FC2ブログ

記事一覧

若き女性杜氏さんの『まりこのさけ』

2月20日(木)。

名古屋市内で目覚めた朝。前夜は三重県四日市にて美味しいボラの刺身に舌鼓。珍しかったので写真を貼らせて頂く。
20200218_01.jpg

ボラのカマの塩焼き。
20200218_02.jpg

翌朝はそのままホテルの部屋で仕事を済ませた後、大好きなチャオにて『あんかけスパゲティ』のランチを愉しみ、一路、東京都杉並区高円寺へ。
20200219_00.jpg

予定より早めに到着した高円寺駅。ちょっとだけ街を散策。1989年より10年に渡り長らく通った高円寺。当時馴染みだった店はすっかり様変わりしてしまったものの、懐かしい路地は昔のまま。
20200219_01.jpg

大昔、とても美味なとんかつ屋『勝はし』さんが存在していた場所。常連だった私は10年に渡り足しげく通い、恐らく100回以上も愉しませて頂いた。店仕舞いの日も最後まで大将と飲み歩いたことが懐かしい。
20200219_06.jpg

なぜ高円寺で降り立ったのか・・・? それは中野在住の我が相棒と埼玉県山間部のとある大学病院に出向くために、往復の効率的な時間を考慮した場合のベストな選択肢であるレンタカーの事務所がここにあったから・・・

練馬ICから関越に乗り、渋滞も皆無で予定よりも圧倒的に早く到着してしまったので、ちょっとだけ越生梅林に立ち寄ってみた。時期尚早だったが綻んだ梅の花びらを愛でつつ愉しむ同行女子。我が家の子供たちが小さい頃に何度も訪れた里山感溢れる大好きな場所。
20200220_1.jpg

越生梅林近くに一軒の酒蔵がある。以前から興味があり、日本酒に詳しい大先輩からおススメ頂いていた酒蔵。実家に帰るのは日曜が多かったため店が休み続きだった。念願叶って訪問。

大先輩おススメの『まりこのさけ』。杜氏さんはなんと20代の女性。
20200220_2.jpg

改めて思い返せば、上記写真に色々と情報が記載されていたのだが何せ時間が少なくろくに読むこともせず、大先輩から得ていた情報をそのままカウンターの女性にお伝えし、中田屋黒麹が無かったので代わりに『まりこのさけ#5』を購入した。

実は前夜に四日市で散財してしまった私。財布の中に札が一枚も残っておらず、同行女子に2000円をお借りした。その一部始終をカウンターの若い女性に見られてしまい、カウンターで彼女が爆笑している。

お会計を済ませて仕事場に急行した。そして二時間近くもの間、ご高名な医師と共にとても有意義で愉しい面談となった。

さてさて・・・ その翌日。SOHOで仕事をしつつ、夕方に近所の大規模公園へ。毎年楽しみにしているリュウキンカが既に花を咲かせていた。花を愛でつつ、その後はナズナとノゲシを採取して帰宅。
20200220_4.jpg

そして、念願の『まりこのさけ』開封の儀。
20200220_3.jpg

裏面の説明を読むと・・・ あれれ?? これはどう見てもカウンターで私を爆笑していた女性に間違いない。
20200220_5.jpg

ピンクの栓が何とも可愛らしい。女性客にも好まれそうなデザインのボトル。
20200220_6.jpg

毎度のノゲシと鯖缶・ポン酢マヨネーズ和え。
20200220_7.jpg

そして、ナズナの胡麻和え。ハマダイコンと“食べる煮干し”の炒め物をツマミに晩酌開始。
20200220_8.jpg

さてさて、気になるお味は・・・

以下の動画で杜氏のまりこさん自らがご説明されている通りの『ふくらみがあって後味が軽い』酒であり、GCの私見では『ふくよかで甘味と酸味のバランスが取れた』素敵な味。



20代の女性杜氏は埼玉県内では唯一とのこと。ご両親も下手をすれば私より年下かもしれないが、早くして世代交代し子供たちのために酒造設備を一新。経営は若い姉弟に委ねる意思決定が素晴らしい。おまけに杜氏のまりこさんがご自身の味を全面に出した酒造りの姿勢が更に素晴らしい。

佐藤酒造さんまでは鳩山の我が実家から車で20分強。今後益々気になる酒蔵さんであることに間違いない。帰省の度に訪れてみたいと思う。

読者の皆様にも、是非ともご訪問をおススメさせて頂きます。

有限会社 佐藤酒造店
http://www.satoshuzou.co.jp/
埼玉県入間郡越生町大字津久根141-1
Tel : 049-292-2058









スポンサーサイト



コメント

No title

G.Cさん、こんにちわ。このお酒はTVで見たことありますね。めったにTVを見ませんがドキュメンタリーとかは見ます(バラエティは全く見る気せず)。「まりこのさけ」という名前はインパクトありますので、記憶に残っていました。私は酒の味もわからないので、稀にお付き合いで飲んだ程度。今はほとんど酒に縁がありません。体質も変わってきたようで、今では夜の飲むと寝付きが非常に悪く、寝不足になりがちです。もともとは晩酌もやらなかったので、飲まなくても不便を感じません。現役時代はしょっちゅう飲んでましたが、習慣で身体も変わってくるようですね。

No title

GCさん、こんばんは(^^
「まりこのさけ」とはまた、絶妙なネーミングですね!
飲んでみたくなるのは必然です!
ナズナ他、みどりのおつまみはベストマッチでしょうね。
リュウキンカ、北海道のヤチブキ(エゾノリュウキンカ)とはまた違うのでしょうか・・・

No title

こんばんは♬

昔「夏子の酒」という若い女性蔵主さんが素晴らしい日本酒を造るマンガがモーニングに連載されていて、愛読していたことを思い出しました。
越生梅林は好きで、この季節に時々出向いていましたが、まりこさんの酒造行っておけばよかったです。機会があれば是非訪れてみたいです。

この記事で何気に、一番の驚きが「ボラの刺身とカマ焼き」!
小さいころから、釣りをするおやじにボラはうまくないといわれていたので、ボラはすべてリリースして(飲み屋のからすみ以外)食べたことがありません。美味しかったですか?

No title

野付ウシさん、こんにちは。
私もめったにTV観ませんが、ドキュメンタリーや大自然を紹介する番組はたまに観ます。それもごくごくたまにですが・・・ (^^ゞ
そのような環境下でTVでこのお酒に出逢ったということはすごいです!!
梅酒や酒以外の他の物も売っていましたが、全く見る時間的余裕がありませんでした。次回はゆっくりと店内で時間を過ごしてみたいと思います!!

No title

エンゴサクさん、こんにちは。
以前は辛口一辺倒でしたが、最近は敢えて甘めのお酒を選ぶようにしています。その方が口に含んでから胃に流し込むまでの間の味の変化や余韻を余計に愉しめるような気がするので・・・ (^^ゞ
『まりこのさけ』は#5と#6があったのですが、少し甘めな#5を選びました。次回は#6も飲んでみたいと思います。
リュウキンカの茎の断面は馬蹄形、エゾノリュウキンカは円形で、且つ、リュウキンカの葉は小さめなのでエゾノリュウキンカに慣れたエンゴサクさんが見るとちょっと物足りなさを感じるかもしれません。
花が少ない今の時期に、雑木林の奥でひっそりと花を咲かせていました。何とも可憐でした!!

No title

やまねったさん、こんにちは。
『夏子の酒』は私も知っていました。読んだことやTVを観たこともなかったのですが・・・ きっと佐藤酒造店さんにも共通することが描かれていたのかもしれませんね。
以前は越生梅林も訪れていたのですね!! ここの里山の光景が大好きでウン10回も訪れています。けど、何故か佐藤酒造店さんを素通りしてしまっていました。今では見た目にも一新されたお店が否が応でも目を引きますので、自然にスゥ~っと身体が引き込まれてしまいました。
次回に訪れた際には、やまねったさんの分のボトルも仕入れておきますね!!
さてさてボラですが、噛めば噛む程に味が広がる素晴らしい身でした!! 高知県の釣師から直接仕入れた70~80cm級のボラらしいです。
私が所有している釣魚料理本に、『ボラの名吉すし』が出てくるのですが、それを見るとめちゃくちゃ美味しそうなんです。綺麗な水の汽水域に居るボラはきっと間違いなく美味しいのでは・・・と想像しています。
神奈川の保土ヶ谷で『生からすみ』を出してくれるお店(拙ブログに登場済み)があるんですよ。久しぶりに訪れてみたいです・・・ (^^ゞ

Green Cherokeeさん、再びこんばんは。
まりこチャン、親友の嫁さんの名前です。
佐藤酒造のまりこのさけですね、はいインプットしました。越生梅林に行ったのは22年前に一回こっきり。付近に出撃する機会があると思うのでその際には、#5を買ってみます。日本語は量はダメですが、味わう程度なら好きですから(笑)

No title

numassan(さん)、再び、おはようございます。
『まりこのさけ』、大いにおススメです!! ボトル自体も少し小さめですし、ご親友の奥様の顔を浮かべつつちびちびと賞味しながら、残りは冷蔵庫でしっかり冷やしておけば、しばらくは愉しめますよ!!
もう少し暖かくなれば、OP川でFFを愉しみつつ、すぐ近くの佐藤酒造さんにも立ち寄れますね。そんな会も企画したいですね~♪
あっ・・・ 私が企画するとか必ず雨が降るので・・・ ここはとっこーさんにでも企画して頂きましょう・・・ 
あっ・・・ そう言えば、とっこーさんはお酒飲まない方だから、やっぱりうおさんでしょうか・・・!!??
ともあれ、とても素敵な光景の里山です。是非訪れてみてくださいね!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

#Visit