HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  貴重な生き物を育むY川

貴重な生き物を育むY川

9月9日(日曜)。

このところ、週末に一度は竿を振らないと、何となく落ち着かない状況になってきている。この日は午後から釣行の予定が、午前中に息子がフラッグフットボールの練習中に指を骨折してしまったりで、昼間はバタバタしてしまった。

夕方からは時間ができたので、車でY川S橋に向かった。途中で試しにmihiroさんに携帯メールを入れたところ、”午前のK川は渋かったのでリベンジに行きたい!”、とのことで、途中でピックアップ。これが良くできたことに、mihiroさんの自宅は、拙宅からY川に向かう途中の道から10mくらい路地を入ったところに位置している。

Y川に到着したのは17時過ぎ。18:30には子供の用事で帰宅する必要があったため、1時間の短時間釣行。
2012_0909_1.jpg

さて、結論から先に言えば、激渋のY川。あのmihiro師匠ですらウェットで一匹、私に至っては、『ボ』、であった。年始初釣り以来、今年二度目の『ボ』。ウェット&ドライで粘ったが、アタリすらなし・・・ 魚っけのある写真は、mihiro師匠のこの写真のみ。
2012_0909_2.jpg

フライを木に引っ掛け、痛恨のロストとなり、18時前に納竿。下流で釣っていた私は、上流側のmihiroさんを目指して、とぼとぼと川を遡っていた折に、水際に小さなヘビを発見、もしや?、と思い近づいてみたら、何と、以前から憧れだったヒバカリが! すぐに、mihiroさんに声をかけると、わき目も振らず、駆け寄ってきた。

mihiroさんの手中に抱かれ、カメラ目線のヒバカリくん(さん?)。
Hibakari_2012_0909_1.jpg

私の手中で落ち着かないご様子。なにせヘビの頭が小さく、辺りも薄暗く、なかなかピントが合わない・・・
Hibakari_2012_0909_2.jpg

mihiroさんのヒバカリへの愛着はタダモノではない。こんな感じで別れを惜しそうに、ずっと戯れていた。傍らに放置された竿、足や石にまとわり付いているフライラインが、その愛着度を物語っている。
2012_0909_3.jpg

しばらく観察した後、そっと水際にリリースした。”長生きしろよ!、釣り人に踏まれるなよ!”、と声をかけてお別れ。

車に戻って気づいたのだが、手に少々キツめのアンモニア臭が。mihiroさんによれば、これも一つのヒバカリくんのささやかな抵抗の一つ(臭いで撃退?)だったとのこと。

日本古来の種らしいが、豊富に小魚やオタマジャクシ、水生昆虫が居ないと生きて行けないヘビらしい。環境の変化は、こういう小さな生き物からダメージを与えてしまう・・・

かわいいヒバカリが生息できるY川。ますます、大切にしなければ、と痛感した。『ボ』ではあったが、魚以上に貴重な出会いをもたらしてくれたY川の神様に感謝したい。

ちなみに、ただかわいいから・・・、という理由で、ヒバカリが捕獲され売買されてしまうことがあるらしい。自然が豊富な河川でさえ餌の調達が難しいのに、人間が飼育できる訳がない。そういうことを知っていて、捕獲し小遣い稼ぎしようとする輩の気が知れない。そういう人は、このブログの写真を見ても何も思わないのだろうが(そもそも見ないだろうが)・・・、けど、万が一、このブログを訪れた際に何か感じて欲しくて、あえて記事にさせて頂いた次第である。

美しいオイカワやカワムツ、鮎だけでなく、ヒバカリを育む、愛しいY川。大切にしたい川だと、つくづく思う。
スポンサーサイト
Comment
へぇ、こんな蛇がいるんだね。
調べてみたら、昔は毒蛇だと思われていて噛まれたらその日ばかりで死んでしまうので「ヒバカリ」だって。おもしろいもんだね。
そういえば、昔はヤマカガシは毒ないって言われてたのに実は毒蛇だったとか、ちゃんとした知識もってないと怖いね。
BroadBeanさん、こんばんは。
巳年だからか・・・何故だかヘビの方から寄ってくる感じ。思い返すと、我が人生、夥しい数のヘビと遭遇して来たよ。
一度は、東京郊外の山(陣馬山)でマムシを跨いじゃって・・・あの時のマムシ、口開けて怒ってたなぁ・・・ ^^;;
ヒバカリの名前の由来はまさにその通り。けど、あんな小さくて可愛くておとなしいヘビに、そこまでの名前をつけるのもちょっとおかしくて・・・、もしかしたら、そういう名前をつけてあえて怖がらせ、ヒバカリを愛しく思った人が大切にしようとしたのかもしれない、と個人的に思ってます。
 おはようございます。

 蛇をつかむ人は少ないのです。
 ほとんどの方が蛇と聞いただけで逃げるか、いやな顔をしますね。
 田舎でもそうですよ。
 蛇は嫌われるし、捕まえると鎌で切られてしまいます。
 マムシは恐れられていますが刺戟をしなければ自分から逃げます。
 日本の蛇で向かってくるのは居ないんです。
 ブログにも年一ぐらいで蛇のことをアップしていますが、家族にも気持ちが悪いから見たくないと言われます。
 蛇は損な生き物です。
 イブをそそのかした罪なんでしょうかね。
 
おはようさんです

jetpapaさんに同意です。生き物ってそれぞれに愛嬌があって、忌むべきとこなんて無いんですよね。人類は一丁前に食物連鎖の頂点なんだから、広い心を持たないとね。
ヒバカリ今年沢で見ましたが、頑張って鎌首あげてるのが可愛いかったです。
jetpapaさん、こんばんは。
おっしゃる通り、損な生き物ですよね・・・姿形、そして、動き方、餌の食べ方、色んな理由が故に。加えて、イヴをそそのかした罪も・・・ですかね。
けど、小ささが故に、ヒバカリはとても可愛かったです。チロチロ出す舌の小ささなど思わず、”か・わ・ゆ・い♪”、って言ってしまいました。
この感情は、私が巳年だから、という理由だけではないようです・・・(笑)
siroyamasakuraさん、おばんです。
そうですか、ヒバカリを可愛いと思いましたか!素晴らしくて、素敵なことです。私なんか、K川でアオダイショウがコンクリの壁を上がろうとしてなかなか上がれなくて、思わず、手を差し伸べそうになりました(笑)
そういえば、私が初めてY川を訪れた時(その時は家族との散歩、いや、ノビルを採取に行った時で、まさかここで釣りができるとは思ってもいませんでした)、アオダイショウが日向ぼっこしていて、ついしっぽを掴んでみたら、傍らに立っていた3歳くらいの女の子が一部始終を見ていたみたいで、直立不動でカチカチに固まっていたらしいです。
今更ながらに、ちょっと悪いことしたなぁ。。。という感じです。けど、その時は気付かず、後から娘が教えてくれたんですが・・・(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク