記事一覧

束の間のパリ滞在

6月8日(金)。

韓国の友人KWとベルサイユを経ち、夕方早めの時間帯にパリ市内ディタリー広場近くのホテルに到着。KWはビジネスなので良いホテルに泊まったが、私は一泊自腹で宿泊のために二つ星の安宿、エアコン無し。部屋の中も茹だるような暑さで、熱中症になりそう・・・

メトロを乗り継いで、向かった先はサンジェルマン・デュプレ。
20180608_03_20180625214409b0d.jpg

唯一のプライベートの用事。フラゴナールにて自家消費用の香水を購入。もうじき御年53歳になるバリバリの中年の私には必需品。買い物はわずか3分で終了。
20180608_02_201806252144082c9.jpg

せっかくの機会なので、大昔にしばらく滞在したこの界隈を散歩することにした。

途中で見つけた気になるお店。イメージ的にはヴェスパ。ヴェスパと言えば、我らが会長のGran Lussoさんの愛車。ついつい店内に吸い寄せられて店主に聞いてみたところ、”ヴェスパだよ”、とのことだったが、何となくディテールが異なるような・・・(笑) けど、あくまでも雰囲気が重要だということにしよう。 ちなみに、南フランスはマルセイユがオリジナルのお店らしい。ちょっとだけしか購入しなかったにもかかわらず、かなり美人の店員さんから夥しい数のノベルティーグッズをプレゼント頂いた。品定めよりも雑談の方が長かったことが功を奏したのかもしれない。
20180608_06.jpg

今から15年以上前に私が発掘し、その後、弊社内のメンバーの馴染みになった『YEN』。当時はEU圏内で唯一、蕎麦湯を飲める日本蕎麦店だったが、今はどうなのだろう・・・? あの暑い日、横のテーブルに小泉今日子さんが優雅に食事していた光景を懐かしく思い出した(それにしても、心底綺麗な方だった・・・)。
20180608_04_20180625214410fd6.jpg

一週間だけだが、パリのアパルトメントに住んでみたくて滞在した部屋。この重い扉を開くと、小さな中庭がある。
20180608_05_20180625214412554.jpg

ここで洗濯したっけなぁ・・・。 当時、日本人のオペラ歌手の女性(※注:おばさん)とここで知り合ったが、もう名前もすっかり忘れてしまった・・・
20180608_08.jpg

有名な紅茶店も健在(日本でも有名なイギリスのお店だが)。
20180608_07.jpg

そして、セーヌ河岸をしばらく散歩。ノートルダム寺院を眺めた。
20180608_01_20180625214406c69.jpg

再び、ディタリー広場へ。広場のステップに腰掛けてKWを待つ。目の前に、『FLY』という名のスクーターを発見。こういう名前にはついつい反応してしまう・・・
20180608_09.jpg

(グアムに住む彼女のために血眼になって買い物をしていた)KWがかなり遅れて到着。そして、拙ブログでは何度も登場しているパリでは絶対に外せない名店『PHO13』へ。パリのモンパルナスに住む我が旧友(極めてグルメ。ベルギーとベトナムの混血人)曰く、パリのフォーでは一番美味いと言うが激しく同感。
2016_Paris_07_20180625215813e33.jpg  (あまりの空腹でつい写真を撮り忘れたため、2016年の写真を流用)

そこで、ベトナム風おこげを食べてみたり・・・(KWの希望。初めて食べてみたが、極めて美味だった)
20180608_10.jpg

そして、定番のフォーを摂取。しみじみ美味い・・・ これを食べる度に、『パリに来たなぁ・・・』、という感慨に浸る・・・
20180608_11.jpg

時刻は既に22時過ぎ・・・ 明朝は始発便でロンドンへの日帰り旅行の予定。ディタリー広場でKWとハグをしつつお別れした。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit