記事一覧

湧水の川を横切っていた当時の引き込み線を想いつつ・・・

1月14日(日)。

中島飛行機武蔵製作所から北に延びる引き込み線を辿る散歩の続き。

『こぶし沢』の水源となる竹林公園に立ち寄ってみた。
20180114_P2_01.jpg

約2000本の孟宗竹の林の中に歩道が作られている。なかなか良い雰囲気。
20180114_P2_02.jpg

この林の脇の数か所から滾々と湧水が湧いている。このすぐ近くの南沢にも大きな湧水群があるが、そこの湧水は市内の水道水にも配水されている。
20180114_P2_03.jpg

『こぶし沢』の澄んだ水。いつも癒される大好きな光景。
20180114_P2_05.jpg

そして、その澄んだ水は、我がHome Riverに滾々と流れ込む。
20180114_P2_08.jpg

その途中にある、引き込み線の橋脚の一部。何度も眺めている光景なのに、これが橋脚の一部だと初めて理解できた次第。
20180114_P2_04.jpg

もしかしたら、この柱は当時の枕木だろうか?
20180114_P2_06.jpg

そして、我がHome Riverを挟んだ反対側にも、如何にも線路だった痕跡が思いっきり残されているが、ここにも枕木らしきものが立てられている。今にして思えば、我がHome Riverには比較的大きな橋が架けられていた模様。
20180114_P2_07.jpg

引き込み線を辿る散歩は終了。もう一本のHome Riverの上流部に居る釣友を訪ねることにした。途中のコンビニでつまらないスィーツなどを仕入れつつ・・・

到着するや否や、すぐに、うおのめマスターが美味しいコーヒーを淹れてくれた。てんからくんも交えて、安っぽいスィーツをもぐもぐしつつ談笑。寒い日だったが無風であり、背中に当たる日差しが心地良かった。
20180114_P2_09m.jpg

うおさんロッドでカワムツを一尾だけ釣らせて頂き、夕暮れ時に中座した。
20180114_P2_10.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今から70年程前は、この湧水の川を横切るように引き込み線が敷かれ、零戦に纏わるパーツや材料を運ぶ古き電車が何万往復も往来していたのだろう。 この湧水群が育む綺麗な里川に通い始めて早20年以上・・・この日まで全く知らなかった。
20180114_P2_11.jpg

その頃の我がHome Riverは今と比べるともっと蛇行していたし、そもそも、川のカーブ自体が異なっていた。
20180114_P2_12n.jpg

今のような”つまらない”柵なんかも無ければ、きっと河岸のコンクリートもなく、川との高低差も無かったのかもしれない。その頃も原種のオイカワやカワムツは元気にライズを繰り返していたに違いない。クレソンやオオカワジシャのみならず、水中で勢いを増しているオオカナダモも自生していなかったことだろう。

その頃の春麗な綺麗な湧水の川を拝んでみたい。しかし、それは絶対に叶わないことなので、このテキサス大学の古い地図を片手に当時の流れを想像しつつ、今後も川沿いを歩き続けて行きたいと思う。

20180114_P2_13.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

親愛なる読者の皆様へ

初日の出をきっかけに始まりました、引き込み線を辿る散歩。
見慣れた街なのに新たな発見があり、個人的にはとても面白かったです。
つまらない記事にも関わらず、最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit