記事一覧

小樽での台日友好

2月27日(火)。

私が21年来、苦労を共にしてきた親愛なる会社メンバーが退社することになり、雪が舞う仙台で、その慰労を兼ねて、極々近しいメンバーで美味い牡蠣に舌鼓。懐かしい昔話に花が咲きつつ愉しい夜になった。

そして翌日、2月28日(水)。

仙台から札幌に飛び、特急電車で旭川に向かった。それにしても凄い雪の量・・・途中の美唄駅で撮影。思い返せば大昔、この駅にも毎週通っていた時期があった・・・
20180228_1.jpg

予定していた仕事も無事に終了し、再び、旭川発の特急ライラックに乗り込んだのは17時過ぎ。翌朝は大阪に飛ぶ必要があったため札幌泊。
20180228_3.jpg

冬景色の割には全く寒くなく、ホームから夕焼け空を撮影する余裕もあるほど・・・
20180228_2.jpg

Fly Fishing in Taiwan(台湾のZacco Fly Fishing愛好者が集うfacebookの公開グループ)を通じて、もうかれこれ数年来のコミュニケーションを続けている台湾の釣友M。旧正月の休みの間、Mの彼女のP、そして、その友人であるIとMKと共に富良野・札幌・ニセコ・・・と周遊しており、兼ねてより、彼らの宿の手配等を手伝っていた。

この日が彼らの日本滞在の最終日。宿泊先は札幌から至近の小樽。せっかくの機会なので夕食をご一緒させて頂くことにした。

小樽の居酒屋に到着したのは20時頃・・・ 既に宴会は始まっていた。この日のプランは全て、同じく初顔合わせのFly FisherであるGさんが取り計らっていた。洋酒好きのMのために余市のニッカや小樽の名所を訪れたり、至れり尽くせりのガイド役だった模様。

Gさんは札幌在住。大型のトラウトを狙い道内の至るところに遠征されているだけでなく、何と台湾にも釣行されていたことに驚き!! しかも、私自身が台湾でお会いしたメンバーとも釣りをご一緒されていたとのこと。

決して中国語が話せる訳ではなく英語もどちらかと言えば苦手な部類の方にも関わらず、何とも驚きの行動力。しかも、台日友好を思う気持ちと彼らへの半端ないホスピタリティ精神がに脱帽!! 素敵な方に出逢う機会を齎してくれたMに感謝・・・

『Hey, guys !! Welcome to Japan !! I can meet you finally !! 』

Mとハグをして挨拶。実際に会うのは初めてだったが、『ただ実際に』会ったことがないだけで、お互いのことは既に顔も趣味も含めてある程度は知り合う仲同士。Facebookというコミュニケーションツールは、正しく使えば人と人の愉しい輪を広げるために大いに役立つ。

Pともfacebookを通じて何度も旅程の相談に乗ったりしていたので、まったく初対面とは感じない。MとPはネイティブレベルの英語、Pは更に片言の日本語も操る。Pの友達であるIとMKは片言の英語だったが、英語・日本語・中国語が飛び交いつつも共通言語が存在しないこの独特な環境が愉しい。通訳しつつされつつ・・・ 台日友好のコミュニケーションは留まることなく続いた。

PもIもMKも何とも気さくで麗しき元気な女性。更に、Iは酒豪と来る・・・。利き酒セットを皆で『どれが一番?』などと回し飲みしながらワイワイと愉しみつつ、大盛り上がりの台日友好飲み会になった。
20180228_4m.jpg

生憎、私は最終電車で札幌に戻る必要があったため23時頃に閉会。皆で記念撮影をして、小樽駅まで一緒に語らいながら歩き、駅前で一人一人に握手をして、再会を約束しつつお別れした。
20180228_5m.jpg

翌朝は朝から猛吹雪。大阪行の私のフライトを最後に、その後はほとんどの便が欠航・・・ 私のフライトも結局3時間くらい遅れて出発した。台湾チームが帰国できない可能性が大きかったので、Gさんと私で連携しつつ様々な対策計画を施したが、結局、夜になって天候も落ち着いたのかどうにか飛ぶ運びとなった。気を揉んでいた頃、機内からこんな嬉しい写真が送られてきた。
20180228_7m.jpg

結局、遅れに遅れて深夜未明に台北は桃園空港に到着したとのこと。翌朝から普段通りに仕事をした・・・というから、台湾チームの面々もさぞや疲れたことだろう。 ちなみに、夜に帰宅されたGさん宅前も、大雪で凄いことになっていたらしい・・・
20180228_6m.jpg

日本のことが大好きな台湾チーム。特に、IとMKは多い時は年に3回くらい来日するとのこと。MとPには宮城の銘酒『日高見』を、GさんとIとMKには『萩の月』をお土産に持参したのだが、“萩の月”知ってる!! とても美味しかった~』とMKが言いつつ携帯の写真を見せてくれた。

他にも、『京都でのサイクリングが愉しかった!!』等々、様々な日本の写真を見せてくれた。本当に嬉しそうに『日本が好き』なことを話してくれることが素直に嬉しい。そして皆、心底真剣に、“絶対に台湾に来てね!!”、と話してくれる。これは決してリップサービスではない。

そんな彼らと過ごした素敵な時間。台湾での再会を実現するための時間とお金、そして、機会が巡ってきたりすると良いのだが・・・、機会というものはGさんのように自ら作り上げるものに違いない・・・(笑)

彼らの帰国後、Pからこんなメッセージが届いた。

『We all had lots laugh last night, Keeping touch and see ya next time !!』
(昨晩は皆でたくさん笑ったね。今後もよろしく。また会いましょう!!)

そんな日が近い将来に訪れますように・・・ 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Gさん

この度は素敵な出逢いの機会を頂き、本当にありがとうございました。
チーズのオリーブオイル漬けはとても美味しく、チビチビと大事に賞味させて頂いています。
プレゼント頂きましたフライ、いつの日か北海道で大きな鱒を狙う日まで大事にとっておきたいと思います!!
この度は本当にありがとうございました。そして、素敵な台湾への釣行になりますように!!
20180228_8.jpg







スポンサーサイト

コメント

こんばんわ。釣り仲間との楽しいひと時、十分に伝わってきました。好きな釣りのためなら言葉が通じなくても行っちゃう行動力も素晴らしいですね。羨ましい限りです。
皆さんパワー溢れる人たちですね。

野付ウシさん、おはようございます。
『釣語』という万国共通の言語がありまして、いざ釣りを始めてしまえば、言葉自体は全く分からないのに何故か通じ合えることを、台湾で私自ら体験したことがあります・・・ (^^ゞ  ただ、目的地に行くまでは大変です。それでも行ってしまうGさんの行動力には脱帽でした!!
台湾には日本のことが大好きな人達が多いですよね。航空券も安いので、まるで国内旅行の感覚で日本に来ます。何度も訪れてもっともっと日本を好きになって帰っていくようです。
昨日Mから、『次は9月に行きたい』と連絡が来ました。今度は北陸に行ってみたいとのこと・・・。日本大好き派の台湾代表・・・みたいな方ですよね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit