HOME   »  Zacco Fly Fishing
Category | Zacco Fly Fishing

台湾からJさん来る ~憧れの日本ハスとの出逢い~

8月23日(水)。

夏休み二日目。そして、待ちに待った台湾から来日されたJさんとの釣行日。Jさんは、私の『念願の台湾釣行』(過去記事参照)を叶えて下さったもう一人の恩人。 Jさんに御案内頂くことができなければ、この台北での台湾釣行は決して実現しなかった・・・・

Jさんの来日の報を受け、我が釣友達も俄然やる気に・・・。 平日にも関わらずしっかり有休を取得された方々&既に悠々自適な方。 毎度の通勤組の御二人には、数日をかけてしっかりと斥候隊としての役目を果たして頂き感謝。 そしてJさんをお連れされたBlue Heronさん(以下、BHさん)も交え、なんと総勢8名が集結。

私はmihiroさんの愛車に初めて乗せて頂き、numassan(さん)と3人でのワクワクドライブ。毎度ながらあっという間に現地到着。愛車をバックに、釣行準備中のmihiroさん。
20170823_00.jpg

しばらくして頭上から声がかかった。斥候隊のゴンさんとTHさん。お話を伺えば、ハスは見えないが、オイカワの良いポイントが残っているとの報に少々安堵。
20170823_01.jpg

そして、ようやくJさんとBHさんがご到着。少し前に合流されたケンさんも交えて、Jさんを皆で囲み、歓迎のご挨拶、そして、台日友好のコミュニケーション。
20170823_03m.jpg

いざ、ポイントへ!! THさんが我々の後ろ姿を切り取って頂けた。とてもお気に入りの一枚。右から、ケンさん、Jさん、GC、mihiroさん、numassan(さん)。
20170823_19.jpg (THさん撮影)

ロッドを繋ぐJさんの勇姿。
20170823_04.jpg

記念すべき、Jさんの1st hit !! 一尾目は銀色オイカワ。
20170823_06.jpg

numassan(さん)もオイカワとご対面。
20170823_05.jpg

深いポイントで頑張るゴンさん。ここはさっぱりだったようだが、早朝に爆釣されており、既にのんびりモード。
20170823_07.jpg

Jさんと並んでロッドを振っていたBHさんが記念撮影中。
20170823_09.jpg

生憎、水は濁っていて決してコンディションは良くなかったのだが、鮎師に干渉しないポイントでのんびりまったり。極めて暑い日だったのだが、何となく秋っぽい広い空。
20170823_10.jpg

ゴンさんのご案内で、Jさんを夏色ポイントに誘導。そして、本当にすぐに夏色を釣り上げた。『記念撮影~!!』と大きな声で伝えたのだが、瞬く間にリリース。

その後、皆でカメラを構えて、Jさんの勇姿を記念撮影。Jさんの場合、釣り上げた魚は水面からあまり出さずに常に速やかにリリースされていて感心。
20170823_11.jpg

大型は混ざらないものの、爆釣モードに入ったJさん。
20170823_12.jpg

独自の3本針で相変わらずペースの良いJさん。
20170823_13mm.jpg

私も銀色オイカワを数尾。我がHome Riverなら嬉しいサイズだが、ここのポイントならば本来はもっと大型・・・、しかし、どう頑張ってもこの型止まり。
20170823_18.jpg

太陽も真上の昇り、流石にアタリが遠のいてきたので、納竿&昼食を兼ねて陸に上がることにした。その前に皆でロッドを並べて、お決まりの『Blue Heron Rods 里帰り釣行』記念撮影タイム。ケンさんはかなり下流に向かってしまい残念ながら不参加のため、ロッドは7本・・・
20170823_15.jpg

久しぶりの、mihiroさんによる『戦場カメラマン』スタイル。そんなmihiroさんを皆で見守る・・・の画。
20170823_17m.jpg

mihiroさんの毎度ながらの一番レフで素敵な写真を撮って頂けた(はず)なのだが、後日の不慮のハプニングでデータが消え去ってしまったらしい。そんな訳で、numassan(さん)のブログから一枚拝借させて頂いた。
20170823_20.jpg (numassan(さん)撮影)

コンビニでそれぞれに買い物を済ませ軽くお腹を満たした後に解散。 Jさんと再会を約束し硬い握手でお別れした。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その後、猛暑で辛い日中にも関わらず、最後の最後の『サヨナラホームラン』をJさんが決めたとの嬉しい知らせが届いた。
さすが、百戦錬磨のJさん・・・ 憧れの日本ハスとの出逢い、本当におめでとうございました!!
20170823_21_JC.jpg
(Jさん撮影)

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

当日ご一緒頂けました皆様へ
皆様に囲まれたJさんの笑顔が眩しい一日でしたね。 そして、愉しい一日を本当にありがとうございました!!





初めて訪れた湧水の川

8月19日(土)。

最近、釣友が何度か訪れている東京都を代表するT川に合流する某小規模河川。兼ねてから、我がHome Riverと同様に湧水の河川と聞いており興味を持っていたが、過去に何度も横切ったことがある割には、実は釣り目的で訪れたことが無かった。

そんな憧れの河川に早朝から釣友が出向いていると聞き、遅ればせながら訪れてみた。ここは最下流部の光景だが、何ともホノボノできる里川だった。
20170819_01.jpg

T川の水が流れ込む本流筋の遥か先に釣友の数名が見える。そして、ペース良く魚を掛けていた。あまりに草ボーボー状態なので道筋も良くわからず、取敢えず近くの公園で菌活。今年は長雨のせいで、近くの公園でも東京都内の小さな林でさえもキノコだらけ。
20170819_03.jpg

先発隊もそろそろ上がるタイミングと思われたので、里川風のポイントにてロッドを振ってみた。しかし、アタリは小さなものばかり。
20170819_02.jpg

その時に、河岸から声がかかった。見上げると、この川の案内人のゴンさん。『そのポイントは小さいですよ。下に行きましょう。物凄く釣れますよ!!』、などとおっしゃる・・・

言われるがままにゴンさんに先導され、草ボーボーの道なき道を歩いた。半袖だとカヤの葉にやられて怪我してしまう程のブッシュ。幸い私は長袖Tシャツだったので、しっかりと袖を下して草薮に突入した。

早朝からロッドを振っていたゴンさん、mattさん、THさんは束釣りだったとのこと。そんなことを聞かされては、かなり太陽も真上に上がったタイミングにも関わらず、キャスティングにも熱が入る。

実際に、物凄く釣れた。しかし、10cm程度の銀色ばかりで夏色は混ざらず・・・。THさんによくよく伺うと、どうやらポイントが異なり、T川の流れの筋の方だった。 

『ここに流すと良いですよ。夏色居ますから・・・』、と促されるままにフライを流すと狙い通り!! ナシオ印・オイカワネットに横たわる夏色オイカワ。
20170819_06.jpg

浅瀬に移動して惚れ惚れと夏色オイカワを眺めた。その後も同じ筋で夏色を追加。
20170819_07.jpg

夕方から飲み会がセットされていたので元より昼前には上がろうと思っていたのだが、愉しそうな様子をfacebook上で見ていた釣友達から、このポイントに向かっている旨の連絡が続々と入る。

一人ずつ増えて、それぞれの場所に散らばりのんびりとロッドを振る。皆、ポツポツと釣れている模様。
20170819_04.jpg

長雨の末にようやく晴れた週末。湧水の川が太陽に煌く。
20170819_05.jpg

気が付いたら、なんと総勢8名になっていた。先発隊は納竿し最後に記念撮影。左から、NORIさん、ゴンさん、GC、THさん、ナシオさん、Gran Lussoさん、そして、mattさん。ちなみに、モザイク越しの若干一名が、とあるハプニングでウェーダーに浸水し、ただいま絶賛自然乾燥中・・・(笑) 浸水時の一部始終を見ていたmattさんと私は文字通りに腹が捻じれる程に笑わせて頂いた・・・(笑)
20170819_08.jpg
(うおさん撮影)

そして、先発隊+私が退川していく様子を釣友に撮影して頂いた。とてもお気に入りの写真!!
20170819_09.jpg
(NORIさん撮影?)

ちょっとだけ釣りしてみようかな・・・程度の軽い気持ちで先発隊3名に合流した日。気が付いたら総勢8名というちょっとしたオフ会の乗り・・・。それでものんびり並んで和気藹々とロッドを振ることができるこの川、そして、Zacco Fly Fishingは本当に素晴らしい!!

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

釣行後のこと。根っからの日本酒好きのゴンさんの御発案で、これまた呑兵衛のmattさん&THさんと共に、ポイント近くの酒屋に立ち寄った。そのお店の品ぞろえの凄いこと凄いこと・・・ 知らない銘柄ばかりで目が泳いでしまう・・・

散々悩んだ挙句、以前から会社の先輩に勧められていた『五橋』を選んだ。ちなみに、同県の『貴』や『雁木』や『東洋美人』も兼ねてからのお気に入り。『獺祭』は異様な人気が故に値段が高過ぎて手が届かない・・・(獺祭を買うくらいなら、貴をたくさん買いたい)。 下関に出張の際は、同行の営業マンが日本酒好きのため、ついつい毎度ながらに酒屋に足を運んでしまう・・・(笑)
five.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

家路を急いでいた折、拙宅方向の空がこれ以上無いというくらいに真っ暗。この川が位置するあたりは晴天そのものだったのだが、これはどう見てもマズい・・・。降られないと良いな・・・と期待したのも束の間、帰宅する数分前のタイミングから超土砂降り&雷雨になっていた。
20170819_10.jpg

当日夜は友人と飲み会。嵐も過ぎた頃にバスに乗って出かけたが、あろうことかバス停前の道路が大渋滞で全く動かない。普段は絶対にこんなことはないのだが、きっとこの先にある幹線道路のアンダーパスが水に浸かり通行不可になっているのでは・・・と予測。未だ帰宅途中の釣友数名に緊急連絡。実際のところ、あちこちの道が大渋滞だった模様・・・
20170819_11.jpg

久しぶりの夏らしい釣りを愉しめたが、結局は、豪雨で終わった一日だった・・・ (笑)







ヤマメ愛くん帰省釣行 ~2017年・夏~

8月16日(水)。

仕事の諸事情で単発でしか取得できない夏季休暇の初日。そして、遠い中国地方の高校から帰省中のヤマメ愛くんと釣行を約束していた日。釣友にお声掛けしたところ、平日にも関わらずなんと総勢7名が集結することに・・・

ナシオさんに車を出して頂き、和気藹々の快適ドライブ。(うおさん撮影)
20170816_01s_20170909093722d39.jpg

あっという間にポイントに到着するも、やっぱり憂鬱な雨。しかも大増水で釣りになりそうなポイントもほとんど無し・・・という厳しい現実が待っていた。通勤組のゴンさん&THさんからアドバイスを頂き、何とか釣りになりそうな場所に向かった。
20170816_01.jpg

それでも、“釣り勘”鋭いヤマメ愛くんは、まさにピンポイントに狙って、見事にオイカワをゲット。モザイク越しでも笑顔がわかる。(うおさん撮影? numassan(さん)ブログから借用)
yamame_ai_kun_20170816.jpg

他の場所はあまりに釣りにならないので早々にランチタイム。左上から、THさん、ナシオさん、ゴンさん、そして、頂きますのポーズのヤマメ愛くん(numassan(さん)、うおさん、私は隣のテーブル)。訪れた店は毎度お約束の『チキン南蛮』。もはや、ヤマメ愛くんにとっても定番の懐かしい味として定着している模様。
20170816_02.jpg

皆で討議した結果、もう少しマトモな釣りになりそうな別の河川に民族大移動することに・・・。相変わらず、空はどんより暗く、雨は降りやまず・・・
20170816_02_2.jpg

束の間の小降りになった雨の中をめげずに頑張るヤマメ愛くん。かなりの良型を掛けた。
20170816_07.jpg

見事にネットイン。
20170816_08.jpg

念願の夏色オイカワ。おめでとう!! 久しぶりの淡水の魚の美しい姿にご満悦の様子。
20170816_11.jpg

良いペースで魚をかける、“通勤組”、且つ、“川の案内人”のゴンさんの勇姿。
20170816_05.jpg

なぜか私は意外に調子良く、幸運にも夏色をゲット。 水たまりに入れて、自然な状態で撮影。
20170816_03.jpg

もう一尾、良型の夏色オイカワとご対面。
20170816_04.jpg

ゴンさんがわざわざメジャーを持って来て下さった。測ってみたらちょっとがっかり(贅沢この上ないのだが・・・)の15cm。この川のオイカワは18cmを超える(いや、超えていた・・・なのかもしれない)。
20170816_06.jpg

雨がかなり小降りになり、雨合羽を脱ぎつつ、良いペースで魚をかけるヤマメ愛くん。
20170816_09.jpg

もう一人の“通勤組“THさんの勇姿を撮影するヤマメ愛くん。
20170816_10.jpg

再び、雨脚が強くなってきた17時頃に皆で納竿。ヤマメ愛くんのせっかくの帰省釣行だったが、今春に引き続き、生憎の雨に祟られた一日だった・・・

次の釣行こそは晴れますように・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

当日ご一緒頂きました皆々様。

憂鬱な雨でしたが、お蔭様で愉しい釣行になりました。ヤマメ愛くんもきっと喜んでくれたと思います!!
本当にありがとうございました!! 




夏の安近短ZFFダイジェスト

既に9月に突入し、ここ東京も一気に季節が進んだ感がある今日この頃。陽が出れば日中はまだまだ暑いが朝夕はめっきり気温が低くなってきた。

一方、拙ブログは未だ7月の釣行記から抜け出せていないので、ここで一気に時を進めるべく・・・ と言っても、8月初旬までの数回の釣行をダイジェスト版で纏めてみたいと思う。


7月30日(日)。

トッキーさんと渓流釣行。下界は曇天だったが、いざ川に着いてみたら、かなりの雨。ポイント到着前に何とも不思議な裂け方でタイヤがバースト。雨の中でのタイヤ交換劇と相成った。

せっかくのポイントも大増水・・・ めげずに頑張ったトッキーさんだったが魚に出逢えず・・・
20170730_1_20170906221702e90.jpg

私は走る魚すら見ることができず、イワタバコの花を撮影したりして終了。
20170730_2_201709062217059a2.jpg


8月6日(日)。

夕方だけ安近短ZFF。Blue Heron Goby Specialで夏色オイカワ。
20170806_1_201709062217063f2.jpg

ノカンゾウの蕾を採取。
20170806_3_20170906221708caf.jpg

コンクリートブロックの隙間に居る魚を掬ってみたら、なんとグッピー・・・
20170806_5_20170906222009357.jpg

帰宅して、ノカンゾウの蕾(金針菜)をツマミに晩酌開始。
20170806_4_2017090622170858b.jpg


8月11日(金)。山の日。

雨ばかりの夏。気分は憂鬱だが、キノコにとっては楽園環境か?
20170811_2_201709062220120e9.jpg

キツネノカミソリが満開の安近短な雑木林。
20170811_1_201709062220116e4.jpg

ZFFは好釣。
20170811_3_20170906222014ce2.jpg

顎が真っ赤なカワムツも・・・
20170811_4_20170906222015065.jpg

毎度ながら、金針菜、そして、猫の額以下の庭で採取したミョウガをツマミに晩酌。
20170811_5_201709062222598dd.jpg


8月12日(土)

相変わらずの安近短ZFF。 numassan(さん)のNew Rodを振らせて頂いた。
20170812_4.jpg

テンカラくんの勇姿。
20170812_1.jpg

numassan(さん)が見事に夏色をゲット。
20170812_2.jpg

私には夏色は混ざらなかったが・・・ 数だけは釣れた。
20170812_3.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次回は、ヤマメ愛くんの帰省釣行・同行記をアップさせて頂きます。





ウグイに遭いに・・・

7月23日(日)。

午前中だけ・・・ ということでスケジュールが一致したナシオさんとの釣行。

この日の私のターゲットは・・・ 『ウー様』ことウグイ!!
20170723_01.jpg

ナシオさんは早朝の間だけルアーロッド。そして、いきなりハスをゲット。
20170723_02.jpg (薄暗くて写真がブレてしまったが・・・)

NORIさんもお出ましに。そして、私の目の前でいきなりロッドが満月に!!
20170723_03.jpg


その結果は見事なウグイ。 まさに当日私が目指していた魚体!! 『NORIさん、キープサイズ!!』、と声を掛けつつ私のAMIYA印・渓流ネットを差し出した。(NORIさん、魚を頂きありがとうございました!!(笑))
20170723_11.jpg (NORIさん撮影)

NORIさんに続こうとして頑張っているのだが、小さなウグイばかりの私・・・ (笑)
20170723_04.jpg (NORIさん撮影)

ダムの放水が始まり、いきなり水嵩が増える・・・
20170723_05.jpg

こうなると一気に魚の反応が皆無になる。続いてご到着されたmattさんを交えて皆で作戦会議中。対岸の私はのんびり岩に腰掛けつつ小休止。
20170723_06.jpg

それでも1時間ほど時間を置くと、魚が反応し始める。濁りの流れとの際から良型の魚を仕留めたmattさんをズームで撮影。
20170723_07.jpg

結局、良型のウグイは釣れず、最後はオイカワのオンパレードで癒されつつ終了。
20170723_08.jpg

納竿して車に戻る我々と入れ替わりで『通勤組』の皆様がご到着。THさんに我々先発隊4名を撮影頂いた。
20170723_09.jpg (THさん撮影)

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

帰宅してから、キープしたウグイを料理。ウグイのムニエル、バター風味。魚を捌いた後はしばらく室内で乾燥させてから料理。 塩焼きする時も、遠火で乾かすように焼いた方が美味しくなると思っている。ちなみに、小さな方の魚は鮎。鮎師に捨てられて瀕死の状態で浅瀬で腹を見せていた魚を手で捕獲。

20170723_10.jpg






プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク