HOME   »  音楽  »  Guitar Clinic ~たまには釣竿なしで~

Guitar Clinic ~たまには釣竿なしで~

10月6日(土曜)。朝から雨・・・

いつもであれば、”雨かぁ・・・釣りに行けないなぁ・・・”、と嘆くところなのだが、今日に限っては別件の予定があり、そういう気持ちにはならなかった。確かに雨自身には憂鬱ではあるのだが・・・

本日は、オイカワ用の超定番手の、通称『ド変○ロッド』を自在に操るカチーフさんと、私の友人宅に同行。ちょっとした事故をきっかけに、カチーフさんの家宝(!!)にハプニング発生。それを少しでも改善できないか、というのがそもそもの目的。

以前もご紹介した私の友人宅。共にギターを弾き始めて20年という間柄。彼は、私と同じ会社の社員だが、趣味が嵩じて、ギター修理や調整を得意としている。

これが、カチーフさんの家宝。Martin D-1。特殊な薬剤とポリッシュで磨かれる直前。
20121006_Guitar_01.jpg

作業に勤しむ私の旧友。何気にぶら下がっているギターは、GibsonのES335と、その横はちょっとした車よりも高級なMartin。
20121006_Guitar_02.jpg

ハプニングの完全解消には至らなかったが、改善はした模様。更に、ネックの反りや弦高の調整、そして、ブリッジサドルの素材変更、等々の作業の結果、着実に弾きやすくなったカチーフさんの家宝。ちなみに、裏にずらっと写るギターの数々、左のストラトとレスポールは・・・ビンテージ過ぎて価格が付かない程らしい。

20121006_Guitar_03.jpg

20121006_Guitar_04.jpg

カチーフさんご本人曰く、”わずかなことでも的確な作業をすると、着実に結果が現れるのですね・・・”、との上々のご評価。私も嬉しくて、旧友のカメラを借りて、たくさん撮影してしまった。

20121006_Guitar_05.jpg
20121006_Guitar_06.jpg

たまには釣りをお休みして、こんな週末も良いなぁ・・・と思った一日。しかし、同日の夕方には、”あー、釣りに行きたいっ!!”、と心から思う私自身なのであった。

カチーフさんも同じ気持ちだったご様子で、その後の顛末は、カチーフさんご本人のブログをご参照頂きたい。さすが、筋金入りの釣り○カ・・・ 心より感服し尊敬します!

スポンサーサイト
Comment
GreenCherokeeさん、こんにちは。
先日は大変お世話になりました。いやはやメンテ前とは全く別物みたいに弾きやすくなりました。
例の問題箇所もほとんど気にならなくなりましたので、私的には「完治」です。大満足…。
また(あっちもこっちも)よろしくお願いします。
カチーフさん、こんばんは。
完治と思って頂けたのなら、それは素晴らしいことであり、旧友Aも喜びます。
カチーフさんのマーチン、とても良い音で、弾きやすかったです。指でもピックでも!
家宝のマーチン、きっと我々よりもずっと寿命が長く、孫の孫の代まで末永く生きるんですよね、良い楽器は!
大事にしてくださいね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク