HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  晩夏のK川・お散歩釣行記

晩夏のK川・お散歩釣行記

9月15日(土)の釣行記。

午前中の時間の隙間をぬって、K川に釣行。入渓(?)地点の胡桃は、ほとんどが採り尽くされていた。
2012_0915_01.jpg

今回は、速乾パンツ(ワークマンで購入)&クロックス、で、如何に快適に釣りができるか、の検証も兼ねてみた。湧き水が多いK川、素足にとても気持ち良い冷たさだった。
2012_0915_02.jpg

早速、ここぞ、というところにドライを流すも、超小型の魚がフライを突付くだけ。大きい魚体が橋の上から見受けられたのに・・・と自問自答しつつ、更に投げ続けること数投目、フライが着水した瞬間、Zaccoにしては派手な水しぶきが。いきなり、竿が大きくしなる。

釣れてきてくれたのは、大きなカワムツ。ほぼ、自己最高クラスだと思う。
2012_0915_03.jpg

相変わらずの大きな口。
2012_0915_04.jpg

別の角度からの顔。
2012_0915_05.jpg

手のひらにずっしりと来る魚体。尾がはみ出ている・・・
2012_0915_06.jpg

顔のアップも。
2012_0915_07.jpg

その後、どういう訳か、さっぱり釣れなくなった。そのままどんどん下流まで釣り下ったところ、こんな光景を発見し、思わずパチリ。天然マテリアルとクレソンのコラボレーション。
2012_0915_08.jpg

下流では夏らしい一コマが。とても微笑ましい光景で、”もう一回泳いで・・・”、と、ついついリクエストしてしまった。元気に水に飛び込み泳ぎ始めてくれた子供達。夏の一コマのコミュニケーション・・・ 少年達よ、ありがとう。おじさんはとても癒されました。
2012_0915_12.jpg

この写真のすぐ上の綺麗な流れに、ツユクサが満開だった。綺麗だな・・・、と思い、つい撮影したのだが、後で、mihiroさんのブログでも紹介されていて、同じような場所に眼が行くものだな・・・とちょっと笑ってしまった。ちなみに、青い花、って、他を探してみると意外に見つからないもの。
2012_0915_09.jpg

2012_0915_10.jpg

梅花藻こそ無いが、安曇野のわさび田の清流にも負けない(・・・と個人的には思う)、綺麗な光景だった。
2012_0915_11.jpg

O川と合流地点、いつも絶対に裏切らないこの場所でドライを流すも、全くの無反応。ちなみに、この場所から水温が冷たくなった。O川の水量によるものか、O川自身が湧き水が豊富で冷たいのか?面白い発見だった。

ならば仕方ない・・・と、ウェットに結び換えたところ、小さなアタリがあるが乗らない。更に下流に下り、そのまま続けていたら、今度は自己最小クラスのオイカワが。写真を撮るまでもなくリリース。

この後、しばらく続けたが全くダメ。K川でも激渋の時があるんだな・・・、と苦笑いしつつ脱渓(?)。キクイモが綺麗な花を咲かせていた。ちなみに、この花も、mihiroさんは撮影していた。参考までに、地下茎は食べられる。
2012_0915_13.jpg

たった二匹の釣果・・・先日のY川と言い、本当に渋いのか、単に腕のせいか・・・? 一方、釣果が少ないと、色々なものを撮影してしまうのだが、それはそれで楽しい出来事。

ざくろ。もう少しで食べ頃か。
2012_0915_14.jpg

ゴーヤ。この実が割れて、種の周りの赤い部分が果物のような甘さ。
2012_0915_15.jpg

ムクゲの生垣。
2012_0915_16.jpg

こんな撮影をしつつ、脱渓(?)ポイントから歩くこと数分。空は雲がたくさんで陽は挿していなかったが、さすが速乾パンツ。ある程度は湿ってはいるが、あっという間に足にまとわり付かなくなるほどサラサラになってしまった。もちろん、帰宅した時点では完璧に乾いていた。
2012_0915_18.jpg

結論。速乾パンツは◎。何より着ていて涼しい。ポケットもたくさん付いていて重宝する。むしろ、問題はクロックス。涼しくて気持ち良いし、ポイントの水温の差を自ら感じ取れるのだが、とにかく滑る。ここを工夫できれば、夏の間は更に快適に釣りができそう。

そんなことを思いつつ、K川を後にし、息子を迎えに・・・、まさに、『安近短』、のZacco FFになった。
2012_0915_17.jpg
スポンサーサイト
Comment
こんにちは

やっぱりまったく同じ場所のツユクサを撮っていました(笑
同じところに眼が行っちゃったみたいです(笑

やはりあんまり活性は良くありませんでしたか。。。
なぜなんでしょうね?これなら冬のほうが釣れる気が。。。
こんばんは。
さすがに街中を流れる川でウエーディングシューズと言うわけには行きませんよね。(笑)
私はTEVAのサンダルでジャブジャブ歩いてます。
以外に滑りませんよ。
mihiroさん、やっぱり同じツユクサでしたか!
ところで、激渋のK川。四季を通じて一番渋かったりして・・・と、私も思っていた矢先でした。
何が原因なんでしょうね? ここぞ、というポイントにフライを流してるのに、”え~っ?ウソでしょ?”、ってことの連続でした。
JICKYさん、こんばんは。
TEVAのサンダル、WEBで見てみました。靴底がギザギザしていて、これだと良い感じですね! 欲しい~!
http://jp.teva.com/pc/item/index.cgi?gendId=m&genrCode=3
こんばんは。

K川にもY川にもすっかりご無沙汰してます。
サンダルでジャブジャブが気持ちいいうちにいきたいところです。

ワークマンの速乾パンツ、いいですねえ。
でも、クロックスはだめですかー。

TEVAはもともと水陸両用なんですね。
昔、はいてたことがあるんだけどなあ。
とりあえずはクロックスでいってみましょうか(笑)。
wind knotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ジャブジャブと水の中・・・本当に気持ち良いです。気持ち良い、と思わせてくれる水質にも感謝ですよね!
クロックス、確かに滑りますが、沢登りする訳ではないので、ちょっと注意すればそれなりに楽しめます。
週末の釣行は、クロックスで行こうかなぁ、どうしようかなぁ・・・と、悩んでいる今日この頃です・・・ ^^;;
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク