FC2ブログ

記事一覧

欲張りな一日 ~渓流+ヤマメ愛くんの帰省ZFF~

5月1日(火)。

Golden Week四日目。渓流FF&Zacco FFと連日の釣行で既に満ち足りてしまっているのだが、この日も懲りずに釣行。しかも、うおさんのHome Riverにお邪魔させて頂く・・・という、極めて光栄な機会を得た。

入渓地点の小さなポイントでいきなりの反応。
20180501_01.jpg

ポイント的にタカハヤだと思い、魚をろくに見ずに水から抜いてしまったのだが、うおさんから、『ヤマメですよ』、の一言に『えっ!?』・・・。
20180501_02.jpg

そっとリリースして、陽光が挿す浅瀬で再撮影。『大きくなれよ~』と声を掛けつつ・・・
20180501_03.jpg

その一段上の小さなポイントにて。ほんの少しサイズアップしたとは言え、数日前に我がHome Riverで釣ったオイカワの方が大きかった。これ以上の幼児虐待は避けたい・・・
20180501_06.jpg

このままポイントを叩いていけば、きっとそのうちにまずまずのサイズが・・・などと“捕らぬ狸の皮算用”をしていたら、その後は期待とは裏腹に全く渋くなってしまった。

うおさんは始終ガイドに徹して下さり、歩きやすいルート指南や、実績あるポイントや立ち位置のご教授、おまけに、“目まとい”に苦戦する私を見て虫よけのハッカ液を背後からかけてくれたり・・・、もう赤子をケアする以上の至れり尽くせり。

それなのに、私が投じるフライはただ水面に虚しく漂うばかり・・・ 何だか申し訳無さでいっぱい・・・

せっかくの大場所にて枝にフライを引っかけてしまい、この時だけはうおさんにバトンタッチ。すると瞬く間に大きく撓るうおさんのBH Rod・・・ あまりのカッコ良さに思わず叫んでしまった!!
20180501_04.jpg

体高のあるプリプリの見事なヤマメ。さすが、この渓を熟知するうおさん。彼が先行していれば、間違いなくもっと釣れ続けたに違いない・・・ それを証明する一尾。
20180501_05.jpg

その後も頑張ってみたのだが、酷暑の真昼間に貴重な2バイトのみ。次回に課題が残る渓流FFだったが、今回うおさんからご教授頂いた知識とノウハウはまさに宝物。この宝物を携え、今シーズン中に一度くらいはきっと良い釣りができそうな気がする・・・ (妄想だけで終わらないようにしたい・・・)。

さて、次の予定があり納竿。そして、向かった先はいつもの我がHome River。ヤマメ愛くんの帰省釣行に同行。

正月振りだが、更に一段と逞しくなったヤマメ愛くん。出逢った頃は中学生だったが、今では高校三年の受験生。私は『遠縁以遠のオジサン』的無責任さで彼の成長を愉しみにしている一人。
20180501_07.jpg

つい先日は好釣だったのでこの日も・・・と確信していたが、期待とは裏腹のかなりの渋め。ポツポツと釣れつつも残念ながら型が小さい。それでも久しぶりのオイカワやカワムツにご満悦のヤマメ愛くん。高校が位置する中国地方の海の大物と格闘している彼だが、久しぶりのオイカワの繊細さに癒されている様子。
20180501_08.jpg

私はロッドを繋がず、後ろでクレソンを摘んだり、オオカワジシャを抜いて岸に上げたり・・・
20180501_09.jpg

水生オオイヌノフグリも満開(※水生オオイヌノフグリ:拙ブログでは御馴染みの花だが、念のため・・・オオカワジシャの花弁がミズハコベの上に落下した状態のこと)。
20180501_10.jpg

ミントも勢力を奮っていた。一枚千切って指の上でハッカの清涼な香りを確認した。次回は大量に摘んでミントティーでも作ってみようと思う。
20180501_11.jpg

野ばらとヤマメ愛くん。カラフルなコーディネートの服とのコントラストが美しい。
20180501_12.jpg

一旦ご自宅に戻ったうおさんがお出ましに。川沿いの遊歩道から我々を撮影して下さった。我が左手のクレソンはヤマメ愛くんがお持ち帰り。
20180501_15.jpg

皆で上流ポイントに移動。河岸から見守るうおさんと共に撮影。
20180501_13.jpg

何とか小型のオイカワが釣れたが激渋の状況だった。“釣り勘”バツグンのヤマメ愛くんもさすがにギブアップ。薄暗くなってきたので納竿。そのまま3人でおしゃべりを愉しみつつ、最寄駅にてヤマメ愛くんをお見送りした。
20180501_14.jpg

別れ際、ポーズをきめる二人。
20180501_16.jpg

そして、私も一枚撮影頂いた。
20180501_17.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ヤマメ愛くんにとっては超久しぶりのHome RiverでのZacco FF。 ガイド役の私としては、サイズも数も出ない状況が残念だったが、当のヤマメ愛くんにとっては、それなりに愉しく、且つ、良いリフレッシュの場になったことと信じたい。

川も魚も逃げない。受験生である今年は受験準備に専念し栄冠を勝ち取って、そして、またのんびりとロッド片手にHome Riverに立つ日があっという間に訪れるのだろう。

うおさんと再び夜の川へ。途中のコンビニでノンアルコールビールを購入(うおさんに奢って頂いてしまった・・・感謝!!)。そして、乾杯!!
20180501_18.jpg

『遠縁以遠のオジサン』の二人は、街灯が映り込む水面に時折見える小さなライズリングを眺めながら朗らかだったヒトトキを思い出しつつ、ノンアル片手にヤマメ愛くんにエールを送り続けるのだった。





スポンサーサイト

コメント

No title

当日はお世話になりました。(*´Д`*)ポッ

渓流もヤマメ愛くんも愉しさ爆発の一日でしたね!
また、ぜひぜひこの渓に行きましょう!

No title

うおさん、おはようございます。
まさに『愉しさ爆発』の日でしたね!! 御一緒頂き、本当にありがとうございました!!
それにしても、うおさんのヤマメ、お見事でした!!フライを打ち込んでみたいポイントがたくさんあり、釣って&見て&歩いて、とても愉しく素敵な渓でした。
次回は時間を気にせずゆっくり遡上してみたいです♪ またご一緒よろしくお願いします!!

Green Cherokeeさん 
おはようございます!

先日はありがとうございました!
「今日はハズレだ~」なんておっしゃってましたが、久々にzacco釣りした私にとってはお陰さまで充分楽しめました(^^)

魚も逃げない、その通りですね笑
今魚を追いすぎると目標の進路に逃げられそうなので、数ヵ月ほど魚を見切って、また涼しくなり始めた頃に活性をあげていきたいと思います!笑

No title

ヤマメ愛くん、こんばんは。
そうそう・・・ 魚も川も逃げない!! 逃げないどころか、今やるべきことを頑張れば、むしろ、近い将来に魚も川も更に近寄ってくるよね~♪
引き続き、オジサンたちは応援しています!! 頑張ってね~!!

No title

Green Cherokeeさん、丁寧なコメントありがとうございました。大きな群落でない場所を狙ったようです。
幸いにもこの山でメインとなる湿地(3箇所ほど)は、手付かずで無事でした。登山口手前ということで「山の愛好者」というより山菜目的の入山者かと思われます。私が下山した時にウロウロしていた女性かなと思いましたが、わかりませんね。これから山菜もピークになりますので、多くの人が周辺に出没します。
リュウキンカはご存知のように、どんどん減っている植物ですが、そういったことに関知しない人も少なくありませんね。他の山菜や花でも根こそぎ採取してしまう人が増えているのも事実です。私の通う山でも僅かしか無い花が折られたり、持ち去られたりすることもありますが、防ぐ手立てが無いのも現実ですね。

No title

野付ウシさん、おはようございます。お返事が遅くなり大変申し訳ありません。<m(__)m>
私は野草の収穫を愉しむfacebook groupのメンバーになっていますが、収穫量を自慢する人や、全くの不勉強の状態で”これって食べられますか?”みたいに聞く人や・・・ とにかく色んな人がいらっしゃいます。
毎年同じ野山のポイントを歩く方々は、『今年も出ましたね~』、とか、『綺麗ですね~』、とか声をかけて下さる人で、そのほとんどが野草との再会を愉しむ方々。
野草収穫を生活の糧にしている方々は、深山に分け入りたくさん収穫しても、しっかりと翌年も愉しめるような採り方をしますよね。
安近短な野草を根こそぎする人達にこそ、”来年も愉しむ”という気持ちを持って欲しいものですね・・・ 心底そう思います。簡単なことだと思うのですが、簡単じゃないですよね・・・ (^^ゞ

Green Cherokeeさん、こんにちは。
ちょっと遅コメになってしまいました。
今年のGWは充実されましたね。新緑爽やかな小渓流からHomeriverまで、まるで後ろから見ていたように映像が浮かびました。
この日は平日につき、またもやヤマメ愛くんとご一緒できなくて実に残念でした。
次回はまた皆んなで小渓流もいいなぁ!

No title

numassan(さん)、こんばんは。
お蔭様で充実のGWでした。愉しいヒトトキをご一緒頂き、本当にありがとうございました!!
ヤマメ愛くんは、numassan(さん)によろしくお伝えください、って何度も話していましたよ。ヤマメ愛くんの受験もあっという間に終わることでしょう。また良い時期に皆でワイワイと行きましょう!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit