HOME   »  Zacco Fly Fishing
Category | Zacco Fly Fishing

妙音沢でのヒトトキ

3月17日(金)

朝から晴天でポカポカ陽気。特に出張予定もなく、自宅でメール処理や電話会議を済ませ、午後から半休を取った。当日の天気次第で時々発生する『確信犯的SOHO』症候群。もちろん、やることは毎度の通り・・・

超久しぶりの平日休み。せっかくなので普段行ったことがない場所を・・・、ということで、以前からずっと訪れてみたかった『妙音沢』に決定。
20170317_6.jpg

ちなみに、この場所はかなり都心に近い場所にある。以下、Webで見つけたサイトから引用させて頂く。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
盲目の琵琶法師と弁財天の伝説

妙音沢は埼玉県N市東部、K川沿いの雑木林の中にあります。川へと流れる湧き水の支流が大小2つあり、それらが合わさった沢が妙音沢です。

冒頭の通り、盲目の琵琶法師が弁財天に秘曲を授かったという伝説が妙音沢の名前の由来ですが、N市内の法台寺にはそれにまつわる「妙音沢物語」という逸話が残されています。

物語の中で、秘曲を授かった後、琵琶法師が眠りから覚めると弁財天の姿が消え、弁財天の描かれた掛け軸だけが残されているという場面があるのですが、それにまつわる掛け軸も方台寺には保管されています。

その他にも、江戸時代には沢の場所に滝見の参道や茶店があったとも伝えられ、歴史的にも価値の高い名水となっています。
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まるで、どこかの山奥にでも来たような感覚・・・とは少々大袈裟かもしれないが、都心近くとしては有りえない光景だと思う。
20170317_1.jpg

清らかな沢に沿って木道が整備されていた。
20170317_2.jpg

ここが湧水ポイント。
20170317_3.jpg

雑木林内にはカタクリも点在していた。
20170317_4.jpg

上記の小さな湧水が、至るところからの湧水を集めてこんな水量となってK川に注いでいた。調べてみたら、毎分1トンの水量らしい。
20170317_5.jpg

沢の水にはクレソンが青々と育っていた。
20170317_7.jpg

物は試しに・・・、一応、フライを投じてみたが反応ゼロ。わずか10分程度で納竿。 さすがにそれだと物足りなかったので、毎度のポイントに移動して、束の間のZFFを愉しんだ。
20170317_8.jpg

『妙音沢』・・・ 花が咲き乱れる時期に再び訪れてみたい。






野草&コーヒー。釣りも時々・・・

2月26日(日)

カラシナを食べたくなって、少しだけ川に出向いてみた。陽だまりには、オオイヌノフグリが満開。何とも春らしい光景。
20170226_1.jpg

菜の花も、河岸の彩を華やかにさせていた。
20170226_2.jpg

ナズナも満開。
20170226_3.jpg

ロッドも振ってみたが沈黙・・・。早々に納竿して河岸をとぼとぼ歩いていたら、喫茶うおのめのマスターが遠くから手を振ってくれていた。早速、美味しいコーヒーで一服。
20170226_10.jpg

てんからくんもご登場。うおマスターのお蔭で、最近、コーヒーを飲めるようになった模様。
20170226_11.jpg (mihiroさん撮影)

うおさんのレジャーシートに遠慮なく寝転んでいたところ、mihiroさんがやってきた。寝転んだまま撮影。
20170226_4.jpg

喫茶うおのめにご入店されたmihiroさんを、やっぱり寝転んだまま撮影。
20170226_5.jpg

結局、4名が集まった割には私以外はロッドを繋ぎもせず・・・、次なるポイントに移動。

久しぶりのmihiroさんの釣姿に、心から癒される・・・。激渋のHome Riverなのに、元祖River Keeperのmihiroさんが、早速、金脈を掘り当てた。
20170226_6.jpg

mihiroさんにポイントを譲って頂き、この時期にしては私もまずまずの良型と出逢うことができた。この時点で納竿を決意・・・
20170226_7.jpg

うおさんも果敢にロッドを振っている。
20170226_8.jpg

再び、mihiroさんにバトンタッチ。
20170226_9.jpg

相変わらず、ロッドを振っている時間は短いことに変わりは無いのだが、あくまでも、メインの目的は野草摘みと喫茶うおのめでのヒトトキなので、まあこんなものだろう・・・(笑)

それにしても、何とも春めいた暖かな一日だった。季節は更に、あっという間に進んでいくに違いない。




愛しのHome Riverでゴミ拾い ~前編~

2/18日(土)

朝からとても寒い一日・・・にも関わらず、"喫茶うおのめ”のマスター・うおさんから『本日も営業』の連絡を受けていた。

翌日から韓国出張を控えており、色々とやらなければならないことが山積みではあったのだが、ちょっとしたブレイクを兼ねて、ロッド不携帯で、そして、いつもの自転車の代わりに久しぶりに愛車・緑チェロキーで現地に向かった。
20170218_01.jpg

河岸に、いや、お店に向かう途中で見つけた『春の兆し』のフキノトウ。
20170218_02.jpg


福寿草も綺麗に咲いていた。
20170218_03.jpg

これは河津桜だろうか? 春はすぐそこにある模様。
20170218_04.jpg

先着のうおマスターとGran Lussoさん(以下、GLさん)の愛馬をパチリ。
20170218_05.jpg

反応は激渋どころか無反応とのこと。メンバー共にほとんど釣りに関してのヤル気は失せていた。その代わりに新たな活動を始めることに・・・。

それは、『ゴミ拾い』。

せっせとゴミを拾う、うおマスターとGLさん。うおさんが100均でわざわざトングを仕入れて来て下さった。 てんからくんは、うおマスターから『火守り』という超重要な任務を託され、着実に任務遂行中(遠景に小さく写っている)。
20170218_06.jpg

ある程度のゴミ拾いを終えた頃に、てんからくんから、『お湯湧きました!!』、の声。そして、癒しのコーヒータイム。
20170218_08.jpg

ここで私はタイムリミット。皆にお別れを告げて車に戻る前に、今しがたゴミを拾った河岸を橋の上から振り返ってみたところ、ほぼ、本来の河岸の『あるべき姿』に戻っていた(写真の左岸のみだが)。この後は、てんからくんが長身を生かして我々では届かなかったような場所のゴミ拾いに精を出してくれて、更に綺麗な河岸になったとのこと(その後のうおさん報告より)。
20170218_07.jpg

ゴミ拾いをしている最中に、川沿いの散歩の数名から、『ごくろうさまです!!』、というお声をかけて頂いた。善行を意識して行っている訳ではなく、ただ単に我々自身が綺麗な環境で釣りを愉しみたいだけなのだが、とは言え、声を掛けられるとやっぱり気持ちが良い。お声掛け頂ける方々は、間違いなくこの川を愛している方々。

ちなみに、当メンバーはバイクや自転車移動が故に、拾えるゴミの量はわずか。もちろん、大型のゴミは拾うことができないのだが、それでもちょっと拾うだけでも見違える程に綺麗になる我がHome River。

『都心近くにも関わらず、湧水豊富で奇跡的に綺麗な川』。

このキーワードは拙ブログでも度々登場する。何故なら、拙ブログの読者に最もお伝えしたい事だから・・・

この川を有するH市にとって、この類稀な環境は他市や他県にも誇れる存在だと思う。この川を愛して止まないボランティアの方々が少なからず、川を保全するための様々な活動をされている。

都心近くの自然が故に自ずと注目されているし、何かアクションを起こして良い結果が出れば更に注目されるだろう。都心近くの自然で何か成功体験ができれば、それを地方都市に波及させることもできるかもしれない。

その『ありがたさ』を感じるのは、残念ながら、この川を愛して散歩する方々や、鳥を愛でてカメラを構える方々と、わずかな釣人に留まるようで、最近は『悪意』のあるゴミの量が増えたような気がする(先日はワープロ(旧語だがまさにワープロだったらしい。その後のGLさん報告より)や複数のトートバックが捨てられていた)。

正直に言えば、これらのゴミを『見て見ぬ振り』をしてきた自分自身が居た。しかし、信頼する釣友の数名が、『この川はゴミが目立ち過ぎる』、とご指摘されたことに端を発し、認識しながらも何も行動に起こさなかった自分を恥じて、行政に対してささやかながら行動を開始してみることにした。

後編で、その後の顛末をご報告させて頂きたいと思う。





祝・喫茶うおのめ開店!!

大好きな我がHome Riverの河岸に素敵なカフェがオープンした。その名も、『喫茶うおのめ』。
20170129_5.jpg

まずは1/29日(日)

喫茶マスターのうおさんからお店オープンのお知らせを受けていた。この河岸喫茶は、状況に応じて臨時店が河岸のあちこちにオープンするという素敵な特長を有している。

一畳ほどの狭いお店ではあるが、気持ち良いことこの上ない。早速、至極の一杯を頂戴することに・・・。開店祝いとあってかコーヒーは無料提供。それでは申し訳ないのでお茶菓子代わりのコンビニスィーツを持参。
20170129_3.jpg

てんからくんも交えてまったり。ちなみに、私は未だロッドすら繋いでいない。
20170129_2.jpg

それでも一応、釣りも愉しんだり・・・
20170129_1.jpg

寒くても着実に大きくなってきているカラシナを撮影したり・・・
20170129_4.jpg

続いて、2/4(土)。

激渋のHome River。最近比較的調子が良いと言われる上流部にて。
20170204_2.jpg

この日も素敵な喫茶うおのめの営業の噂を聞きつけ、Zacco FF仲間も集結。皆でワイワイとコーヒータイム。皆それぞれが色々な御茶請けを持参。
20170204_3.jpg

一応、釣りも少しだけ・・・・ 何とかぎりぎり『ボ』逃れ。
20170204_1.jpg

更に、2/11(土)。

薄曇りの何とも極寒の一日。それでも、喫茶うおのめは営業中。凍える身体に熱いコーヒーが沁みる。
20170211_5_20170224182510af7.jpg

河岸には春らしき気配。気の早いオオイヌノフグリ。
20170211_3.jpg

水中のミズハコベも、緑が寂しいこの時期に綺麗に映えていた。
20170211_4.jpg

この日は何と、私は2017年初の『ボ』・・・ 釣友の皆様は釣っていた(ような・・・)。
20170211_1.jpg

加えて、2/12(日)。前日と打って変わって綺麗な晴天。しかし強風でかなり寒い。カップラーメンで温まるメンバー。
20170212_4.jpg

喫茶うおのめの新メニュー・抹茶。茶筅まで用意され(※この日は常連客のmattさんが持参)、皆で仄かな甘みを愉しんだ。
20170212_2.jpg

抹茶を立てるGran Lussoさんをパチリ。
20170212_3.jpg

その後、ぎりぎりのタイミングで何とか一尾。
20170212_1.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こうして2017年の真冬を振り返ってみると、釣りに行っているというよりは、ただ、喫茶うおのめの常連客なだけ・・・のような気がしないでもない。

真冬の激渋のHome River。そんな中でも、こんなまったり&ほっこりした時間の使い方ができる身近なFieldとZacco FFの友達は、本当にありがたい存在。

ちなみに、今春は山菜溢れる渓流にも臨時店がオープンするとのこと。せせらぎを聞きながらのコーヒーも間違いなく美味しいに違いない。

うおマスター
いつも美味しいコーヒーをありがとうございます!! 常連客の一人として、今後もご贔屓させて頂きますね!!





2017年初のZacco Fly Fishing

1月15日(日)。

既に2月に入ったにもかかわらず・・・、遅れに遅れて、今頃に2017年初のZacco Fly Fishingのアップ。

初釣り自体が遅れたのには明確な理由がある。大晦日にカンボジアから帰国し、ダラダラと年越しして爆睡して目覚めた元旦。朝風呂でリラックスした後、床に置いてあった物を取ろうと前かがみになった瞬間に腰に激痛が走った・・・

腰椎5番と仙椎1番の間に重度の椎間板ヘルニアを患う私。20歳の頃から幾多の腰痛と共に時間を過ごしてきた私だが、ここ数年は比較的調子が良かった。思い出す限り、2年以上振りの酷い腰痛。

しかし、今回の腰痛はいつにも増して重かった。歩けないどころか寝返りを打つのも大変なくらいに・・・。釣友の愉しげな初釣り報告を横目に見つつ文字通り寝正月を凄し、結局、まともに身動きが取れるようになったのは三連休の最終日。この日、初めてほんの少しだけ外出できた。

そんな苦い思い出の冬休みを経て、ようやく巡ってきた初釣り。極寒の一日だったが、自転車のべダルを漕いでいると身体はポカポカとしてくる。釣友が待つ上流部。初めて訪れるポイントだったので、いつもとは異なる道を進む。

すると突然、こんな沢のような小川が現れた。我がHome Riverに向かう途中でいつも横切る小川。下流域はあまり魅力的ではないのだが上流部は素敵な流れ。気になって色々と調べてみたらTN川という名前が付いていた。縄文時代から集落があったとされるこの地域。きっとこの小川の水を利用していたのだろう。
20170115_01.jpg

程なくして現れた愛しのO川。今後も釣りをせず、眼で愉しむことにしよう。
20170115_02.jpg

そして、今年もたくさん通わせて頂くであろう我がHome Riverに新年のご挨拶。
20170115_03.jpg

釣友が待つ上流部を目指す折、気になる光景が見つかる度にすぐ止まってしまう・・・(笑) これが自転車の良いところ。意識しなくても自然にペダルが止まる。ちなみに、ここにはZaccoが溜まっているのだろうか・・・?
20170115_04.jpg

ようやく仲間の姿が見えた。早速、皆様に新年のご挨拶。そして、最下流部を釣っていらしたトッキーさんをパチリ。
20170115_05.jpg

“年始はドライで行きたい”・・・と、うおさんに告げると、とにかく小さなフライじゃないと厳しいとおっしゃる。最小でも#18しか持っていなかったので、うおさん特製パラシュート#21を1つ恵んで頂いた。

そして、小さなオイカワを二尾続けて手元ポチャンした後に、ようやく良型のオイカワと巡り合うことができた。2017年初オイカワを愛竿Blue Heron #0-1 7pcと共に記念撮影。そして、うおさんに感謝・・・
20170115_06.jpg

安堵して水温チェック。さすが湧水の川。何とも温かい。
20170115_07.jpg

ロッドを振る面々。上流から、じゅんさん、うおさん、トッキーさん。対岸には、じゅんさんの奥様が野鳥観察&川辺散歩中。お話を伺うと、カワセミを見ることができて嬉しかった・・・とのこと。良かった、良かった・・・
20170115_08.jpg

小休止を兼ねて、皆のロッドを並べて記念撮影。
20170115_09.jpg

なんとmattさんも極寒の中をバイクでやってきた。彼のHome riverでは冬季自主禁漁とのことだったが、我がHome Riverは真冬こそ真骨頂。愉しんで頂かない手はない。そして、めでたく2017年の初オイカワを釣り上げた瞬間をパチリ。テンカラくんもmattさんを見守る。
20170115_10.jpg

日陰は極寒なので、ついつい日向を探しては暖を取る。日向ぼっこ中のじゅんさんとうおさん。実は、期せずして日陰でロッドを振るはめになったmattさんに、日向に来るように指南している。
20170115_11.jpg

この時点で、私はソウルへの出張のために時間切れ。皆にお別れした後、帰りしなに、川沿いの工場からの排水を眺めた。
20170115_12.jpg

工場側によれば、川の水量維持のために貢献しているとのこと。最高レベルで浄化されているとのことで、排水直下の流れはクリアそのものだった。

しかし、湧水の水質とはかなり異なることだろう。私がにわかに勉強した限りでは、ブロック上の緑色の苔の生え方が生物処理をした排水特有のものらしい。活性汚泥処理をした排水は綺麗に見えるのだが、有機物やリン・窒素の量が多いので、深緑色の糸状藻類が発生するとのこと。

水質だけでなく高水温(実際に湯気が出ていた)のせいもあるのか、排水直下の100mくらいの川底には一切の水草が無く、明らかに様相が異なっていた。しかし、逞しいZaccoにとってはどんな感じなのだろうか? むしろ真冬でも温かい水を好んでいるかもしれない。何とも複雑な気持ちだが、機会を見て是非とも調査釣行してみたいと思う。

家路への途中、以前から気になっていたうどん屋に立ち寄ってみた。
20170115_13.jpg

肉汁うどんの中盛りをオーダー。以前に訪れたことがあるHome River近くのお店と比べると、かなり少なめの中盛り。けど、また訪れてみたいと思える味だった。
20170115_14.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

めでたく無事に、『ボ』逃れ、できた2017年・初釣り。 
真冬でもしっかりと愉しませてくれる愛しのHome River。今年もたくさん通わせて貰いたいと思う。








プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク