記事一覧

続・『電車でGO』の素敵な里川

3月29日(木)。

予定していた札幌出張のはずが、前日の島根県での仕事が長引き移動できなくなってしまい、最終便で東京に戻った。私の場合、このような形でぽっかりと突然空いた日こそが有休取得の最大のチャンス。折しも朝から好天。

早起きして緊急メール処理を完遂し、自宅最寄駅前でゆっくりとランチを愉しみ・・・、前回に引き続き、再び、Awayの里川に向かう電車に乗ったのは既にお昼過ぎ。

水清らかな美しき里川への道中、群生するカタクリの麗しき姿に、再び癒された。
20180329_1.jpg

いつもはあまり訪れない下流域から入渓。林道を歩いていると暑いくらいの陽気。入渓後しばらくはアタリすら無かったが、とあるポイント付近からカワムツのオンパレードで早々にお腹いっぱい。 まるで、ヤマメでも出て来そうな渓相から良型のカワムツが出てくるので、何ともドキドキする・・・
20180329_3.jpg

伸び伸びとロッドを振ることができるチャラ瀬に差し掛かったあたりで嬉しいお客様。まるで渓流そのもの・・・と断言できるような渓相でオイカワが釣れるとは何とも嬉しい!! 鳥に啄まれた傷が付いていた。
20180329_2.jpg

河岸のニリンソウが綺麗。撮影こそしなかったが、途中でフキノトウを採取。
20180329_4.jpg

夕まずめ前。以前にヤマメをバラしたポイントに到着。 慎重にストーキングを決めてキャスティングするも、後ろのススキの枯れ枝にフライが引っかかりライントラブル・・・

『あ~ぁ・・・ やっちまった・・・』  (ため息)

ポイントから10m以上下流に離れティペットを繋ぎ替え、一呼吸して気持ちを整え、そして、“神頼み”的な黄色のエルクヘアカディスにフライを結び替えてゆっくり近づき、ここぞというポイントにフライをプレゼンテーション。その時、水面がわずかに持ち上がり、軽い水しぶきが立った。

狭い渓なのだが、魚が右に左に走る・・・  この川に居るヤマメのアベレージサイズよりは大きそうな予感。こんなに強い魚のヒキは、もうかなり長い間、忘れていた気がする・・・

そして、無事にランディング。ランディングと言ってもAMIYA印・オイカワネットのため、ヤマメの胴体部分までをネットインして、そのまま魚の頭を水に突っ込んだ状態で浅瀬に誘導した。

胸の鼓動が収まらない状況の中で、何とか気持ちを落ち着かせて震える指でシャッターを切った。これにて、2018年・祝・ヤマメ解禁。
20180329_5.jpg

せっかくの2018年の一尾目なので、最期に掌にも載せてみた。もちろん、魚を水から極力出さずに・・・これが私のポリシー。 自分の掌的には出来過ぎ・・・久しぶりの掌満載感。
20180329_6.jpg

毎年早春になると気になって仕方がないこの里川。極めて運が良ければヤマメが混じる。『ヤマメが釣れたら嬉しい』、と明らかに思いながら釣っているのは事実だが、貴重な一尾に出逢えれば、その後はヤマメ狙いを完全撤廃することを自分のルールにしている。 あくまでもこの里川においては、ヤマメ一尾だけに出逢えれば十分。 

時間的にはまだ早かったが躊躇なく納竿。そのまま川をぐんぐんと遡り、自称・クレソン畑で夥しい量のクレソンを摘み(その大半は、クレソン好きな高校の同窓生に進呈した)、川沿いにある雑貨屋に立ち寄り、缶ビール(・・・が売ってなくて、これになった)で祝杯。 
20180329_7.jpg

そして、朗らかな気分で鼻歌を歌いながら、夕暮の里山の田舎道をゆっくり駅に戻った。






スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは(^^
カワムツの黄金色の頬と青っぽい銀色オイカワ、とてもキレイですね!
花も咲いて、うきうきしますね~♪

No title

エンゴサクさん、こんばんは。
この里川は見た目は渓流ですが、釣れる魚はカワムツをメインに、時折オイカワ、そして、ごくごく稀に交通事故的にヤマメが混じる・・・という素敵なところです。 この3種類の魚に出逢える里川って、そんなに多くないのかもしれない・・・と思っています。ですので、本当に大切にしたい川です。
河岸の花も増えて来て、そろそろコゴミも顔を出し始める時期です。今週は年間を通じて最繁忙時期なのですが、落ち着いたらもう一度訪れてみたいと思っています!!

Green Cherokeeさん、こんにちは!
超素敵な釣りの一日ですね。電車でGO!の上、三目釣れる貴重な渓流、まさに私達のために恵んでいただいたような里川、私も大好きです。
大切にしたいですね。

No title

numassan(さん)、こんばんは。怒涛の展示会weekでお返事遅くなり申し訳ありません・・・ <m(__)m>
三目釣れる貴重な渓流・・・ 本当に貴重だと思います。あれだけ綺麗な渓相でオイカワに出逢えることが、ある意味、ヤマメに出逢える以上に感激できる素敵な里川ですね。本当に大切にしたいですね!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit