HOME   »  野草/キノコ  »  久しぶりのキノコ狩り ~長野県・蓼科にて~

久しぶりのキノコ狩り ~長野県・蓼科にて~

10月8日(月) 体育の日。

前日、記事にも書いたGuitar Clinic終了後、息子のフラッグの秋シーズンの初戦(もちろん圧勝)を観戦し、その後、我が飲み友達家族が待つ長野県・蓼科に向かった。到着したのは21時頃。外気温は9℃。

到着後すぐに、ビールだワインだウィスキーだ・・・となり、毎度ながらすっかり酩酊。気が付いた時には持参したウィスキーのボトルもほぼ空に・・・そして、風呂にも入らず、布団の上に横たわっていた。

しかし、せっかくの蓼科。宿泊施設はカラマツに囲まれた最高のロケーション。”行かない訳には行かない・・・”、身体がそう思っていたのか、なぜかAM5:30には目が覚めた。痛い頭を叩きつつ、美味しい水道水などを飲んで強引に目を覚まし部屋を出た。

まずはいつも釣りに愛用している長靴を取りに駐車場に。愛車Jeep Cherokeeは朝露がびっしり。
20121008_01.jpg

繰り出したのは、まさに目の前の森。カラマツ、ミズナラ、白樺などが群生している。
20121008_02.jpg

すぐに見つかったのが、キツネタケ。味はあまり無いが歯ごたえが楽しめるキノコ。ピクルスにすると良い、と言われるが、自家製ピクルスってまだ作ったことないなぁ・・・などと思いつつ、数本のみ採取。
20121008_03.jpg

意外にバカにできないのがホコリタケ。どこにでも生えているが、実は美味しいキノコ。
20121008_04.jpg

いたるところに山栗が落ちている。真面目に全部拾ったら、恐らく風呂釜が数杯になるであろうくらいの量。自分の中で、『立ち止まった時にだけ、手が届く範囲内の地面に付いていない綺麗な栗だけ拾う』、というルールを決めて栗拾いも開始。
20121008_05.jpg

そうこうするうちに、異なる栗を発見。ツチグリ。栗は栗でも、これはキノコ。幼菌の時は食べることができる。久しぶりに、ツチグリらしいツチグリに出会えて嬉しかった。
20121008_06.jpg

やがて陽も昇り、すっかり明るくなってきた。目の前の池にこんな看板を発見。ということは、魚が居るのか・・・??
20121008_07.jpg

良く見るといくつかの沢が流れ込んでいる。釣竿があれば・・・と思いつつも、既に禁漁期間だし・・・来年にとっておくとしよう。
20121008_08.jpg
20121008_09.jpg

本当に魚が居るのかな、と思いつつ、水面を覗くと、確かに探すまでもなく見つかった。虹鱒だと思うが・・・
20121008_10.jpg

しかし、今回の目的は魚ではないので、先を急ぐ。湖畔にこんなキノコを発見。ヌメリイグチ。ちょうど食べ頃サイズなので全て採取。
20121008_11.jpg

せっかくなので、ローアングルの写真も撮影。美味しそうな感じに仕上がった。
20121008_12.jpg

次に、湖畔沿いに伸びる林道を歩いてみる。
20121008_13.jpg

頃合良い斜面から山を登ってみたら、すぐに見つかったオイカワサイズ以下のハナイグチ。今回のお目当ての一品なのだが小さいなぁ・・・しかし、食べて美味しいサイズなので採取。
20121008_14.jpg
20121008_15.jpg

愛用の長靴。山でも威力を発揮。
20121008_16.jpg

とても可憐なトリカブトの花。昔の殺人事件で悪い印象しかないが・・・野山ではいつも癒される花。
20121008_17.jpg

山の斜面にはあまりキノコはなく、すぐに降りて、また湖畔沿いのエリアを散策。すぐに見つかったのがニガイグチ系と思われる種類。この手のキノコは苦いのでそのままスルー。
20121008_18.jpg

この湖畔、様々な種類のキノコ満載のエリアだった。本日の特大サイズのヌメリイグチ(・・・と思っていたが、その後、駐車場横でカミさんが超特大のハナイグチを採取してきた・・・・)。大きすぎても、あまり美味しくはないのだが・・・
20121008_19.jpg

カラハツタケ。食べられなくはないが普通は食べない種。なにせ辛いから・・・
20121008_20.jpg

そんなこんなの約1時間。朝の爽快な空気の中で気持ち良いヒトトキを過ごすことができた。あまり欲張らず、良さ気なものだけ選んで、こんな感じの収穫。右上のキノコはクギタケ。写真を撮るのを忘れてしまった・・・ イガ付きの栗は、子供達へのお土産。
20121008_21.jpg

晴天の下の愛車に長靴を仕舞う。
20121008_22.jpg

部屋に戻り、子供達と近くのコンビニへ、キノコ料理のためのバターを買いに行った。実は、その往復の間に、上の写真の倍くらいの、もっと良いキノコ(ハナイグチがメイン)を採取することに・・・ 残念ながらカメラ不携帯だったので写真はなし。

そして、チェックアウトまでのわずかな時間に、慌しく総勢7名でバター炒めと味噌汁を味わった。”美味しい!”、と味噌汁をお代わりする面々。採取する側にとっても嬉しい限り。

2家族で来ているので、少しは観光も・・・、ということで、下道を走って小淵沢の牧場へ。綺麗な八ヶ岳が見たかったのだが、生憎の曇り空・・・
20121008_23.jpg

花より団子、ならぬ、八ヶ岳よりソフトクリームの面々(娘・カミさん、そして、飲み友達夫婦)。写真では見難いが全員ソフトクリームを摂取中。
20121008_24.jpg

息子達は、花より団子、ならぬ、ソフトクリームより遊び。君達・・・バトミントンはそうやって遊ぶものではないのだよ・・・ 『風が強いからこうしてるんだよ!』、と子供達の言い分。
20121008_25.jpg

そんなこんなの、秋らしい行楽が楽しめた一日になった。帰りは渋滞で大変だったが・・・

実は、変り種のキノコも採取した。息子達とコンビニに行った道中のことだった。
20121008_26.jpg

シメジの部類が一番特定し難いのではないか、と個人的に思っている。帰ってきて図鑑と睨めっこ。その結果、ハタケシメジ、と自ら結論を出した。しかし、少し自信が無く今回は私だけが毒味することにした。ハタケシメジであれば、言うまでもなく優れた食菌・・・幸い、その後、数日経過するがお腹も痛くならなかった。
hatakeshimeji.jpg

さて、自ら限定ルールを決めて採取した山栗はどうなったか・・・ 限定ルールを決めてもポケット一杯になってしまった山栗。オーブントースターでこんがりと焼いてみた。渋皮なんか全く気にならないくらいの、ホクホクの甘い栗。この味に慣れたら市販の栗なんか食べられない・・・
20121008_27.jpg

安近短のZacco FFのような、わずかな時間の野山散策だったが、消化不良感はあるものの、家族旅行のついでだからこんなものだろう、きっと。ここ数年、キノコ狩りにすら来れていなかったので、そういう意味でも、満足行く週末となった。

キヌメリガサが出る晩秋の山に、もう一度、来たいなぁ・・・しみじみ。

スポンサーサイト
Comment
キノコ美味しそう。
キノコは食べるのは大好きだけど、種類はよく判らないw
しかし辛いキノコなんてあるんだね。
BroadBeanさん、おはよう。
野鳥観察の時に、地面に目を向けたら、きっとキノコが見つかると思うよ。ざっくりとした写真鑑定ならできるので、いつでも写真を送ってくれて良いよ!
辛いキノコは身近にたくさんあるんです。細かく切って、辛い乳液を流して食べても良いのだけど、手をかける割には美味しくなくて・・・
こんばんは。

私もキノコは食べるのは大好きですが、採取するとなるとまったくわかりません。
これだけキノコに詳しいというのは、ため息ものです。
素晴らしいです。
wind knotさん、こんばんは。
そんなに褒めて頂けるようなモノでもないのですが、少なくともはっきり言えることは、渓流シーズンの終わり頃は、釣行中にたくさんのキノコを『必ず』目にすることができる、ということです。
私の場合、せっかく目にしているのに、魚を釣り上げることに目が釣りあがっていて、キノコに意識が向かわない・・・もったいないことです。
このあたりの、気持ちの余裕、というものを、いつの日か手中にしてみたいものです・・・ まだまだかかりそうですが・・・ (汗)
 こんばんは。
沢山採れましたね、どれも美味しそうです。
キツネタケ、多分見たことがありますが食べられるとは知りませんでした。
ツチグリも食べられるのですね。
記事を読んでいたら私もキノコ狩りに行きたくなりました。
JICKYさん、こんばんは。
キノコ狩り、良いですよね。釣りの面白さに匹敵するくらい、面白いです。
オイカワミーティングではあまりワイワイガヤガヤ騒ぐと、さすがのオイカワも逃げてしまいますが、キノコは逃げません。キノコ好きなJICKYさんといつかご一緒させてください!
ちなみに、誰よりも先に入渓ならぬ入山しないと良い結果が出ないのは、釣りと一緒ですね・・・ ^^;;
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク