HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  久しぶりのK川釣行記 ~9月2日~

久しぶりのK川釣行記 ~9月2日~

9月2日(日曜)

しばらく振りに、オイカワと対面したい、と思い、早朝に起床し、AM6時前にK川に到着。自宅を出発した時はかろうじて朝陽が射し始めたが、K川に到着した時点では超土砂降り・・・、川の増水を確認し、そのまま、スゴスゴと帰宅し、不貞寝してしまった・・・

実は同日、小畦川のバス・バスターになるべく、釣行計画を立てていた。せっかく行くなら誰かと同行を、と思い、兼ねてから、オイカワと遊ぼう、のmihiroさんと同行予定をしていた。

小畦川のRiver Keeperであるjetpapaさんにも事前に連絡を取り、jetpapaさんのご厚情により何度か直接お電話を頂戴し状況確認を行った次第だが、どうにも天候が怪しく残念ながら次回に順延と相成った。

当日の昼までに予定していた二度の釣行が順延となり・・・、そのまま悶々と午後を過ごす。土砂降り~うす曇~土砂降りを繰り返していた当日、さすがに、今日の釣りは無理だな・・・と諦めていた。

そんな折、夕方近く少し天気が安定してきたので、mihiroさんに、”小畦には行けなかったねー、残念だけど超欲求不満・・・今頃、空が晴れてきたりして・・・”、みたいなメールを送ったところ、こんな返信が。

”K川なら透明度もすぐに復帰しますよ! Green Cherokeeさんが来るなら僕も行きます!”

まさに天の声。半信半疑ではあったが、とりあえず、K川に向かってみた。到着したのは17時過ぎ。道中に再確認のメールを入れたところ、”濁ってますが問題なく釣りできそうです!”、とのこと・・・ ホント?????

ポイントに向かって歩く川の風景。増水しているが、確かに、少し透明度は残っている。
2012_0902_01.jpg

2012_0902_03.jpg

さて、久しぶりのmihiroさんとのご対面。半カフェオーレのK川で、果敢に、『ドライ!!』フライを振っていた。信じられない・・・ なんでドライなの?、と聞いてみたところ、”だってライズがありますから・・・”、とのこと。オイカワって眼が良いのだろうか・・・?こんな濁った川でドライを振る、ということ自身、全く認識が無く、今までの概念が覆された。
2012_0902_04.jpg

2012_0902_05.jpg

しばらく、mihiroさんの釣りを見ていたが、確かにライズは散見されるものの、さすがに食いつきは悪そう。ということで、私は迷うことなく、ウェットのmihiro100均special改、を結んだ。型が小さそう、とのことなので、#21を結んでみた。

さすがに増水で、下手すると長靴も水没してしまう・・・ mihiroさんのアドバイスで上流側の浅い場所に移動する。そこで二人で仲良く並んで交互に毛鉤を流してみた。

10投くらい流してみて、反応はあるものの乗らないため、mihiroさんに交代。すると、わずか数投目で、オイカワをゲット。やっぱりmihiro師匠、何かが(何もかも!?)違う模様・・・
2012_0902_06.jpg

2012_0902_07.jpg

『ボ』を回避されたmihiroさんは、あっさりと私に場を譲って下さった。幸運にも数投目で、私も小型のオイカワにご対面できた。
2012_0902_08.jpg

二枚目のアップ写真を撮ろうと思ったら、見事に逃亡・・・ バーブレスのため、超あっさりと針が外れてしまった・・・ま、それも善しとしよう。
2012_0902_09.jpg

さて、気持ち新たに二匹目を・・・、と思った矢先、暗雲が近づき、ポツポツと振り出したのも束の間、一気に土砂降りに。二人で逃げるように川沿いの木の下に避難。しかし、あまりに酷い雨で、木の下で雨宿りしていても、雨宿りにはならず、このまま待機していてもただずぶ濡れになるだけ、と判断。mihiro師匠は果敢にも土砂降りの中をずぶ濡れ覚悟で帰宅された。
2012_0902_10.jpg

私はしばらく雨宿りを試みたが、限りなくずぶ濡れになってきたので、思いきって、土砂降りの中を飛び出した。途中、建物の屋根の下で更に雨宿り。しかし、その時点でほぼずぶ濡れ状態。一向に止まない暗雲を恨めしく撮影。
2012_0902_11.jpg
2012_0902_12.jpg
2012_0902_13.jpg

これ以上、雨宿りしても意味なし、と判断し、雨の中をとぼとぼ歩く。もちろん、超ずぶ濡れになって帰宅。と言いつつ、一夏のうちに1回くらい、ずぶ濡れになるのも悪くない、とバイク乗りの頃からずっと思っていた。ここまでずぶ濡れになったのは、何十年振りだろうか・・・?

さて、今回、面白いことを発見。雨後のK川、雑草やイタドリの藪を抜けて川に入ったが、さすがに、蚊の大群を連れてきてしまった。mihiroさんの周りに蚊柱が立っている。慌てて、自作のハッカ油虫除けをmihiroさんに差し出し、身体に吹き付ける。すぐに返してもらい、私も、丹念に吹きかけた。

その結果・・・、長袖を着ていた私は6ヶ所を刺され、半袖のmihiroさんは・・・何とゼロ! mihiroさんは、”Green Cherokeeさんのハッカ油のお陰で・・・”、と言ってくれたが、この歴然とした差は、明らかに何かが違うことは明白。

それは、きっとCo2排出量の差でも何でも無く、”血の味”、なのかもしれない。脂質に富み、程よくアルコール分が沁み込んだ血。都会に住む蚊とて、少しは刺激物が欲しいのかも・・・? きっと、私の血は、若き活力あるmihiroさんよりも、都会の蚊の趣向に合ったに違いない・・・(そして、たぶん田舎の蚊にも・・・)

そんなこんなの束の間のK川釣行。しかし、貴重な一匹のオイカワに会えて幸運だった。我ながらつくづく、”釣り○カ”、だと思う・・・ 何もこんな悪状況下で釣行すること無いのに、と思うのだが・・・Zacco FF、当面、止めらそうにない。
スポンサーサイト
Comment
子供のころを思い出すなぁ。
たまにはずぶ濡れになるのもいいかも。
風邪引かないようにだけしないとねw
BroadBeanさん、こんばんは。
それにしても、ものすごい雨でした。けど、たまにはずぶ濡れになるのも良いよね・・・!?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク