FC2ブログ

記事一覧

2018年・雑木林初め

3月4日(日)。

2018年初のお気に入りの雑木林探訪。

雑木林内にある梅林。晴天に梅花が映える。
20180304_01.jpg

満開の梅・・・なのに、それ以上に花粉全開&鼻水全開であり、せっかくの梅の香も愉しめない。
20180304_02.jpg

ティッシュ片手にクシャミを連発しつつ、雑木林内を散歩。 『子供らが育てている森です』の看板。『ら』というのが良い(笑)。
20180304_03.jpg

将来、素敵な雑木林に育つことだろう。
20180304_04.jpg

ちょっとした軽登山気分で山を越えて、さいたま緑の森博物館に到着。
20180304_05.jpg

受付の前の机に夥しい量の写真アルバムが置いてある。全てにじっくり目を通せば相当な時間がかかるだろう。その中から野草関連の物を中心に物色。

静けさの中で時折寂しく響く私のクシャミの音・・・ 後は鳥のさえずりのみ。数冊目のアルバムに手を伸ばした時に、ポッと天井の明かりが付いた。女性スタッフ(Sさん)がご親切にも私のために点けてくれた模様。

アオダイショウの幼蛇って、こんな模様だったんだ・・・ 知らなかった。
20180304_06.jpg

一通りのアルバムの閲覧を終え、『ライト、ありがとうございました』、と受付越しに声をかけた。すると、屈託のない笑顔でSさんがお越しになり、『最初に気付かず途中からでごめんなさい!!』、と声をかけてくださった。

さいたま緑の森博物館はfacebookのページを持っており、私も時折覗かせて貰っている。つい最近、ジビエの会を開催したばかり。生憎、私は年齢制限でひっかかってしまったのだが(40台まで)、Sさんによれば、参加者全員が男性だったが若手メンバーを中心に盛り上がったとのこと。

再び、軽登山をスタート。途中でヒメザゼンソウを愛でた。6月の開花の頃に是非とも訪れてみたい。この野草も湧水ならではのもの。ザゼンソウとは大きさも開花システムも異なる模様。
20180304_07.jpg

※ザゼンソウの解説:Wikiより
仏像の光背に似た形の花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見えることが、名称の由来とされる。また、花を達磨大師の座禅する姿に見立てて、ダルマソウ(達磨草)とも呼ぶ。
冷帯、および温帯山岳地の湿地に生育し、開花時期は1月下旬から3月中旬。開花する際に肉穂花序(にくすいかじょ)で発熱が起こり約25℃まで上昇する。そのため周囲の氷雪を溶かし、いち早く顔を出すことで、この時期には数の少ない昆虫を独占し、受粉の確率を上げている。開花後に大型の葉を成長させる。

上り坂で小休止。この手のキノコはこの時期でも比較的多い。
20180304_08.jpg

気になっていた谷戸も訪れてみた。この丘陵一帯の中では、比較的大きな谷戸だと思われる。
20180304_09.jpg

まんさくの花。
20180304_10.jpg

誰も居ない谷戸に、ただただ響くクシャミの音・・・ 途中のコンビニで購入したポケットティッシュも既に4パック目に突入・・・
20180304_11.jpg

澄んだ湧水。
20180304_12.jpg

帰りしな、いつもお世話になっているもう一本のHome Riverの最上流部を探訪。こんなチョロチョロの水があれだけの規模の河川に発展する。大きな支流も存在しないことから、やはり湧水優位な川なのだろう。
20180304_13.jpg

2018年・雑木林初め。木々が芽を吹く頃には花粉も収まり、気持ち良く散歩できるに違いない。そんな日が訪れるのもあと少し・・・心待ちにしたいと思う。






スポンサーサイト

コメント

Green Cherokeeさん、こんにちわ。
花粉症お気の毒としか言いようが無いですね。
私はアレルギー鼻炎で一時は耳鼻科にお世話になりっぱなしでした。(アレルギーは無かったのですが、年齢とともにアレコレ出るようです)
たまたま山歩きにハマって、気付いたら病院に行かなくても済む程度まで軽くなり、今は年に一度くらい薬をもらう程度です。空気のせいか、体力がついたせいか...不明ですが。
こちらで山歩きが楽しくなるのは5月中旬ころでしょうか。雪が無くなり地面が乾いて草木が芽吹き、山菜もシーズンになります。野の花も少しずつ咲き始めて楽しい季節ですね。待ち遠しい!!

野付ウシさん、こんばんは。
この時期、北海道の出張が入るとホッとします・・・ (^^ゞ 新千歳空港からの快速エアポートだと車内にまだ花粉が残っており・・・ 駅を降り立ったら大きく深呼吸します♪ 私もいつか花粉症を克服できると良いのですが・・・ (^^ゞ
『雪が無くなり地面が乾いて草木が芽吹き、山菜もシーズンになります』・・・札幌在住時代、まさのこの瞬間を待ち切れず、毎週末に札幌近郊の山に出向いていました。春真っ盛りに会社の先輩が運転する車の助手席で、『ウドだぁ~、 タラの芽だぁ~、コゴミだぁ~!!』、って独り言を話していたら、『煩い!!』って怒られちゃいました・・・ (^^ゞ
けど、春を待ちわびる気持ち・・・ これは雪国の生活を経験できて以来、更に強くなりました。野付ウシさんの春の写真掲載をとても楽しみにしています!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit