった視点で色々と調べものをしてみた次第。

実は、この記事を書いている途中、テキサス大学の地図をしげしげと眺めているうちに、別の引き込み線の存在にも気づいてしまった。ここはまさに旧宅の場所。なんと、以前はこの線路跡の上に住んでいたことになる・・・(笑)
USA_Map_4.jpg

いずれ、時間がある時に線路跡を歩いてみたいと思う。






スポンサーサイト

コメント

Green Cherokeeさん

遅れましたが明けましておめでとうございます。

昨年の回想録にのせて頂きありがとうございます。
今年も北海道に来られる機会がありましたら是非釣行御一緒しましょう!

今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

やまねったさん
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ウン十年振りに『心の川』でロッドを振ることができたのは、やまねったさんのお蔭でした。お蔭様で最高の思い出になりました!!
厳冬期に入っても安定した釣果で素晴らしいですね!! 
緑が溢れる季節になったら、休みを取ってでも遊びに行きたいと思っています。
その時は何卒よろしくお願いします!!

ウェーダー

釣り具屋の初売りで箱なし展示品のリトルプレゼンツのナイロンウエーダーLLが5千円以下で売っていたので、GCさん来た時にいいなと思って買ってしまいましたよー。ウエーダーいっぱいありますから(笑)是非また良い季節にお越しください!

やまねったさん、こんばんは。
勿体ないくらいの嬉しいお話・・・本当にありがとうございます!!
やまねったさんのブログを読みつつ、行ってみたい川がたくさんあり過ぎまして・・・ (^^ゞ そのくらい、やまねったさんは素敵なポイントに通われていらっしゃると思います。
新千歳空港に降り立った時の空気を吸うと、なぜかいつもホッとします。そして、千歳の空を見上げると何故か懐かしむ自分自身が居ます。僕は根っから北海道が好きなんだと思います・・・ (^^ゞ
次回の釣行をとても楽しみにしています!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit